該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Webスケール・アプリケーションの直線的なスケーラビリティ、障害分離、地理的分散

Webスケール・アプリケーションの直線的なスケーラビリティ、障害分離、地理的分散

Oracle Shardingは、カスタム設計されたOLTPアプリケーションのためのスケーラビリティ機能および可用性機能です。ハードウェアやソフトウェアを共有しないOracleデータベースのプールで、データの分散とレプリケーションを可能にします。アプリケーションは、データベースのプールを単一の論理データベースとして認識します。データベース(シャード)をプールに追加するだけで、どのプラットフォーム上でも、いずれのレベルにも柔軟に(データ、トランザクション、およびユーザーを)拡張できます。1000シャードまでのスケールアップがサポートされています。

詳しく見る

Oracle Sharding

アーキテクチャ

Overview

Oracle Real Application ClustersやOracle Data Guardは、アプリケーションの透過性を維持しながら、アプリケーションが抱えるスケーラビリティと可用性のニーズを99 %以上満たします。Oracle Shardingは、極めて高いスケーラビリティと絶対的な可用性を必要とするインターネット企業やオンライン企業によって広まったアーキテクチャ・パターンです。Oracle Shardingでは、データベースは独立したデータベースのファームに分割されるため、単一のデータベースに関連するスケーラビリティや可用性のエッジ・ケースを回避できます。また、透過性を犠牲にして、大規模で直線的なスケーラビリティ、より高い可用性、地理的分散を実現します。

Oracle Shardingでは、スケーラビリティに対して似たようなアプローチを使用する自社製のデプロイメントと比較して、より優れたランタイム・パフォーマンスと容易なライフサイクル管理を提供します。さらに、リレーショナル・スキーマ、SQL、その他のプログラム・インタフェース、複雑なデータ型のサポート、オンライン・スキーマ変更、マルチコアのスケーラビリティ、高度なセキュリティ、圧縮、高可用性、ACIDプロパティ、読取り一貫性、JSONによる開発者の俊敏性など、エンタープライズRDBMSのさまざまなメリットを実現します。

利点

Oracle DatabaseでOracle Shardingを使用すると、多数のメリットが得られます。たとえば、次のようなメリットが得られます。

  • 直線的なスケーラビリティと完全な障害分離。Oracle Shardingに合わせて設計されたOLTPアプリケーションでは、追加のスタンドアロン・サーバーに新しいシャードを展開するだけで、どのプラットフォーム上でも、いずれのレベルにも柔軟に(データ、トランザクション、およびユーザーを)拡張できます。計画外停止や計画メンテナンスのためにシャードが利用不可になった場合やパフォーマンスが低下した場合、そのシャードのユーザーにのみ影響し、他のシャードのユーザーのアプリケーション利用やパフォーマンスには影響しません。アプリケーションにもっとも古い実行バージョンとの下位互換性がある場合は、シャードごとに異なるOracle Databaseリリースを実行できるため、データベースのメンテナンスを行っている間、アプリケーションの可用性を容易に維持できます。
  • グローバルなデータ分散によってデータ近接性を実現し、データをコンシューマの近くに保管します。また、データ主権により、データ・プライバシ規制に対応します。
  • さまざまなライフサイクル管理タスクの自動化により、簡素化を実現します。これらのタスクには、シャードおよびレプリケーションの自動作成、システム管理でのパーティショ二ング、単一コマンドでのデプロイメント、きめ細かいリバランスなどがあります。
  • インテリジェントなデータ依存ルーティングを使用して、卓越した実行時パフォーマンスを実現します。

リレーショナル・スキーマ、SQL、その他のプログラム・インタフェース、複雑なデータ型、オンライン・スキーマ変更、マルチコアのスケーラビリティ、高度なセキュリティ、圧縮、高可用性、ACIDプロパティ、読取り一貫性、JSONによる開発者の俊敏性など、シャーディングのすべてのメリットをエンタープライズRDBMSの機能を損なうことなく得られます。

Oracle Database 19cをクラウドで試す