Oracle Data Platform for Healthcare

Improve value-based care with performance monitoring

価値ベースのケア戦略の影響を正確に測定する

医療業界は、1970年代以降、変革し続けています。2001年、医学研究所は「Crossing the Quality Chasm」と「Triple Aim」を発表しました。その目的は、公衆衛生、患者エクスペリエンス、患者の転帰などを改善するとともに、一人当たりの医療費を削減することです。それ以来、医療提供のあり方に劇的な変化が起きています。医療業界は、より多くの診察、処置、入院など、数をこなすことに焦点を当てるのではなく、患者中心のケアを奨励し、リソースを最適化し、患者の健康と組織の財政状態の両面で成果を向上させる、価値ベースの統合ケアシステムへと移行しています。

医療機関が価値ベースのモデルを推進するためには、コストの非効率性を特定・軽減するために臨床システムを活用するだけでは不十分です。医療機関は、診療報酬モデル、品質、患者の転帰、リソース利用、コストなどの要因を考慮・調整し、改善の機会を特定するためのバランスのとれた分析を行うために、企業全体を可視性する必要があります。しかし、多くの医療機関は、このレベルの可視化を実現することが困難であると感じています。電子カルテや健康記録の臨床データと、非臨床データや非構造化データを統合できないことが、価値ベースのケアの推進を阻む大きな障害の1つになっています。

この障害を克服することは、医療機関にとって優先事項であり、幸いテクノロジーがその助けとなります。最新のデータ・プラットフォームを活用することで、医療機関は、必要なデータを収集し、高度な分析と人工知能を組み合わせてデータを評価・報告し、そのデータを使用して、一連のケアやビジネスの幅広い側面における潜在的な問題や、機会を特定することができます。

KPIの策定を簡素化する

医療機関が患者中心のケアをサポートするためのイニシアチブを導入する際には、より低コストのデリバリーモデルを構築し、固定費を削減する方法、ケアの質の向上させる方法、健康の社会的決定要因への対処の方法などを特定することが重要です。また、こうしたイニシアチブを実施する際には、医療機関は、患者が報告する結果や再入院率など、いくつかの主要業績評価指標(KPI)に基づいてその効果を評価する必要があります。同時に、組織内で働く人々は、すべての関連データにアクセスできるだけでなく、そのデータを理解し、解釈し、それに従って行動する能力も必要とされます。

Oracle Data Platformは、医療機関が利用可能なすべてのデータを適切に取り込み、それらに基づいて行動するために必要なすべての機能を提供するとともに、プロセスを簡素化するための自動化機能も提供します。

「パフォーマンス監視による価値ベースのケアの改善」の図と説明

この図は、ヘルスケア向けOracle Data Platformを使用して、パフォーマンス監視により価値ベースのケアをサポートする方法を示しています。このプラットフォームは、以下の5つの柱を掲げています。

  1. 1.データソース、検出
  2. 2.取込み、変換
  3. 3 永続化、キュレーション、構築
  4. 4 分析、学習、予測
  5. 5 測定、実行

データソース、検出の柱には、4つのカテゴリーのデータが含まれます。

  1. 1. アプリケーションは、患者の管理記録で構成されています。
  2. 2. 健康記録は、EHR、EMR、Healthcare Pathwaysのデータなど、一般的なアンケートや症状別のアンケート、臨床データなどを含みます。
  3. 3. サードパーティ・データは、患者が報告した結果で構成されます。
  4. 4.技術的な入力データは、EMRおよびePrescribingシステムからのデータを含みます。

取込み、変換の柱は、4つの機能で構成されます。

  1. 1. 一括転送には、OCI FastConnect、OCI Data Transfer、MFT、OCI CLIを使用します。
  2. 2. バッチ取り込みには、OCI Data Integration、Oracle Data Integrator、Data Studioを使用します。
  3. 3. 変更データの取得には、OCI GoldenGateとOracle Data Integratorを使用します。
  4. 4. ストリーミング取り込みにはKafka Connectを使用します。

4つの機能はすべて、永続化、キュレーション、構築のピラーの中で、サービング・データストア、クラウド・ストレージ、トランザクション・データストアに一方向に接続されています。

永続化、キュレーション、構築の柱は、5つの機能で構成されます。

  1. 1. サービング・データストアには、Autonomous Data Warehouse、Exadata Cloud Service、Exadata Cloud@Customerを使用します。
  2. 2. マネージドHadoopには、Oracle Big Data Serviceを使用します。
  3. 3.クラウド・ストレージには、OCI Object Storageを使用します。
  4. 4. バッチ処理には、OCI Data Flowを使用します。
  5. 5. ガバナンスには、OCI Data Catalogを使用します。

こうした機能は、柱の中で接続されています。クラウド・ストレージは、サービング・データストアとマネージドHadoopに一方向に接続され、バッチ処理にも双方向に接続されます。

マネージドHadoopは、サービング・データストアに一方向に接続されます。

2つの機能が、分析、学習、予測の柱に接続されます。サービング・データストアは、分析と可視化機能、そしてデータ製品とAPI機能の両方に接続されています。クラウド・ストレージは、機械学習機能に接続します。

分析、学習、予測のピラーは、3つの機能で構成されています。

  1. 1. 分析、可視化は、Oracle Analytics Cloud、GraphStudio、およびISVを使用します。
  2. 2. データ製品・APIは、OCI API GatewayとOCI Functionsを使用します。
  3. 3. 機械学習には、OCI Data Science、Oracle Machine Learning、ML Notebooksを使用します。
  4. 4. データ製品、API機能は、機械学習機能に一方向に接続されています。
  5. 5. サービング・データストアとオブジェクト・ストレージは、OCI Data Catalogにメタデータを提供します。

測定、実行のピラーは、価値ベースのケア提供モデルをサポートし、パフォーマンスを監視するために、データ分析をどのように適用できるかを示します。

  1. 最初のグループには、リソース配分と使用状況のモニタリング、患者のリスクと治療プロトコルに基づく結果とコホートの評価、同業者比較と国際ベンチマーク、コスト報告などが含まれます。
  2. 第二のグループには、患者の転帰予測が含まれます。

3つの中心的な柱である、取り込み、変換と永続化、キュレーション、構築と分析、学習、予測は、インフラ、ネットワーク、セキュリティ、IAMでサポートされます。



ヘルスケア向けOracle Data Platformのアーキテクチャにより、組織は、患者が報告する転帰、患者管理記録、その他多くのデータソースから収集したデータを取得、保存、管理し、インサイトを得ることができるようになります。これにより、価値ベースの医療システムへの移行という目標を達成することができます。

  • このプロセスを開始するには、患者についてできる限りのことを理解する必要があります。そのために、OCI GoldenGateを使用して、変更データ・キャプチャを可能にし、異なる医療管理システムから患者管理記録や医療経路など、ほぼリアルタイムの運用データを取り込みます。
  • 患者についての知識をさらに深め、彼らがなぜ評価され、何が処方されたかを理解するのに役立つデータセットを追加できるようになりました。これらのデータセットは、多くの場合、大量のデータから構成されており、ほとんどの場合、バッチ取り込みが最も効率的であることが一般的です。これは、Epicやオラクルなどの異なる電子健康記録プロバイダーからデータを取り込むための最も効率的な方法でもあります。
  • また、ストリーミング取り込みを使用して、電子処方箋や、プロバイダーによっては電子健康記録などのストリーミング・データを取り込むことができます。さらに、このユースケースでは、ソーシャルメディアのメッセージ、ファーストパーティの投稿に対する反応、トレンドのメッセージなどを分析することで、患者のセンチメントを分析し、迅速に対応することを目的としています。ソーシャルメディア(アプリケーション)のメッセージ/イベントは、取り込まれた後、クラウド・ストレージに保存され、後ほど患者エクスペリエンスの完全な理解のために使用されます。
  • オプションとして、オンプレミスの履歴データが大量にある場合、過去の患者から報告された転帰やエクスペリエンス指標、および保険会社との患者の転帰に基づく契約条件などのアップロードに、一括転送プロセスを使用することが適切な場合があります。

データの永続化と処理は、4つのコンポーネントで構築されています。

  • 取り込まれた生データはクラウド・ストレージに保存されます。電子処方箋、電子健康記録データ、記入済みアンケート、患者が報告した転帰、ソーシャルメディア・データなど、現在永続化されているこのデータのバッチ処理には、OCI Data Flowを使用します。処理されたデータセットはクラウド・ストレージに戻され、永続化、キュレーション、分析が行われ、最終的には最適化された形でデータ・ストアにロードされます。また、アーキテクチャの好みによる場合や、オープンソースのオプションを使用したい場合は、マネージドHadoop クラスタとしてOracle Big Data Serviceを使用してこれを実現することも可能です。
  • これで、最適化されたリレーショナル形式で永続化するための処理済みデータセットが完成し、効果的なキュレーションとサービング・データストアでのクエリ・パフォーマンスの向上が可能になります。これにより、再入院率、患者の転帰、請求処理率、請求拒否率などの主要なパフォーマンス指標を特定して返すことができるようになります。

分析、学習、予測の機能は、2つのテクノロジーに依存しています。

  • 分析と可視化サービスは、複数のカテゴリーの分析を提供します。記述的分析では、ヒストグラムやチャートで現在の傾向を説明することができます。例えば、5年生存率、再手術、予定外の入院、治療計画からの逸脱などの結果に関する情報を提供することができます。診断分析は、ある事象がなぜ発生したのか、その引き金となった要因は何だったのかを説明することを目的としています。例えば、診断分析を使用して、国内の特定の地域において、患者を紹介してから初診までかかる時間が標準から外れている理由や、特定の疾患について患者1人当たりの看護日数が増加している理由を理解することができます。処方的分析は、最適な意思決定をサポートするために適切なアクションを提案します。例えば、処方的分析を使用して、生活の質の報告結果(身体機能の向上や痛みの緩和など)の改善につながる可能性のある、手順や臨床治療の調整を提案することができます。
  • 高度な分析とともに、機械学習モデルの開発、トレーニング、導入が行われます。これらのモデルは、API経由でアクセスしたり、サービング・データストア内に導入することができます。
  • オラクルのキュレーション済み、テスト済み、かつ高品質なデータおよびモデルは、お客様のガバナンスルールやポリシーを適用し、データメッシュ・アーキテクチャ内のデータ製品(API)として公開し、医療機関全体に配布することが可能です。

価値ベースのケアのメリット

価値ベースのケアの取り組みがどの程度うまくいっているかを理解することは、医療機関が戦略を進化させ、適応させて継続的な成功を収めるための重要なカギとなります。価値ベースのケア戦略の導入と評価に成功すれば、医療機関に多くのメリットと強化された機能を提供することができます。そして最終的には、患者、スタッフ、臨床医、ひいては収益に貢献することができます。例

  • 患者自身からの情報を効率的に収集・活用することで、医療サービスの成果を知ることができる
  • リソース利用において、公平でサステナブル、かつ透明性のあるアプローチを取ることで、より良い患者の転帰とエクスペリエンスを達成できる
  • 過剰診断、過剰処方、リソースの不適切な配分、不十分なエビデンスに基づく治療法の導入などの問題に、より効果的に対処できる
  • 医療テクノロジーやケアの過剰使用、または過小使用に関連する、根拠のない変動を特定する。
  • 抗菌薬耐性の抑制
  • オピオイド依存症問題への対処

関連リソース

Oracle Modern Data Platformを使い始める

20以上のAlways Freeクラウド・サービスを30日間の試用版で試す

オラクルは、Autonomous Database、Arm Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無償枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無償クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierの内容

    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • AMDおよびArm Compute VM
    • 200GBの合計ブロック・ストレージ
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 10TBのアウトバウンド・データ転送/月
    • 10以上のAlways Freeサービス
    • 300ドルの無料クレジットが30日間提供

段階的なガイダンスで学ぶ

チュートリアルとハンズオン・ラボを介して、幅広いOCIサービスを体験してください。開発者、管理者、アナリストのいずれであっても、OCIの仕組みを把握できるよう支援します。多くのラボは、Oracle Cloud Free TierまたはOracle提供の無料ラボ環境で実行されます。

  • OCIコア・サービスを使い始める

    このワークショップのラボでは、仮想クラウド・ネットワーク(VCN)やコンピュートおよびストレージ・サービスを含むOracle Cloud Infrastructure(OCI)コア・サービスの概要を説明します。

    OCIのコア・サービス・ラボを今すぐ始める
  • Autonomous Databaseのクイック・スタート

    このワークショップでは、Oracle Autonomous Databaseの使用を開始する手順について説明します。

    Autonomous Databaseのクイック・スタート・ラボを今すぐ始める
  • スプレッドシートからアプリを構築

    この演習では、スプレッドシートをOracle Database表にアップロードし、この新しい表に基づいてアプリケーションを作成します。

    このラボを今すぐ始める
  • OCIへのHAアプリケーションのデプロイ

    このラボでは、ロード・バランサを使用して高可用性モードで構成された、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)の2つのコンピュート・インスタンスにWebサーバーをデプロイします。

    HAアプリケーション・ラボを今すぐ始める

150以上のベストプラクティス設計の詳細

アーキテクトなどのお客様が、エンタープライズ・アプリケーションからHPCまで、マイクロサービスからデータレイクまで、さまざまなワークロードをどのように導入しているかを参照してください。ベストプラクティスを理解し、当社のBuilt &Deployedシリーズで他のお客様のアーキテクトから話を聞くとともに、「Click to deploy」機能を使用して多くのワークロードをデプロイしたり、GitHubリポジトリから自分でデプロイすることができます。

一般的なアーキテクチャ

  • Apache TomcatとMySQL HeatWave Database Service
  • Oracle Weblogic on KubernetesとJenkins
  • 機械学習(ML)およびAI環境
  • Tomcat on ArmとOracle Autonomous Database
  • ELKスタックによるログ分析
  • OpenFOAMを使用したHPC

OCIのコスト削減効果をご覧ください

Oracle Cloudの価格は、わかりやすく、世界中で一貫性のある低価格であり、さまざまなお客様事例をサポートしています。コストを見積もるには、コスト見積ツールをチェックし、ニーズに応じて、サービスを設定します。

違いを体感してください。

  • 1/4のアウトバウンド帯域幅コスト
  • コンピューティングのコストパフォーマンスが3倍向上
  • すべてのリージョンで同じ低価格
  • 長期的なコミットメントのない低価格

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • OCIで最適に動作するワークロードは何ですか?
    • オラクルへの投資全体を最大限に活用するには、どうすればよいですか?
    • OCIは、他のクラウド・コンピューティング・プロバイダーと比較して、どうですか?
    • OCIはIaaSPaaSの目標をどのようにサポートできますか?