エンジニアド・システム

Oracle Engineered Systemsは、Oracle Databaseおよびアプリケーションとともに開発されたフルスタックの統合プラットフォームであり、お客様のミッションクリティカルなワークロードを、マルチベンダーやオンプレミス・ソリューションよりも高速に、低コストで、かつ高いセキュリティで実行します。スケーラブルな設計により、企業はITインフラストラクチャを統合し、需要の増加に迅速に対応できます。また、管理の自動化により、管理作業の負荷を軽減し、コストを抑制できます。

Oracle Engineered Systems
  • データドリブンな銀行の再考

    金融機関がオンプレミスにデータベース・クラウドを導入する場合、ビジネス目標とテクノロジー目標を達成するための最適な選択肢はOracle Cloud@CustomerポートフォリオであるとOMDIAは強調しています。

  • オンプレミスでクラウドネイティブ・アプリケーションを作成および導入

    ESGは、Oracle Private Cloud Applianceを使用することで、パブリック・クラウドと互換性のあるコンテナ、ツール、およびAPIをデータセンターで使用して、ITの複雑性を軽減し、アジリティを高める方法について説明します。

  • ビジネスにおけるデータ保護のメリット

    オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceは、効率化と自動化を通じて、Oracle Databasesにおける複数のタイプのデータ損失を防止すると同時に、保護コストを削減します。

企業の強化に貢献するOracle Engineered Systems

  • フルスタック統合により事前構築

    Oracle Engineered Systemsは、Oracle Databaseを含む、統合されたコンピュート、ストレージおよびソフトウェアにより、企業のITの複雑性の緩和と総所有コストの削減を支援します。これらのシステムには、管理を簡素化し、導入を迅速化し、重要な企業データを保護するツールとAPIが組み込まれています。

    アナリスト・レポート: 重要資産にふさわしい環境を見つける(PDF)
  • オンプレミスからクラウドへの移植性

    Oracle Engineered Systemsは、まったく同一で使いやすいコンバージドOracle Database機能を必要な場所に導入することで、企業がアプリケーションを最新化し、クラウドに迅速に移行できるようにします。企業は、クラウドまたはオンプレミスのOracle Autonomous DatabaseまたはOracle Exadata Database Serviceを使用して、独自の業務アプリケーションの開発やテスト、導入を行い、必要に応じてワークロードを異なるロケーション間でシームレスに移動させることができます。

  • オラクルのソフトウェアとの共同設計

    Oracle Engineered Systemsには、オラクルのインフラストラクチャとソフトウェア・スタック全体の最適化を実現する機能が含まれています。これは、Oracle Databaseとともに開発された専用機能です。Exadata Smart Scanクエリ・オフロードやOracle Operator Access Controlなどの高度な機能により、お客様はデータベースをデータ損失やランサムウェアのリスクから保護しながら、あらゆる種類のデータベース・ワークロードを最高のパフォーマンスで実行できます。

    インフォグラフィック:Oracle Database Applianceはインストールが10倍高速(PDF)
  • 低コストで高い価値をもたらす

    Exadata Cloud@Customer上のAutonomous Databaseに関するWikibonの分析(PDF)に記載されているように、Oracle Engineered Systemsを使用することで、アプリケーションとデータベースをより少数のハイパフォーマンスなシステムに統合することができ、総所有コストを最大47%削減することができます。Oracle Database Applianceは、自動管理とキャパシティ・オンデマンドのライセンスにより、エッジ環境へのソリューション導入の複雑さを軽減します。

    アナリスト・レポート:VMwareロックインと増加し続けるコストからの脱却(PDF)

エンジニアド・システム製品

Oracle Databaseに最適なプラットフォーム

Oracle Exadataのフルスタック・アーキテクチャは、企業のOracle Databaseのパフォーマンス、拡張性、可用性を向上させます。Oracle Cloud Infrastructureやオンプレミス、Exadata Cloud@Customerで利用でき、Oracle Databaseと共同で開発された60以上の独自機能が組み込まれており、OLTP、分析、機械学習アプリケーションを高速化することができます。Exadataにより、IT部門は数百のデータベースを単一のシステムに統合することができます。これには、自社のデータセンターに導入したCloud@Customerのインフラストラクチャ上でOracle Autonomous Database ServiceとOracle Exadata Database Serviceを同時に実行することも含まれており、設備コストと管理費用を削減することができます。

特長

  • フルスタックの統合ソリューションにより、統合の必要性を減らす
  • 高可用性インフラストラクチャでデータベースの稼働時間を最大化
  • スケーラブルな設計により、あらゆる規模の組織でデータベースの統合が可能
  • Oracle Cloudとオンプレミス間で完全な互換性のある導入オプションにより、クラウドへの移行をシンプルに
  • インテリジェント・ストレージにより、データベースのパフォーマンスを向上させてコストを抑制
  • 17マイクロ秒未満のSQL読取りレイテンシにより、OLTPの応答性が向上
  • 最大1 TB/sのSQLスループットにより、大量のデータを扱う分析アプリケーションを高速化
  • ラックあたり最大2,520万のSQL I/Oにより、統合ワークロードのスループットが向上

Oracle Database向けに最適化された小型でシンプルなプラットフォーム

Oracle Database Applianceは、拠点が分散している場合も含め、中小規模の組織や事業部門にとって、データベース、アプリケーション、インフラストラクチャを導入および管理するための最も簡単で低コストな方法です。Oracle Database Applianceでは、データベース向けに最適化され、エンドツーエンドの自動管理機能を備えたシステムを使用して、Oracle Databaseの導入にかかる時間と管理作業の負荷を削減できます。Oracle Database Applianceのハイパフォーマンス、可用性、および自動化により、重要なアプリケーションを短い停止時間と低コストで実行できます。

特長

  • データベースとアプリケーションを2時間以内に稼働開始可能
  • 緊密に統合され最適化されたフルスタック・ソリューション
  • エントリーレベルの構成と価格設定、柔軟なCPUライセンス
  • Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の統合
  • ハードウェアとソフトウェアのすべてをオラクルがサポート

Oracle Databaseの保護とリカバリの自動化

Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceは、社内全体のOracle Databaseを常に保護し、いかなる時点のものでもリカバリを高速化します。独自の自動バックアップとリカバリ、リモート・レプリケーション、Oracle Cloudアーカイブ機能を統合することで、ほぼすべてのプラットフォームで実行されている重要な顧客データベースをランサムウェア、盗難、機器の故障、人的エラーから守ります。また、Recovery Applianceの広範な自動化により、IT部門はOracle Databaseのデータ保護に関するベストプラクティスを簡単に実装でき、ダウンタイム・コストを最大47%削減できます(WikibonによるRecovery Applianceの分析を参照)。

特長

  • 継続的な保護により、データが損失する可能性のある時間の長さを1秒未満に抑える
  • 増分永久バックアップにより、Oracle Databaseの保護を最大50倍まで促進
  • Oracleデータベースの仮想フル・バックアップを使用したリカバリは最大8倍速く実行可能
  • 自動化によって迅速な導入が可能となり、専門的なITスキルの必要性が減少する
  • 自動リカバリにより、手動のITタスクを最大75%削減
  • 仮想フルバックアップの容量を2PBから200PB以上に拡張することで、企業全体のOracle Databaseの保護を実現
  • バックアップの検証によってバックアップが適切であることを確認し、データベース・サーバーの負荷を軽減
  • リアルタイムのモニタリングと自動レポートによって保護対象のすべてのOracle Databaseの最新の回復可能性ステータスを提供することにより、コンプライアンスを簡素化

Oracle Compute Cloud@Customer - 場所を選ばずOCI Computeを実行

Oracle Compute Cloud@Customerは、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のコンピューティング、ストレージ、およびネットワーク・インフラストラクチャ・サービスをどこからでも使用できる、フルマネージドかつラックスケールの分散クラウド・プラットフォームです。クラウドの自動化と経済性のメリットを享受しながら、データの保存・処理場所を管理してデータ・レジデンシー要件にも対応できます。そしてこれらすべてはオラクルがリモートで管理します。

特長

  • フルスタックの統合ソリューションにより、統合の必要性を減らす
  • 高可用性インフラストラクチャにより、アプリケーションの稼働率が向上
  • 独立したスケーラブルなコンピュート・リソースとストレージ・リソースにより、パフォーマンスと運用効率の最適化が可能に
  • コンピュートとストレージの使用率に基づく消費ベースの価格設定により、コストを削減
  • Oracle Databaseプラットフォームへの直接接続により、データ・アクセスのレイテンシを改善
  • OCI Container Engine for Kubernetesが、クラウド・ネイティブ・ワークロードのスケーリングを簡素化
  • OCIオペレータによる管理により、ITチームの管理負荷を軽減

オラクルのアプリケーションに最適なプラットフォーム

Oracle Private Cloud Appliance(PCA)は、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のコンピュート、ストレージ、およびネットワーキング構成をオンプレミスで提供する、ラックスケールのエンジニアド・システムです。Private Cloud Applianceは、耐障害性の高い最新のアプリケーション環境を提供するように設計されています。これは、Oracle ExadataおよびOracle Database Applianceプラットフォームと並んで理想的なプラットフォームであり、アプリケーション層とデータベース層の間のレイテンシが最も小さくなり、パフォーマンスが最も高くなります。Private Cloud Applianceは、データ・レジデンシー要件も満たしながら、クラウドのような開発および導入エクスペリエンスを求めるお客様向けに設計されています。

特長

  • フルスタックの統合ソリューションにより、統合の必要性を減らす
  • 高可用性インフラストラクチャでアプリケーションの稼働時間を最大化
  • パフォーマンスが最適化されており、OCPUを552個から2208個にスケーリング可能
  • 最大6.7TB~26.8TBのメモリで、前世代よりも2倍のメモリを提供
  • アプリケーション層からデータベース層への低レイテンシ接続により、アプリケーションの応答時間を短縮

すべてのお客様事例を表示

Engineered Systemsのお客様事例

世界中の数多くのお客様が、Oracle Engineered Systemsを使用してアプリケーションとデータベースを高速化し、管理の簡素化とコストの削減を達成しています。

Energy Transferのロゴ
Equinixのロゴ
Evergyのロゴ
KCBのロゴ
NTT DOCOMO
Secure-24のロゴ
Saint Paul Public Schools
Swisscomのロゴ
ICS Financial Systems logo

ICS Financial Systems、Exadataを使用して主要なバンキング・アプリケーションの実行を最大27倍高速化

Engineered Systemsのユースケース

  • より高速かつ低コストなデータベースの実行

    Exadata Cloud@CustomerでのAutonomous Databaseの実行に関するWikibonの分析(PDF)に記載されているように、オラクルのパブリック・クラウドと同じテクノロジーを使用して、重要なオラクル・データベースを高速化し、オンプレミスのITインフラストラクチャを標準化するとともに、管理の負担を削減し、オンプレミスのTCOを最大47%削減します。

    Equinixの事例を読む

  • プライベート・クラウドの構築

    ExadataまたはExadata Cloud@CustomerでOracle Databaseのワークロードを統合することで、データセンターの複雑さを軽減し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるとともに、手作業によるデータベースの分析とチューニングを削減します。

    York Universityの事例を読む

  • アプリケーション・インフラストラクチャを統合する

    Oracle Private Cloud Applianceを使用し、ExadataでOracle Databaseを実行することにより、アプリケーションの実行に必要なスタンドアロン・システムの数を減らし、各ハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントの管理、パッチ適用、保護を個別に行う必要性をなくします。

    TJMGの事例を読む

  • リモートおよびエッジでの導入を容易にする

    Oracle Database Applianceベースの導入と管理を通じて、各部門、遠隔地、およびエッジ環境に対するデータベースやアプリケーションのサポートを合理化します。

    NASA Deep Space Networkの事例を読む

  • Oracle Databasesを企業全体で保護する

    Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceを使用してポリシーベースのエンタープライズ規模の保護を実装することで、ミッションクリティカルなOracle Databaseデータがサイバー攻撃や停止、ヒューマンエラーによって失われるリスクを低減します。

    Evergyの事例を読む

2023年6月22日

Exadata Cloud@Customer X10Mのご紹介

Exadata Cloud@Customerプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、Bob Thome

Exadata Cloud@Customer X10Mは、優れたスケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率を提供し、より多くのOLTPトランザクションの実行、より複雑な分析の実行、より大規模なワークロードの統合を可能にします。データベース・サーバー1台あたり190の使用可能なプロセッサ・コアと、ストレージ・サーバー1台あたり64のコアを搭載しているため、より少ないサーバー台数でより多くの処理を実行でき、インフラストラクチャ全体のサブスクリプションを削減できます。

ここから始めよう


Oracle Expertに連絡する

Oracle Engineered Systemsが重要なビジネス・ニーズを満たすためにどのように役立つかをお尋ねください。