該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

イノベーション・インサイト、運用、テクノロジとクラウド

Ashish Agarwal

Ashish Agarwal

SaaSは次のイノベーションの成功手段

SaaSは次のイノベーションの成功手段

 

事実#1: 公益事業は、ほとんどのビジネスと同様に、CISからMDM、さらにERPまで、複数のバックオフィスITシステムを必要としています。

事実#2: これらのITシステムは、通常、各公益事業の独自のビジネス・プロセスにあわせて必要なカスタマイズを実施しながらオンプレミスでデプロイされます。 それらのほとんどは7~10年ごとに交換され、各交換は1~3年続く可能性がある主要な内部プロジェクトです。そのため、ある時点では、公益事業のITスタッフのほぼ全員が、主要なバックオフィス・システムの交換を含めたミッションクリティカルなバックエンド・インフラストラクチャ・プロジェクトでの作業に費やされる可能性が非常に高くなります。

これらの事実の混乱:エネルギー産業は、高度に規制された市場であっても、破壊的なビジネス・モデルが顧客に直接販売されるようになり、新しい参入企業との競合に一段と直面しています。このように、公益事業は、ビジネスを守るためにイノベーションするという絶え間ない圧力の下にあります。そして、公益事業のIT部門は、これらのイノベーションを実現する上での大きな差別化要因です。

これらの事実の背景にある問題とその混乱: 現在、ITは異なる2つの方向に牽引されています。1つは、ミッションクリティカルなシステムを最新、安全、活発な状態に保ちながら、高い信頼性と予測可能性を維持する必要があることです。(これが事実#2です。)もう1つは、新しいビジネス・アイデアを証明するために迅速で機敏なイノベーションの必要性があることです。(これが混乱の原因です。)利用可能な時間と公益事業のマンパワーのみでは、2つの間に根本的な矛盾があります。結局は、コア・ビジネス・システムを稼働し続けることの必要性が、ほぼ常に優先されます。

この伝統的で戦術的な優先によって、多くの場合、公益事業はイノベーション・プロジェクトを外注化することになります。 その結果として、業界の多くのイノベーションは、公益事業自体の中ではなくスタートアップ・レベルで発生しています。

これらのスタートアップは通常、クラウド生まれで、無駄なく効率的にするためにクラウドベースのSaaSサービスを内部的に消費します(それに加えて、SaaSソフトウェアを開発し、それが公益事業によってデプロイされます)。

このすべてに対する根本的な疑問: 低予算の借入資本でスタートアップが可能な場合に、大規模な設備投資を伴う公益事業が組織的にイノベーションできないのはなぜですか。

その質問に対する回答: スタートアップのほぼすべてのリソースが、新しい製品やサービスの作成に直接貢献する生産的なリソースです。サポート・サービスのほとんどは社内的に自動化されているか、他のSAASベンダーから調達したSAASサービスで、生産的な作業を実行するために社内リソースを解放しています。(つまり、事実#2を担当することによる膠着がありません。)

ここに導くもの: つまり、公益事業はどのようにして社内的にイノベーションを誘発できますか。 余力を解放します。

方法既存のオンプレミス・システムの実行にかかる時間を最小限に抑えることで実現します。

通常、これはCOTSアプリケーションのカスタマイズを介して構成を選択し、(重要なビジネス差別化要因でないかぎり)特注のソフトウェアを最小化または排除することを意味します。

これにより、最小限のカスタマイズまたはカスタマイズなしで標準ソフトウェアがデプロイされることになります。

そして、カスタマイズされていない標準のソフトウェアをデプロイすることは、SaaSのスイート・スポットです。(実際、オンプレミス・デプロイメントのビジネス・ケースは、一部のニッチなケースを除くすべてのケースで一段と困難になっています。) したがって、新規および現在に対して重点的に取り組むために、SaaSにより、イノベーションへの回帰と余力の拡大が可能になります。SaaSによって、平均的な公益事業をそれ自体のスタートアップにできると言えなくもありません。SaaSソリューションへの移行は、すべてが連携して機能する多くの利点をもたらし、イノベーションの余地を生み出します。

要約: SaaSでは、次のようにして公益事業をスタートアップのように考えることができます。

  • 日常的な自動化: SaaSプロバイダは、ソフトウェア・スタック全体にわたる定期的なパッチの適用と新しいリリースのアップグレードを自動化することで、ITに費やされていた時間の大部分をイノベーション・プロジェクトに使用できます。(おまけ: 手作業によるソフトウェアの設定で見逃したセキュリティ・パッチやタイプ・ミスがあると、重大なセキュリティ侵害が発生するため、自動化によって、これらの問題の多くが回避されることにもなります。)
  • 最新の思考に追いつく: SaaSソフトウェアは、自動化要因によってテストおよびデプロイが比較的安価になるため、新しい機能を迅速に繰り返し追加することで、絶えず進化します。
  • 必要な投資への注視: ほとんどのSaaSソフトウェアは、使用する分のみを支払うことを意味する従量制です。過剰にプロビジョニングする必要はありません。ビジネス・ニーズに応じて、ハードウェア・リソースを簡単に拡大または縮小できます。過剰に構築したり過剰にプロビジョニングすることなく、オンデマンドの弾力性が確保されていることは、あらゆるクラウド製品の最大のセールス・ポイントの1つです。
  • 適材にとって魅力的: レガシーまたは私有のカスタム・ソフトウェアは、才能を追い払います。 レガシー・テクノロジを使用して保守および増強できる開発者を採用することは常に困難です。(実際に変更したり新しいことを学ぶ機会がほとんどない古いプロジェクトやサイロ化されたシステムでの作業は誰も希望しません。)SaaSは最新のソフトウェア・ツールとプラクティスを活用し、才能を引き付け、それによってイノベーションが推進されます。(おまけ: 革新的なプロジェクトはさらに多くの才能を引き寄せ、よりよいサイクルを生み出します。)

その事実と混乱の戦いの最終結果: SaaSは日常のバックオフィスITシステムを維持および運用しながら、同時に優れたITプラクティスを実施するという面倒な作業を取り除きます。また、立上げ余力が広がります。カスタマイズというよりも構成を選択するのみです。SaaSを利用してイノベーションを社内に取り戻します。

結論: スイッチを切り換えて、イノベーションではなく、インフラストラクチャの世話を外注化します。

SaaSは次のイノベーションの成功手段

 

大好きな新技術の夢(クラウド)を、次の漫画雑誌のスーパーヒーローにしてみました。(アベンジャーズで私たちは何も得られませんでした。)創刊号をお読みください :

詳細については、Oracle Utilities をクリックしてください

戻る特集サイト