該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracleエンジニアド・システム

Oracleエンジニアド・システムは、Oracle Databaseおよびアプリケーションとともに開発されたフルスタック統合ソリューションであり、お客様の重要なワークロードをマルチベンダーのオンプレミス・ソリューションよりも高速、低コスト、かつ高いセキュリティで実行します。スケーラブルな設計により、既存のITインフラストラクチャを統合し、需要の急増に迅速に対応できます。また、管理が自動化されるので、管理作業の負担が軽減し、コストの抑制につながります。

Oracleエンジニアド・システム
Oracle ExadataはDIYのデータベース・プラットフォームよりも低コスト

Exadata X8Mが一般的なDIYソリューションよりも導入と管理が簡単で、運用コストが60%低い理由をご覧ください。

Oracle Database Applianceの顧客調査

他社がOracle Database Applianceを使用してROIを498%向上させ、データベースの導入時間を一般的な代替手段よりも67%短縮した理由をご覧ください。

企業の強化に貢献するOracleエンジニアド・システム

フルスタックの統合

Oracleエンジニアド・システムは、企業のOracleデータベースとアプリケーションを高速化し、時間とコストのかかるコンポーネントレベルの統合を排除してIT環境の簡素化と総所有コストの削減を実現します。これにより、IT部門は複雑なマルチベンダー管理とパッチの適用を効率的なシングルベンダー・ソリューションに置き換えることができます。IDC Exadata Cloud@Customerの顧客事例(PDF)では以下のメリットを中心に取り上げます。

  • フルスタックの管理の自動化とツールにより、ITスタッフのインフラストラクチャ管理の負担が最大69%削減される。
  • マルチベンダー統合を排除することで、新しいインフラストラクチャの導入時間を最大80%短縮できる。
  • 予定外のダウンタイム・イベントの回数が81%、それに伴うコストが73%削減される。
IDCによるExadata Cloud@Customerの顧客調査を読む(PDF)
ESGによるPrivate Cloud Appliance X8の分析を読む(PDF)
フルスタックの統合

オンプレミスからクラウドへの移植性

Oracleエンジニアド・システムを導入すると、オンプレミスとクラウドの双方で同一の集約されたOracle Database機能とExadataの高度な最適化を利用できるため、デジタル・トランスフォーメーションが加速します。

  • アプリケーションの開発とテストをクラウド上で行い、完成したアプリケーションをオンプレミスで実行します。その逆も可能です。
  • 複数のデータベース・モデル、マイクロサービス、APIを統合する革新的な基幹業務アプリケーションを作成します。
  • Exadataのパフォーマンスと可用性を維持しながら、重要なアプリケーションをオンプレミスまたはクラウド・データベースに近づけることで、それらのアプリケーションの実行を最適化します。
Constellation ResearchによるExadataの分析を読む(PDF)
IDCによるマルチクラウド環境でのExadataの分析を読む(PDF)
ソリューションの同一性

Oracleソフトウェアとの共同設計

Oracleエンジニアド・システムに含まれるOracle DatabaseとOracleアプリケーションに専用の機能は、オラクルのソフトウェアおよびシステム・スタック全体にわたって最適化を実装するオラクル独自の機能を基に開発されています。オラクルだけが提供できる高度な機能により、Oracle Databaseとアプリケーションのパフォーマンスが向上し、企業のインフラストラクチャ管理にかかる負担とコストを削減できます。

  • スマート・スキャン・クエリ・オフロードなどの60を超える独自の追加機能を搭載したExadataにより、Oracle Databaseの実行を最大10倍高速化します。
  • オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceを使用した継続的なデータ保護とリカバリの自動化により、Oracle Databaseの保護を強化します。
  • Oracle Private Cloud ApplianceのTrusted Partitionによってソフトウェアのコストを厳しく抑えます。
Exadataのイノベーションの歴史を見る
WikibonによるRecovery ApplianceのTCOに関する分析を読む(PDF)
Oracle Databaseとの共同設計

ビルド、チューニング、テストがすべて事前に完了したシステム

Oracleエンジニアド・システムは、インストール後すぐに、管理の合理化、Oracle Databaseの導入の迅速化、重要な組織データの保護に役立つ組み込みツールとAPIを使用できます。そのため、IT部門は、データセンターやエッジコンピューティング環境の回復力を強化するオラクルのベスト・プラクティスを簡単に実装できます。

  • 重要なOracle Databaseの手動での分析とインデックス作成をなくし、Oracle Exadata X8Mの自動インデックス作成によってデータベースの実行を高速化します。
  • オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceが持つ仮想フル・バックアップ自動化により、手動リカバリ・プロセスの最大75%を排除し、Oracle Databaseのリカバリを迅速化します。
  • IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で強調されているように、Oracle Database Applianceによる管理の自動化によってエッジ・ソリューションの導入時間を最大31%、データベースのプロビジョニング時間を最大67%短縮できます。
DSCによるExadataの分析を読む(PDF)
ESGによるGDPRの分析を読む(PDF)
包括的なソリューション

低コストで高い価値をもたらす

Oracleエンジニアド・システムは、重要なエンタープライズ・ワークロードの実行コストを削減するように設計されています。アプリケーションとデータベースを少数の高性能システムに集約することで設備投資を削減し、高度な管理の自動化によってデータベースおよびシステム管理の負担とコストを削減します。

  • Wikibonの分析(PDF)で示されているように、Exadata X8Mは、個々のソリューション・コンポーネントを統合および管理する必要性を減らすことで、DIYのインフラストラクチャと比較してTCOを最大33%削減します。
  • InfosysによるAutonomous Data Warehouseの分析(PDF)で示されているように、Exadata Cloud@Customerは、Autonomous Databaseの手動でのシステム管理、プロビジョニング、チューニングをなくすことで、データベース管理コストを最大80%削減します。
  • ICA ABのお客様事例で強調されているように、Private Cloud ApplianceのTrusted Partitionを利用することで、システム全体のうち必要な部分についてのみソフトウェア・ライセンスを保有できるようになり、エンタープライズ・アプリケーションの運用コストを最大85%削減できます。
  • IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、Oracle Database Applianceの自動管理とキャパシティ・オンデマンド・ライセンスは、分散環境およびエッジ環境の導入コストを最大54%削減します。
Oracle Database Appliance:シンプル、最適、手頃な価格(PDF)
IDCのExadata Cloud@Customerの分析(PDF)を読む
ESGのOracle Database Applianceの分析(PDF)を読む
優れた価値

Oracleエンジニアド・システム

Oracle Databaseに最適なプラットフォーム

Oracle Exadataは、企業のOracle Databaseのパフォーマンス、スケール、セキュリティ、可用性を向上させるフルスタック・ソリューションです。スマート・スキャンSQLオフロードなど、Oracle Databaseと共同設計された60を超える独自の機能が組み込まれており、OLTP、分析、機械学習アプリケーションを高速化します。また、数百のデータベースを単一のシステムに統合できるため、資本コストと管理費用も削減されます。ExadataはオンプレミスまたはOracle Cloud Infrastructureに導入するか、Cloud@Customerソリューションとして導入することができ、Autonomous Databaseによってデジタル・トランスフォーメーションを簡単かつ迅速に実現できるよう後押しします。

特長
  • フルスタックの統合ソリューションにより、統合の必要性を減らす
  • 高可用性ハードウェアとソフトウェアにより、データベースの稼働時間を最大化
  • CPUコア数を48個から6,912個まで144倍に拡張できるスケーラビリティにより、社内全体のデータベースを統合することが可能
  • オンプレミス・オプションとOracle Cloudオプションがあり、デジタル・トランスフォーメーションが容易になる
  • インテリジェント・ストレージにより、データベースのパフォーマンスを向上させてコストを抑制
  • <19マイクロ秒のSQL読み取りレイテンシにより、OLTPの応答性が向上
  • 最大1,600万のSQL IOPSにより、統合ワークロードのスループットが向上
  • 最大560 GB/sのSQLスループットにより、大量のデータを扱う分析アプリケーションを高速化

リモートおよびエッジ・コンピューティング向けのシンプルで最適化されたソリューション

Oracle Database Applianceは、リモート、中小企業、およびエッジ・コンピューティングの環境でアプリケーションやOracle Databaseを実行するために最適化されています。IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、統合されたソフトウェア環境により、IT部門が導入とリモート管理を簡単に行うことができます。また、経済的なデータベース・ライセンスのおかげで、5年間のROIが最大498%向上します。

特長
  • エントリーレベルの導入から高可用性の導入までの3つのモデル
  • フルスタックの統合ソリューションにより、システム導入時間を自己統合ソリューションよりも最大31%短縮可能
  • 自動化されたリモート管理とデータベース・プロビジョニングにより、DBAチームの効率が最大61%向上
  • キャパシティ・オンデマンドのデータベース・ライセンスにより、全体的なコストを最大54%削減
  • キャパシティ・オンデマンドのデータベース・ライセンスにより、全体的なコストを最大54%削減
  • 複数のOracle Databaseバージョンの同時サポートにより、自社のすべてのアプリケーションを簡単にサポート可能

Oracle Databaseの保護とリカバリの自動化

オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceは、社内全体のOracle Databaseを常に保護し、任意の時点へのリカバリを高速化します。独自の自動バックアップとリカバリ、リモート・レプリケーション、Oracle Cloudアーカイブ機能を統合することで、ほぼすべてのプラットフォームで実行されている重要な顧客データベースをランサムウェア、盗難、機器の故障、人的エラーから守ります。また、Recovery Applianceの広範な自動化により、IT部門はOracle Databaseのデータ保護に関するベスト・プラクティスを簡単に実装でき、ダウンタイム・コストを最大47%削減できます(WikibonによるRecovery Applianceの分析を参照)。

特長
  • 継続的な保護により、データが損失する可能性のある時間の長さを1秒未満に抑える
  • 永久増分バックアップにより、バックアップを最大50倍高速化
  • 仮想フル・バックアップにより、Oracle Databaseのリカバリを最大8倍高速化
  • 自動化によって迅速な導入が可能となり、専門的なITスキルの必要性が減少する
  • 自動リカバリにより、手動のITタスクを最大75%削減
  • 容量を95 TB(非圧縮)から10.5 PB超まで111倍に拡張できる容量スケーリングにより、社内全体のOracle Databaseの保護が可能
  • バックアップの検証によってバックアップが適切であることを確認し、データベース・サーバーの負荷を軽減
  • リアルタイムのモニタリングと自動レポートによって保護対象のすべてのOracle Databaseの最新の回復可能性ステータスを提供することにより、コンプライアンスを簡素化

アプリケーション・インフラストラクチャを最新化し、コストを削減

Oracle Private Cloud Applianceは、エンタープライズ・アプリケーションとミドルウェアを高速かつ低TCOで実行するように最適化されたスケーラブルなソリューションです。高性能のサーバー、ストレージ、ソフトウェア定義のネットワーキングが事前に組み込まれているため、お客様はプライベート・クラウドを迅速に導入し、簡単に拡張できます。これにより、コンテナ化されたクラウドネイティブ・アプリケーションと複数のオペレーティング・システムでネイティブに実行されるアプリケーションのインフラストラクチャを統合できます。Private Cloud Applianceには、オンプレミスのマネージド・サービスも用意されています。このサービスは、柔軟なサブスクリプション方式の料金体系で、お客様の代わりにオラクルが管理を担当するため、お客様のITスタッフの負担が軽減し、コストを最小限に抑えることができます。

特長
  • Linux、Solaris、Windowsがサポートされており、インフラストラクチャの統合が容易
  • Kubernetesに準拠した管理により、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイを合理化
  • 自動化により、アプリケーションとデータベースを数分で導入可能
  • 仮想化が無料で含まれており、コストの抑制に役立つ
  • Trusted Partitionにより、細かい単位でソフトウェア・ライセンスを取得でき、コストを最大85%削減
  • 増大するワークロードをサポートするために、コア数を1,200個、ストレージを1.6 PBまで拡張可能
  • ダウンタイムなしのアップグレードにより、顧客アプリケーションの可用性を最大化
  • Oracle Site GuardのVMレベルの障害時リカバリにより、重要な顧客アプリケーションを保護

すべてのお客様成功事例を表示

Oracleエンジニアド・システムのお客様成功事例

世界中の数多くのお客様が、Oracleエンジニアド・システムを使用してアプリケーションとデータベースを高速化し、管理の簡素化とコストの削減を達成しています。

Energy Transferのロゴ
Exelonのロゴ
ICBCのロゴ
NTTドコモのロゴ
Reveraのロゴ
Secure-24のロゴ
セントポール公立学区
Swisscomのロゴ
ICS Financial Systemsのロゴ

ICS Financial Systems、Exadataを使用して主要なバンキング・アプリケーションの実行を最大27倍高速化

Oracleエンジニアド・システムのユース・ケース

  • デジタル・トランスフォーメーションを容易にする

    重要なOracle Databaseを高速化し、オラクルのパブリック・クラウドと同じテクノロジーを使用してオンプレミスのITインフラストラクチャを標準化しながら、管理の負担を減らし、オンプレミスのTCOを最大33%削減します(WikibonによるX8Mの分析を参照)。

    Samsung SDSの事例を見る(2:28)

  • Oracle Database Cloudを実装する

    異なるワークロード用のOracle Databaseを統合してExadataまたはExadata Cloud@Customerで実行し、データセンターの複雑さの低減(最大40:1)、パフォーマンスの向上、手動での分析とチューニングの削減(最大69%)を達成します(IDCによるExadata Cloud@Customerの顧客調査を参照)。

    Entelの事例を見る(0:48)

  • アプリケーション・インフラストラクチャを統合する

    Oracle Private Cloud Applianceを使用し、ExadataでOracle Databaseを実行することにより、アプリケーションの実行に必要なスタンドアロン・システムの数を減らし、各ハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントの管理、パッチ適用、保護を個別に行う必要性をなくします。

    Reveraの事例を見る(1:37)

  • リモートおよびエッジでの導入を容易にする

    Oracle Database Applianceベースの導入と管理を通じて、各部門、遠隔地、およびエッジ環境に対するデータベースやアプリケーションのサポートを合理化します。

    KGHMの事例を見る(1:43)

  • Oracle Databaseを社内全体にわたって保護する

    オラクルのZero Data Loss Recovery Applianceを使用したポリシーベースの全社的な保護により、データ損失のコストを最大47%削減し、重要なOracle Databaseのサイバー攻撃、不慮の停止、人的エラーからの保護を向上させます(Wikibonの分析を参照)。

    Swisscomの事例を見る(1:18)

Oracleエンジニアド・システムのユース・ケース
2020年7月8日

Autonomous Databaseがデータセンターにやってくる

オラクルのAutonomous Database製品管理担当上級ディレクター、Robert Greene

Autonomous Databaseは、オラクルの広範なテクノロジー・スタックにネイティブに組み込まれた機械学習主導の自己管理データベース機能と、自己稼働、自己保護、自己修復のベスト・プラクティスを提供します。

全文を読む

始める


Oracle Expertに問い合わせる

Oracleエンジニアド・システムが重要なビジネス・ニーズを満たすためにどのように役立つかをお尋ねください。