該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Parallel Execution

Oracle Parallel Execution

Oracle Database 19cは、以前のリリースが備えていた業界トップ・クラスのスケーラビリティをベースに構築されています。そのスケーラビリティの中心部にあるのが、広範なパラレル処理機能です。パラレル処理機能は、データウェアハウスや問合せ処理に欠かせないだけでなく、大量のデータ処理を可能にするOracle Databaseの機能においても重要な役割を果たします。

クラウドでOracle Database 19cを試す
詳しく見る

パラレル実行

パラレル実行は、タスクをサブタスクに分割して小型化することで操作を高速化する手法としてよく使用されるものです。大量のデータを処理するための鍵はパラレル実行です。並列処理機能を使用することで、数百テラバイトのデータ処理を、数時間または数日ではなく、数分で完了させることができます。パラレル実行では、複数のプロセスを使用して1つのタスクを完了させます。すべてのハードウェア・リソース(複数のCPU、複数のIOチャネル、複数のストレージ・ユニット、クラスタ内の複数のノード)がデータベースで効果的に活用されるほど、問合せおよびその他のデータベース操作の処理効率が向上します。

 

自動並列度

自動並列度(Auto DOP)を有効にすると、SQL文をパラレル実行すべきかどうか、またその場合の並列度をどの程度にするかを、文のリソース要件に基づいてオプティマイザに自動判定させることができます。

パラレル・ステートメント・キューイング

パラレル・ステートメント・キューイングは、必要な数のプロセスを確保できない場合に文をキューイングさせる機能です。必要な数のプロセスが確保できると、SQL文がデキューされて実行されます。パラレル・ステートメント・キューイングを使用すると、リソースが集中的に使用されることがなくなり、リソース使用率を最適にすることができます。

インメモリ・パラレル実行

後でパラレル処理ができるように共有メモリ(SGA)にデータを保存するのがインメモリ・パラレル実行(IMPX)です。IMPXは、今日のデータベース・サーバーの増え続けるメモリを活用します。この恩恵を特に受けるのは、個々のデータベース・サーバーのメモリ量が"わずか"数十ギガバイトか数百ギガバイトであっても、メモリを集約した場合の総量が何テラバイトにもなる大規模なクラスタ環境です。

データベースのアップグレード準備は整っていますか。My Oracle Supportにアクセスして、アップグレード前ユーティリティをダウンロードしましょう。