申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Active Data Guard

Oracle Active Data Guardを使用すると、エンタープライズ・データの高可用性、データ保護、ディザスタ・リカバリを実現できます。同期化された1つまたは複数のスタンバイ・データベースを作成、保守、管理しながら、災害やデータ破損に対処できます。

Oracle Active Data Guardとストレージのリモート・ミラー化の比較 Oracle Active Data Guardとストレージのリモート・ミラー化の比較 (PDF)

Data GuardとActive Data Guardは、Oracle Databaseと完全に統合されているというアーキテクチャ上の優位性があるため、Oracle Databaseで卓越したデータ保護と可用性を実現します。一方、ストレージ・レプリケーション技術は、Data GuardとActive Data Guardと比較して、リスクが高くなります。

Data GuardのOracle MAAベスト・プラクティス Data GuardおよびActive Data GuardのOracle MAAベスト・プラクティス

Oracle Data Guardのベスト・プラクティスを実装すれば、停止時間を最小限に抑え、計画外停止でデータ損失ゼロを実現できます。

Autonomous Data Guard: Disaster Recovery Protection with a Couple Clicks in the Cloud Autonomous Data Guard:Disaster Recovery Protection with a Couple Clicks in the Cloud

Autonomous Data Guardでは、可用性ドメイン(AD)全体で完全に管理された高可用性とディザスタ・リカバリの構成が提供され、ボタンをクリックするか、REST APIを呼び出すだけで利用できます。

Active Data Guardの機能

主な機能

複数のスタンバイ・データベースへのディザスタ・リカバリ

Oracle Data Guardの自動化機能によって、同期化された1つまたは複数の本稼働データベース・コピーが管理されるため、プライマリ・データベースの予期せぬ停止が発生した場合でも、データ損失はありません。

インメモリ・データベース・レプリケーション

インメモリREDOレプリケーションにより、ディスク破損などの根本的な破損が確実に分離されます。さらに、レプリケートされたデータ・ブロックの包括的な検証が自動的に行われます。

柔軟性のある保護モード

Data Guardには3つの異なる保護モードがあるため、データ・レプリケーションでは、データ損失からの保護とパフォーマンスとの間で柔軟にバランスをとることができます。

Oracle Active Data Guardにおけるリアルタイムの問合せとDMLオフロード

リアルタイムの問合せとデータ操作言語では、問合せ、レポート作成、不定期更新にスタンバイ・データベースが使用されるため、プライマリ・データベースに影響が及ぶことはありません。

データ保護

ファスト・スタート・フェイルオーバー(FSFO)

ファスト・スタート・フェイルオーバーにより、Oracle Data Guardブローカは、人が介入することなく、スタンバイ・データベースに自動的にフェイルオーバーできます。

自動ブロック修復機能

破損したデータベースはスタンバイ・データベースから自動的にリカバリされ、ユーザーはこれを意識することはありません。

Fast Sync

サイト障害の発生時に、いかなる距離でも、ネットワーク待機時間なしでデータ損失ゼロを実現します。


拡張機能

アプリケーション・コンティニュイティ

リカバリ可能な停止の後に実行中のデータベース・トランザクションをリカバリすることで、エンドユーザーとアプリケーションに停止を気付かれないようにします。

データベースのローリング・アップグレード

システムに余計なソフトウェアを追加することで生じる複雑さを避けながら、データベースのバージョン・アップグレードのための停止時間を削減します。

Oracle Global Data Services(Oracle GDS)

Oracle GDSは、接続リクエストのロードバランシングを行うことで、レプリケートされた複数のデータベースにサービス管理を分散させます。また、Active Data Guardの読取りワークロードまたは読取り/書込みワークロードに応じた接続を可能にします。

Oracle Sharding

Oracle Shardingを使用すると、データを水平にパーティション化し、地理的に分散させる機能が最大化されるため、スケーラビリティと障害分離が大幅に向上します。

Data Guardの顧客事例

Oracle Data Guardは、データセンターまたはクラウド全体で、データ保護と可用性を実現します。

Texas A&Mのロゴ
Specializedのロゴ
SOHO Media Solutionsのロゴ
Wirecard Romania SAのロゴ
EpsilonはOracleを使用して可用性とセキュリティを向上

EpsilonはOracleを使用して可用性とセキュリティを向上

Data Guardのユースケース

  • 完全なデータ保護とディザスタ・リカバリ

    本番データベースの同期化されたコピーの管理を自動化します。Data Guardは、Oracle Database Enterprise Editionに付属しています。

    Oracle Active Data Guardのディザスタ・リカバリを詳しく見る

  • ロールの自動移行により事業継続性を維持

    フェイルオーバーの自動化により、障害発生時に、プライマリ・データベースから同期化されたスタンバイ・データベースへのシームレスな移行が実現します。同時に、実行中の未コミット・トランザクションを再実行することで、データベースの可用性も確保します。

    1つまたは複数のアクティブ・スタンバイ・データベースを構成する

  • アップグレードの停止時間を最小化

    アップグレードを完全に自動化します。さらに、データベース・バージョンのローリング・アップグレードによって、システムに余計なソフトウェアを追加することで生じる複雑さを避けながら、停止時間を最小限に抑えます。

    ローリング・アップグレードを計画して停止時間を最小限に抑える

  • いかなる距離でもデータ損失ゼロ

    プライマリ・データベースとスタンバイ・データベースが地理的に遠く離れた距離に分散する構成であっても、アプリケーションのパフォーマンスを犠牲にすることなく、Far Syncを活用してデータ損失ゼロを達成します。

    Active Data GuardでFar Syncを使用する

Data Guardのユースケース

Active Data Guardを始めましょう


LiveSQL.oracle.comで試す

最新のガイダンスを読み、コードの作成を開始してください。


Oracle Liveワークショップ

Oracle LiveLabs:Oracle DBCSにおけるActive Data Guardの基礎


お問い合わせ

詳細については、業界をリードするオラクルのエキスパートまでお問い合わせください。