ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 実技試験および ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 移行試験について

 

1. ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 資格とは

ORACLE MASTER Platinum 資格は、熟練した経験豊かなトップレベルのデータベース・エキスパートとして幅広い技術力を駆使し、ミッション・クリティカルなシステムにおいて最適な設計・構築・運用や、適切な障害対応を行うスキルを保有していることを証明する、ORACLE MASTER 最上位資格です。 Oracle Database 技術の体系的な知識、応用力、実装力が総合的に試される実技試験により認定されます。
ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 資格は Oracle Database 19c に対応しており、保有しているスキルが最新のスキルであることを証明できます。

なお、下記の試験概要については、動画でもご確認いただけます。サインインを求められた場合は、Oracle.com アカウントでサインインしてください。
実技試験概要 移行試験概要 (ORACLE MASTER Platinum ラーニング・サブスクリプションの「Platinumへの道」より無料でご試聴いただけます。)

 

2. OU インストラクタからのアドバイス

   

  • 最低でも3~4年の Oracle 技術者経験を有すること。5年以上の経験が望ましい。
  • 「必要最低限のスキル」に記載されているすべてのスキルを必ず有すること。
  • 試験中に製品ドキュメントを使用して、構文などを確認できるように準備しておくこと。(ドキュメントをまたがる検索はできない。)
  • GUI ツールでの設定方法だけでなく、必ずコマンドラインによる設定方法についても準備しておくこと。タスクによっては GUI ツールを使用できない。
  • すべての試験内容トピックについて、十分に実機練習しておくこと。
  • 試験のタスクリストは概念的な要件で記述されている。その要件を実現するために、何を構成すべきかを判断し、必要なコマンドを実行する必要がある。試験合格のためには、特に長年の経験と実機練習が極めて重要である。

 

3. 必要最低限のスキル

  
  • 最低でも3~4年の Oracle Database 技術者としての経験。
  • Oracle Database のバックアップ、リストア、リカバリの経験。
  • SQLに精通していること。
  • DBA として必要な操作を Linux 上で円滑に行えること。以下、一部抜粋。   
    • 基本的な OS コマンドの実行
    • ディレクトリ構造の作成とナビゲート
    • コピー、移動および削除などのファイル管理
    • Linux 環境でのテキスト編集
    • 環境変数の設定
  • 以下の Oracle モジュールの使用についてのスキル。(ただし、以下のリストは必要なスキル全てを網羅しているわけではない。)   
    • Recovery Manager
    • Oracle Net Manager
    • Oracle Net Configuration Assistant
    • Listener Utility
    • OMS
    • ASM Configuration Assistant
    • Database Configuration Assistant (DBCA)
    • DGMGRL
    • SQL Developer
  • Oracle Enterprise Manager 13c Cloud Control に精通していること。
  • オンラインの Oracle ドキュメントを使いこなすことができること。
  • Mozilla ブラウザの使用に習熟していること。

ページ先頭へ

4. 試験について

A. 試験申込みの要件

お申込みには、以下の前提条件を満たしていただく必要があります。

  • ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 実技試験(以下、Platinum DBA 2019 実技試験):   
    • - ORACLE MASTER Gold DBA 2019 もしくは
      - ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c もしくは
      - ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g もしくは
      - ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g
  • ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 移行試験(以下、Platinum DBA 2019 移行試験):   
    • - ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c もしくは
      - ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g もしくは
      - ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g

      ※10g 以降の ORACLE MASTER Platinum 資格をお持ちの方は Platinum DBA 2019 移行試験の代わりに、Platinum DBA 2019 実技試験にて ORACLE MASTER Platinum DBA 2019 に移行することも可能です。

B. 試験のお申込み

  • スケジュール
    試験名 日程 時間
    Platinum DBA 2019 実技試験 2024年4月18日(木) ~ 2024年4月19日(金) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年4月23日(火) ~ 2024年4月24日(水) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年5月28日(火) ~ 2024年5月29日(水) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年7月17日(水) 〜 2024年7月18日(木) 9:30am ~ 5:30pm
    Platinum DBA 2019 移行試験 2024年4月18日(木) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年4月19日(金) 9:00am ~ 5:00pm(*1)
    2024年4月23日(火) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年4月24日(水) 9:00am ~ 5:00pm(*1)
    2024年5月28日(火) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年5月29日(水) 9:00am ~ 5:00pm(*1)
    2024年7月17日(水) 9:30am ~ 5:30pm
    2024年7月18日(木) 9:00am ~ 5:00pm(*1)
    • 試験の進行状況により、終了時間が 7:00pm 頃になる可能性がございますのでご注意ください。
    • 初日、2日目とも、試験開始後に試験会場に到着された場合は、ご受験頂くことができません。
    • (*1) の日程は集合時刻が異なりますので、ご注意ください。
  • 受験料  
    • Platinum DBA 2019 実技試験  231,000円(税込)
    • Platinum DBA 2019 移行試験  231,000円(税込)
  • 試験のお申込み先  
    • Oracle University コンタクトセンター ( Email:OUadm_jp@oracle.com )
    • ※ 当該試験のWeb経由での受付は行っておりません。メールにてお申込みください。
      • ・メールでお申込みいただく際、下記をお知らせください。
        • 試験区分: Platinum DBA 2019 実技試験 or Platinum DBA 2019 移行試験
        • ご希望の日程: 第一希望: 、 第二希望: 
        • ・申込み区分: 法人申込 or 個人申込
        • 支払い方法
      • ・お申込み書(Excel)をお送りしますので所定の項目を記入の上、ご返送お願い致します。
      • 前提条件を満たしていることが確認された後、お申込み完了となります。
      • 注意:お客様からのお申込み書の受領順に受験枠の割当が確定します。お申込み書はお早めにご返送ください。

        お申込み後の流れ
      • ・お申込み後、試験日の2週間前より登録処理を行い、請求担当者様へ受付完了メールをお届けします。請求書は受験前にお届けとなります。
      • ・受講者様宛「ライセンスキーのお知らせ」メールに記載のライセンスキーの有効化は必要ありません。※受験環境に関しては試験当日に試験監督よりご案内致します。

    • お申込みに関する注意事項   
      • 試験開催初日の5週間前を過ぎてのキャンセルは承りかねますのでご注意ください。(弊社都合による実施見合せなどを除く)
      • 確実に受験可能な予定を立てた上でお申込みいただきますようお願い致します。

C. 試験会場について

D. 試験当日の注意事項

  • 集合時刻
    集合時刻に遅れないように余裕を持ってお越しください。
  • 集合場所
    JTP株式会社 品川トレーニングセンタの受付横のラウンジにてお待ちください。
    試験開始時に試験監督よりお声がけします。
  • 持ち物
    有効な身分証明書(注1)
    Oracle Testing ID(注4)
    • 注1:試験開始前に、有効な写真付きの身分証明書(注2) 1 点を提示する必要があります。 提示なさらない場合はご受験頂くことができません。有効な写真付きの身分証明書とは、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、外国人登録証明書または在留カード、特別永住者証明書、障碍者各種手帳、社員証(注3)、学生証(注3)です。
    • 注2:試験お申込み時の氏名と身分証明書の氏名は一致している必要があります。
    • 注3:社員証・学生証は受験者が所属する企業・団体・教育機関が発行するカード等で、以下4点を満たしている場合に、有効な本人確認書類とします。   
      1. 顔写真が貼付されている
      2. プラスチックカードに印刷されている、または、顔写真に割り印、エンボス、ラミネート加工のいずれかがされている
      3. 姓・名ともに記載されている
      4. 企業・団体・教育機関名またはロゴや校章が記載されている
    • 注4:試験開始前に、9 文字の Oracle Testing ID の入力が必要です。Oracle Testing ID はピアソンVUE社における Oracle 認定試験の受験履歴と紐づいた個人を識別する ID です。 遅くとも試験の一週間前に Oracle Testing ID を確認しておくことを強くお薦めします。Oracle Testing ID の確認の方法はこちら
  • ご受験にあたり、ORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書に記載してある規則およびガイドラインを遵守いただく必要があります。
  • 試験進行の都合により、昼休みの時間帯は遅めになります。

E. 試験環境について

  • 試験実施にあたっては、専門のトレーニングを受けた試験監督のもと、厳正かつ公正に行われます。試験監督は試験の採点は行わず、採点情報も閲覧できません。
  • Platinum DBA 2019 実技試験は4モジュール、Platinum DBA 2019 移行試験は2モジュールから構成されます。 受験者には、モジュールごとに専用のサーバーが割り当てられ、そのサーバーを試験環境としてお使いいただきます。セキュリティが維持された環境で試験を実施し、受験者は試験中に試験環境以外に接続することはできません。
  • 効果的にデータベースやインスタンス環境を管理したり、パフォーマンスを担保しながら障害をリカバリしたりする技術力が問われます。
  • 各モジュールには制限時間と採点基準が設定されています。各モジュールで指定されている最終状態を満たしておく必要があります。
  • 受験者は試験時間中に、ノート、テキスト、書籍などを使用したり、他の受験者と相談したりすることはできません。試験会場内で、携帯電話、タブレット、ノートパソコンなどの携帯デバイスを使用することはできません。受験者は、試験中にデスクトップ上でメモ(電子データ)を取ることは可能です。

F. 試験の準備

  • 試験内容チェックリストを確認して、必要な準備を検討して下さい。
  • Oracle Technology Network から参照可能な Oracle Database 19c の製品マニュアルを確認して下さい。
  • 受験される方は、試験準備の一環として試験内容チェックリストのタスクを必ず実機でマスターして下さい。
  • 試験準備には、ORACLE MASTER Platinum ラーニング・サブスクリプションを推奨しております。同サブスクリプションに含まれる Oracle Database 19c コースの演習を繰り返し実施して下さい。

G. 試験環境

  • Oracle Linux Server release 7.8
  • Mozilla ブラウザ、vi エディタ、(Gateway マシンはエディタとして gedit も使用可能)
  • シェル環境: bash
  • コマンドライン、GUI および使用可能なツールを使用
  • Oracle Database 19c Enterprise Edition Release 3 (19.3.0)
  • Oracle SQL Developer 19.1.0
  • Oracle Grid Infrastructure 19c Release 3 (19.3.0) ※一部のタスクでのみ使用可能
  • Enterprise Manager Cloud Control 13c Release 3 (13.3.0) ※一部のタスクでのみ使用可能

H. 試験に関する注意事項

  • 日本で開催される Platinum DBA 2019 実技試験および Platinum DBA 2019 移行試験の問題文および製品マニュアルは、日本語と英語にて提供されます。
  • キーボードの持込みはできません。試験会場に用意されているキーボードを使用して下さい。(日本で開催される Platinum DBA 2019 実技試験および Platinum DBA 2019 移行試験のキーボードは、日本語キーボードです。)
  • コマンドラインまたは GUI、および使用可能なツールを使用してタスクを実施して頂きます。

I. 採点

  • 試験は各モジュールにおける課題の結果をもとに採点されます。各モジュール終了時にデータを収集し、スコアを決定します。いくつかのモジュールでは部分点が与えられることもあります。すべてのモジュールで合格ラインに達する必要があります。試験監督は試験の採点には一切関わらず、試験中および試験後に採点情報を閲覧することもありません。試験の合否結果は、試験の3週間後にご連絡いたします。不合格だった方は後日再受験することができます。

J. 試験内容チェックリスト(Platinum DBA 2019 実技試験)

  • 一般的なデータベースとネットワークの管理
    • プラガブル・データベースの作成
    • 表領域の作成
    • UNDO の管理
    • アプリケーション・コンテナの管理
    • ネットワークの構成
    • 共有サーバーの構成
    • 制御ファイルの管理
    • プラガブル・データベースの管理
  • バックアップ・リカバリ
    • リカバリ・カタログの構成
    • リカバリと複製の実行
    • バックアップの構成
    • フラッシュバック・データベースの構成
  • データ管理
    • メモリーの管理
    • 表領域のプラグインおよび外部表の作成
    • 表領域の管理
    • パーティションの管理
    • 旧バージョンのデータの検索を可能にする構成
    • スター・クエリーの最適化
    • マテリアライズド・ビューの管理
    • 監査
    • 追加の構成
  • パフォーマンスの管理
    • シノニムの作成
    • リソース・マネージャの構成
    • SQL 文のチューニング
    • 適切なスキーマ・オブジェクトの作成
    • パラレル実行の構成
    • インスタンスのチューニング
  • Data Guard の構成
    • スタンバイ・データベースの作成
    • スタンバイ・データベースをテスト用途にするための構成
    • スタンバイ・データベースのその他の構成
    • 管理の自動化
    • スイッチ・オーバーの実行
  • Real Application Clusters の構成
    • Grid Infrastructure の有効化
    • ASM ディスク・グループの管理
    • Grid Infrastructure の管理
    • RAC データベースの作成
    • 追加の構成

K. 試験内容チェックリスト(Platinum DBA 2019 移行試験)

  • 一般的なデータベースとネットワークの管理
    • プラガブル・データベースの作成
    • UNDO の管理
    • アプリケーション・コンテナの管理
    • ネットワークの構成
    • プラガブル・データベースの管理
  • バックアップ・リカバリおよびデータ管理
    • RMAN によるデータベースの複製
    • バックアップの構成
    • フラッシュバック・データベースの構成
    • 監査
  • Data Guard の構成
    • スタンバイ・データベースの作成
    • スタンバイ・データベースをテスト用途にするための構成
    • スタンバイ・データベースのその他の構成
    • 管理の自動化
    • スイッチ・オーバーの実行
  • パフォーマンスの管理
    • SQL 文のチューニング
    • 適切なスキーマ・オブジェクトの作成
    • インスタンスのチューニング
  • Real Application Clusters の構成
    • Grid Infrastructure の構成および ASM ディスク・グループの作成
    • RAC データベースの作成
    • RAC データベース環境の構成
    • 追加の構成

L. ORACLE MASTER Platinum ラーニング・サブスクリプション 無償視聴

ORACLE MASTER Platinum ラーニング・サブスクリプションに含まれる「Platinumへの道」「学習のポイント」両コンテンツの冒頭部分を無償で試聴していただけます。サインインを求められた場合は、Oracle.comアカウントでサインインしてください。



※「Platinumへの道」では、試験の概要や試験内容チェックリストを説明しています。出題トピックを詳しく紹介するとともに、各出題トピックについてPlatinumラーニング・サブスクリプションのどのコースのどの章で学習できるか、説明しています。
※「学習のポイント」では、合格するために重要なタスクについて操作デモで紹介するとともに、間違えやすいポイントなども解説しています。操作デモは全てPlatinumラーニング・サブスクリプションに含まれるコースの演習環境で実行しています。

ページ先頭へ