申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Engineered System

Oracle Engineered Systemは、Oracle Databaseおよびアプリケーションとともに開発されたフルスタック統合ソリューションであり、お客様の重要なワークロードをマルチベンダーのオンプレミス・ソリューションよりも高速、低コスト、かつ高いセキュリティで実行します。スケーラブルな設計により、既存のITインフラストラクチャを統合し、需要の急増に迅速に対応できます。また、管理が自動化されるので、管理作業の負担が軽減し、コストの抑制につながります。

Oracle Engineered System
Oracle Database Worldへの参加

一年で最大規模かつ最も包括的なデータベースのイベントです。Juan Loaiza、Andy Mendelsohnをはじめとするオラクルのトップ・エキスパートたちが、最新のAutonomous Database、Oracle Database 21c、Exadata X9M、Database Cloudのイノベーションについて解説します。

Oracle Database Applianceに関する顧客調査

他社がOracle Database Applianceを使用してROIを498%向上させ、データベースの導入時間を一般的な代替手段よりも67%短縮した理由をご覧ください。

企業の強化に貢献するOracle Engineered System

フルスタック統合により事前構築

オラクルのエンジニアド・システムは、インストール後すぐに、管理の合理化、Oracle Databaseの導入の迅速化、重要な組織データの保護に役立つ組み込みツールとAPIを使用できます。Oracle Databaseを含む、システム、ストレージ、ソフトウェアを統合する完全なソリューションは、お客様がデータベースとアプリケーションを高速化し、IT環境を簡素化し、総所有コストを削減するのに役立ちます。IDC Exadata Cloud@Customerの顧客事例(PDF)ではこれらのメリットを中心に取り上げます。

プレスリリース:オラクルが次世代のExadata X9Mプラットフォームを発表

アナリストレポート:「重要資産」にふさわしい設定の特定(PDF)

eBook:Oracle Exadata Cloud@CustomerのAutonomous Database

オンプレミスからクラウドへの移植性

オラクルのエンジニアド・システムを導入すると、オンプレミスとクラウドの双方で同一の集約されたOracle Database機能とExadataの高度な最適化を利用できるため、デジタル・トランスフォーメーションが加速します。組織は、クラウドまたはオンプレミスでExadataを使用してクリエイティブな基幹業務アプリケーションを開発、テスト、導入し、異なる場所の間でワークロードをシームレスに移動します。

アナリスト・レポート: 次世代コンピューティング・プラットフォーム市場におけるオラクルの優位性 (PDF)

アナリスト・レポート: Oracle Exadata Cloud Service: あらゆる規模のデータベースやワークロードに対応 (PDF)

オラクルのソフトウェアとの共同設計

オラクルのエンジニアド・システムに含まれるOracle Databaseとアプリケーションに専用の機能は、オラクルのソフトウェアおよびシステム・スタック全体にわたって最適化を実装するオラクル独自の機能を基に開発されています。Exadata Smart Scanによるクエリのオフロードや、パーシステント・メモリ・データ・アクセラレータなどの高度な機能により、お客様はさまざまな種類のデータベース・ワークロードを高速化することができます。お客様は、Zero Data Loss Recovery Applianceの継続的なデータ保護により潜在的なデータ損失を最小限に抑え、自動化により組織のインフラストラクチャ管理ワークロードを削減できます。

アナリスト・レポート: Oracle Database Applianceのインストールが10倍高速化(PDF)

低コストで高い価値をもたらす

Oracle Engineered Systemsを使用することで、組織はアプリケーションやデータベースを、少ない高パフォーマンス・システムに統合することで、総所有コストを削減できます。IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、Oracle Database Applianceの自動管理とキャパシティ・オンデマンド・ライセンスは、エッジ環境への導入ソリューションの複雑さを低減します。

アナリスト・レポート: Oracle Database Appliance X8、小規模、中規模およびエッジ環境において独自の付加価値を提供 (PDF)

アナリスト・レポート: HCIの限界を超えて: Oracle Private Cloud Appliance X8 (PDF)

Oracleエンジニアド・システム

Oracle Databaseに最適なプラットフォーム

Oracle Exadataは、エンタープライズのOracle Databaseのパフォーマンス、スケール、セキュリティ、可用性を向上させるフルスタック・ソリューションです。スマート・スキャンSQLオフロードなど、Oracle Databaseと共同設計された60を超える独自の機能が組み込まれており、OLTP、分析、機械学習アプリケーションを高速化します。また、数百のデータベースを単一のシステムに統合できるため、資本コストと管理費用も削減されます。ExadataはオンプレミスまたはOracle Cloud Infrastructureに導入するか、Cloud@Customerソリューションとして導入することができ、Autonomous Databaseを使用してデジタル・トランスフォーメーションを簡単かつ迅速に実現できるよう後押しします。

特長
  • フルスタックの統合ソリューションにより、統合の必要性を減らす
  • 高可用性ハードウェアとソフトウェアにより、データベースの稼働時間を最大化
  • データベースリソースを16コアから14,500を超えるライセンスCPUコアに拡張し、エンタープライズ規模でのデータベース統合を実現
  • オンプレミス・オプションとOracle Cloudオプションがあり、デジタル・トランスフォーメーションが容易になる
  • インテリジェント・ストレージにより、データベースのパフォーマンスを向上させてコストを抑制
  • <19マイクロ秒のSQL読み取りレイテンシにより、OLTPの応答性が向上
  • ラックあたり最大2,760万のSQL IOPSにより、統合ワークロードのスループットが向上
  • 最大1 TB/sのSQLスループットにより、大量のデータを扱う分析アプリケーションを高速化

リモートおよびエッジ・コンピューティング向けのシンプルで最適化されたソリューション

Oracle Database Applianceは、リモート、中小企業、およびエッジ・コンピューティングの環境でアプリケーションやOracle Databaseを実行するために最適化されています。IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、統合されたソフトウェア環境により、IT部門が導入とリモート管理を簡単に行うことができます。また、経済的なデータベース・ライセンスのおかげで、5年間のROIが最大498%向上します。

特長
  • エントリーレベルから高可用性デプロイメントまでの3つのモデル
  • フルスタックの統合ソリューションにより、システム導入時間を自己統合ソリューションよりも最大31%短縮可能
  • 自動化されたリモート管理とデータベース・プロビジョニングにより、DBAチームの効率が最大61%向上
  • キャパシティ・オンデマンドのデータベース・ライセンスにより、全体的なコストを最大54%削減
  • 複数のOracle Databaseバージョンの同時サポートにより、自社のすべてのアプリケーションを簡単にサポート可能

Oracle Databaseの保護とリカバリの自動化

Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceは、社内全体のOracle Databaseを常に保護し、いかなる時点のものでもリカバリを高速化します。独自の自動バックアップとリカバリ、リモート・レプリケーション、Oracle Cloudアーカイブ機能を統合することで、ほぼすべてのプラットフォームで実行されている重要な顧客データベースをランサムウェア、盗難、機器の故障、人的エラーから守ります。また、Recovery Applianceの広範な自動化により、IT部門はOracle Databaseのデータ保護に関するベスト・プラクティスを簡単に実装でき、ダウンタイム・コストを最大47%削減できます(WikibonによるRecovery Applianceの分析を参照)。

特長
  • 継続的な保護により、データが損失する可能性のある時間の長さを1秒未満に抑える
  • 増分永久バックアップにより、Oracle Databaseの保護を最大50倍まで促進
  • Oracleデータベースの仮想フル・バックアップを使用したリカバリは最大8倍速く実行可能
  • 自動化によって迅速な導入が可能となり、専門的なITスキルの必要性が減少する
  • 自動リカバリにより、手動のITタスクを最大75%削減
  • 仮想フルバックアップの容量を2PBから200PB以上に拡張することで、企業全体のOracle Databaseの保護を実現
  • バックアップの検証によってバックアップが適切であることを確認し、データベース・サーバーの負荷を軽減
  • リアルタイムのモニタリングと自動レポートによって保護対象のすべてのOracle Databaseの最新の回復可能性ステータスを提供することにより、コンプライアンスを簡素化

最新のアプリケーション・インフラストラクチャによるコストの削減

Oracle Private Cloud Applianceは、エンタープライズ・アプリケーションとミドルウェアを高速かつ低TCOで実行するように最適化されたスケーラブルなソリューションです。OCI互換のAPIと管理ツールは、お客様のアプリケーションとミドルウェアにコンピュート、ストレージ、およびネットワーク・サービスを提供し、Oracle Cloudでクラウド・ネイティブ・アプリケーションを開発してお客様のデータセンターに導入しやすくする一貫した環境を実現します。プライベートクラウドアプライアンスでは、あらかじめ用意された構成を用いて、コンテナ化されたクラウドネイティブアプリケーションや、複数のOS上でネイティブに動作するアプリケーションを単一プラットフォームに統合し、プライベートクラウドを迅速に展開、容易に拡張することが可能です。Private Cloud Applianceには、オンプレミスのマネージド・サービスも用意されています。このサービスは、柔軟なサブスクリプション方式の料金体系で、お客様の代わりにオラクルが管理を担当するため、お客様のITスタッフの負担が軽減し、コストを最小限に抑えることができます。

特長
  • OCI互換のAPIと管理ツールにより、お客様のデータセンターとパブリッククラウド間でワークロードを容易に移動可能
  • Linux、Solaris、Windowsがサポートされており、インフラストラクチャの統合が容易
  • Kubernetesに準拠した管理により、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイを合理化
  • 自動化により、アプリケーションとデータベースを数分で導入可能
  • トラステッド・パーティションは、きめ細かいソフトウェア・ライセンシングを可能にし、最大85%のコスト削減を実現します。
  • 増大するワークロードをサポートするために、コア数を1,080個、ストレージを8PBまで拡張可能
  • アプリケーションとミドルウェアの可用性を最大化するために、3つの独立したフォールト・ドメインで設計
  • ダウンタイムなしのアップグレードにより、顧客アプリケーションの可用性を最大化

すべてのお客様事例を表示

Oracleエンジニアド・システムのお客様成功事例

世界中の数多くのお客様が、Oracleエンジニアド・システムを使用してアプリケーションとデータベースを高速化し、管理の簡素化とコストの削減を達成しています。

Energy Transferのロゴ
Exelonのロゴ
ICBC logo
NTT DoCoMo
Reveraのロゴ
Secure-24のロゴ
Saint Paul Public Schools
Swisscomのロゴ
ICS Financial Systems logo

ICS Financial Systems、Exadataを使用して主要なバンキング・アプリケーションの実行を最大27倍高速化

Oracleエンジニアド・システムのユース・ケース

  • デジタル・トランスフォーメーションを容易にする

    オラクルのパブリッククラウドと同じテクノロジーを使用して、重要なオラクルデータベースを高速化し、オンプレミスのITインフラを標準化するとともに、管理の負担を軽減し、オンプレミスのTCOを削減します。

    Samsung SDSの事例を見る(2:28)

  • Oracle Database Cloudを実装する

    IDC Exadata Cloud@Customerの顧客調査 (PDF)によると、ExadataまたはExadata Cloud@Customerを使用して複数のワークロード用のオラクル・データベースを統合することで、データセンターの複雑さを軽減し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、手動によるデータベースの分析とチューニングを最大69%削減することができます。

    Entelの事例を見る(0:48)

  • アプリケーション・インフラストラクチャを統合する

    Oracle Private Cloud Applianceを使用し、ExadataでOracle Databaseを実行することにより、アプリケーションの実行に必要なスタンドアロン・システムの数を減らし、各ハードウェアおよびソフトウェア・コンポーネントの管理、パッチ適用、保護を個別に行う必要性をなくします。

    Reveraの事例を見る(1:37)

  • リモートおよびエッジでの導入を容易にする

    Oracle Database Applianceベースの導入と管理を通じて、各部門、遠隔地、およびエッジ環境に対するデータベースやアプリケーションのサポートを合理化します。

    KGHMの事例を見る(1:43)

  • Oracle Databaseを社内全体にわたって保護する

    Oracle Zero Data Loss Recovery Applianceを使用したポリシーベースの全社的な保護により、データ損失のコストを最大47%削減し、重要なOracle Databaseのサイバー攻撃、不慮の停止、人的エラーからの保護を向上させます(Wikibonの分析を参照)。

    Swisscomの事例を見る(1:18)

2021年9月28日

Exadata Cloud@Customer X9Mのご紹介:最高のオンプレミス・データベース・クラウドがさらに進化しました

Bob Thome, Vice President of Product Management for Database Engineered Systems and Cloud Services, Oracle

「Exadata Cloud@Customer X9Mでは、パフォーマンスが最大87%向上し、より多くのワークロードを統合し、クラウドの自動化を活用して市場投入までの時間の短縮とコスト削減を実現できます。エラスティック・ストレージを使用することで、インフラストラクチャのサイジングが適正化され、不要なインフラストラクチャをなくすことにより最大45%のコスト削減が可能です。」

ここから始めよう


Oracle Expertに連絡する

Oracleエンジニアド・システムが重要なビジネス・ニーズを満たすためにどのように役立つかをお尋ねください。