該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Java SE 一般的なFAQ

Java Platform, Standard Editionに関する一般的なFAQのページでは、このテクノロジーに関してもっともよくある質問に対して簡潔に回答します。また、より詳しい情報に対するリンクを提供します。

概要

Oracle Java SE Subscription

 は、クラウドデプロイメント、サーバー、デスクトップでの利用向けに、ライセンスとサポートを提供します。提供されるバイナリは、無料の Java Platform, Standard Edition (Java SE) をベースとしており、Java SE 6 から最新リリースの Java SE 11 までの Java SE リリースをサポートします。

よくある質問

現在利用できるJavaテクノロジーのリリースを教えてください。

Java Platform, Standard Edition(Java SE)と、オラクルが提供する Java SE Subscription には、 Java Development Kit(JDK)とJava Runtime Environment(JRE)が含まれています。これらのソフトウェアの最新リリースと古いバージョンへのリンクについては、Java SEのダウンロード・ページを参照してください。

Java SE Subscriptionが提供するサポートについて教えてください。

Java SE Subscriptionは、受賞歴を誇るオラクルのサポート・プログラムに加えて次のサポートを提供します。

  • クラウドデプロイメント、サーバー、デスクトップ向けの Oracle Java SE ライセンスおよびサポート
  • オラクルが提供するパフォーマンス、安定性、セキュリティアップデートの入手
  • 過去に公式アップデート終了 (End of Public Update: EoPU) を迎えたバージョンの Oracle Java SE の入手
  • Oracle Java SE 8 と 7 で、企業向けの管理、モニタリング、デプロイメント機能
  • 27言語サポートし24時間いつでも問い合わせ可能な My Oracle Support と迅速な問題対応
  • 正式な修正リリース公開前にクリティカルなバグ修正の入手
  • シンプルな月額のサブスクリプション料金
  • My Oracle Support(MOS)を介した更新への直接アクセス

サポートされるJavaバージョンと提供されるサービス・レベルについて教えてください。

OTNで公開されているOracle Java SE サポート・ロードマップを参照してください。

Java SE Subscription の価格設定について教えてください。

Java SE Desktop Subscription は NUP (Named User Plus)、 Java SE Subscription は Processor 単位で設定されています。詳しくは、オラクルの担当者にお問い合わせください。詳しくは、 Java SE Subscription FAQ ページを参照して下さい。

Java は引き続き無料で利用できますか。

最新 Java バージョンの Java SE 11 は、オープンソースライセンスの下、 http://jdk.java.net/11/ にてオラクルから提供されます。Java SE 8 は、汎用のデスクトップおよびサーバーで変わらず無料で、 Oracle Binary Code License (BCL) の下、 https://www.oracle.com/javadownload にて提供されています。

JavaFX向けに個別のサポート契約が必要ですか。

いいえ。JavaFXはOracle Java SE Subscription の対象テクノロジーに含まれています。JDK 7u6では、JavaFXは標準のJDKバンドルとJREバンドルに含まれています。JDK 11およびそれ以降のバージョンで JavaFX は JDK に搭載されなくなり、他のベンダーからサードパーティライブラリとして提供されます。

サポートされるシステム構成

Oracle Java SE Subscription の各リリースでは、それぞれに対応するJava SEリリースと同じシステム構成がサポートされています。ユーザーの要件に基づいて、その他のサポートされるシステム構成が追加されます。サポートされる最新のシステム構成(オペレーティング・システムのバージョン、ハードウェア・プラットフォーム、デスクトップ・マネージャ、ブラウザを含む)については、次の情報を参照してください。

主要製品のライフ・サイクル期間

詳しくはオラクルのサポート・ポリシー

を参照してください。また、Oracle Java SE サポート・ロードマップも併せて参照してください。

バグや機能拡張要求(RFE)の登録方法を教えてください。

更新や改訂によってなんらかのリグレッションが発生した場合は、速やかにオラクルまでお知らせください。問題解決に向けてすぐさま作業を開始します。Oracle Oracle Java SE Subscription を利用しているお客様はMy Oracle Supportからバグを報告してください。

Java の命名規則について教えて下さい。

Java ブランドと名称の構成に関する方針は簡単で、「シンプルに!」です。以下の用語をまずご確認ください:

  • Java™ Platform, Standard Edition
  • Java™ Platform, Enterprise Edition
  • Java™ Platform, Micro Edition

より詳しい情報は、Java Naming ページを参照して下さい。

ライセンスに関する情報はどこで入手できますか。

JDK 11 より前の Java SE リリースは、バイナリ・コード・ライセンス(BCL)の下で利用可能であり、使用するために追加費用は発生しません。JDK 11より、オラクルは Oracle Java SE OTN ライセンス、もしくは GPL ライセンス(後述)によるJava SEバイナリの提供をはじめました。 Java SEの商用バイナリは同様の個別ライセンス条件に従って提供されています。製品のライセンスと条件、Read MeファイルなどについてはOracle Technology Networkを参照してください。 Java SE 9 よりオラクルは、 最新の Java SE バージョンを利用したい、長期サポートが必要ではない、というユーザー向けに、GNU General Public License (GPL) の下、 OpenJDK バイナリの提供をはじめました。

Java SEテクノロジーの製品チームにコメントを送信する方法を教えてください。

製品固有のコメントをフィードバックするには、 フォーラム やWebサイトをご利用ください。

Java SE ダウンロード

Java SE ダウンロードの最新版はこちら(USサイト)からダウンロードをお願いします。

2019年4月より前までにリリースされた Java SEソフトウエアには、 「Oracle Binary Code License Agreement for the Java SE Platform Products and JavaFX」が適用されます。日本語参考訳をご参照の上、ライセンス条項に同意できる方のみ、ダウンロードをご利用下さい。

Oracle JDK のライセンスに関する重要な変更

2019年4月16日のリリースより、Oracle JDKのライセンスが変更されました。

新しいライセンス、Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SE

は、これまで提供してきた過去のバージョンのJDKのライセンスと大きく異なります。新しいライセンスでは、個人での利用や開発での利用などには無償で使用できます。しかし、以前のOracle JDKライセンスで許可されていたその他の目的には使用できなくなっている可能性があります。これらの製品をダウンロード、使用する前にライセンスの内容を十分にご確認ください。 FAQも合わせてご確認下さい。

商用ライセンスおよびサポートは低コストのJava SE Subscriptionでご利用いただけます。

また、オラクルは jdk.java.net で最新のOpenJDKリリースをオープンソースの GPL ライセンスで提供しています。

Java SE ドキュメント

最新リリース、そして旧リリースも含めたJava SE 日本語ドキュメントはこちらからアクセスできます。 以下の情報は英語のみのご提供となります。あしからずご了承ください。

Java SE Documentation

Java Platform Standard Edition Documentation site で新機能、エンハンスメント、Javaチュートリアル、開発者ガイド、APIドキュメントなどの情報を提供しています。

製品ライセンスと使用条件 

README ファイル

  • Java SE とJavaFXの README ファイル (HTML)
  • Java SE/JavaFX /JRockitの THIRDPARTYLICENSEREADME ファイル (HTML)

README アーカイブ

リリースノート

データ収集についての情報

  • Java Runtime Environmentのインストールおよび自動更新時にオラクルが収集するデータについての情報 (HTMLPDF)

※ JavaFX ドキュメントのページは、こちら.

Java SEコミュニティの概要

JDK開発の透明性を高め、世界的な開発者コミュニティからの協力と早期フィードバックを得る機会を生み出すため、オラクルはCommunity Development Modelイニシアチブを開始しました。開発者は、次に示す手段からもコミュニティに参加できます。

Adopt a JSRプログラム

このプログラムの目的は、JUGメンバーや個人、その他の組織にJava Specification Request(JSR)への参加を促すことです。つまり、既存のJava標準や新しいJava標準に対する開発者の草の根レベルでの参加を増やすことが狙いです。

JavaFXコミュニティ

JavaFXの開発者コミュニティは、活気あふれる熱心なコミュニティです。この熱意は、オープンソースのメーリング・リストやOTNディスカッション・フォーラムだけでなく、JIRAのバグ追跡システムに関する活動からも明らかです。開発者からは多数のユーティリティやツールが提供されています。

ユーザー・グループ

Javaユーザー・グループのメンバーは定期的に会合を開き、技術的なアイディアや情報を交換しています。

Java Magazine 日本版

隔月に発行されるこのデジタルマガジンは、JavaテクノロジーやJavaプログラミング言語、Javaベースのアプリケーションに関する必須の情報源であり、これらの情報が欠かせない職業に就いている人々やそれを希望する人々向けに提供されています。

Java Developer Newsletter 日本版

Java Developer Newsletterは、Javaに取り組み始めたばかりの初心者から、日々の業務現場でJavaを使いこなすプロフェッショナル・エンジニアまで、Javaに関心のあるすべての方々を対象にしたメールマガジンです。 ぜひご登録ください

Twitter

コミュニティの最新情報を入手したり、意見を交わしたりするには、@javaをフォローしてください。

バグ・データベース

Javaテクノロジー・バグが蓄積されているこのデータベースでは、バグや機能改善要求(RFE)に関する情報を検索して表示したり、これらを登録、追跡したり、自分にとって重要な未解決のバグに投票したりできます。

ディスカッション・フォーラム

Javaテクノロジーのディスカッション・フォーラムは対話形式の掲示板であり、Javaテクノロジーやプログラミング・テクニックに関するアイディアや洞察を共有できます。

ブログ 

• The Java Source:オラクルのJavaチームによる内部情報

• Java Platform Group, Product Management Blog

• Java Oracle Blogs

:"java"タグの付いたOracleブログ・エントリには、Javaテクノロジーに関する幅広い意見や情報が含まれます。

JavaOne

JavaOneは最大級のJava開発者カンファレンスです。ここでは、最新Javaテクノロジーを習得し、技術知識を深め、参加している戦略立案者や開発者に直接質問できます。オラクルは、サンフランシスコでの中核的なJavaOneと各地域でのカンファレンスを含めて、毎年JavaOneを開催しています。予定されているイベントや開催場所について、詳しくはwww.oracle.com/javaone を参照してください。

Java開発者イベント

Java開発者イベントは、ハンズオン・ワークショップを含む丸1日の無料イベントであるOracle Technology Network Developer Dayや、職場や自宅から視聴できるWebキャストから世界各地でのカンファレンスまで多岐にわたります。

JVM Language Summit

JVM Language Summitは言語設計者やコンパイラ開発者、ツール作成者、ランタイム・エンジニア、VMアーキテクトによるオープンな共同技術イベントです。

お役立ち情報

Java Magazine 日本版

Java Magazine日本版は、米 国OTNで発行されているJava Magazineの抜粋翻訳版です。 Javaプログラミング言語、JavaベースのアプリケーションをはじめとするJava技術全般の最新トピックスをお届けします。

Embedded(組み込み系)Javaから、Enterprise Javaまで、今すぐ業務に役立つ、旬の情報が満載です。 2ヶ月に1回発行されます。

 最新号およびバックナンバーを読む

≪Java開発者向けメールマガジン≫ Java Developer Newsletter

Java Developer Newsletterは、エンタープライズJavaから、組み込みJavaまで、幅広いテーマでJavaの“旬”のトピックスをお届けします。Javaに取り組み始めたばかりの初心者から、日々の業務現場でJavaを使いこなすプロフェッショナル・エンジニアまで、Javaに関心のあるすべての方々を対象にしたメールマガジンです。Java Magazineの発刊に合わせて、2か月に1度配信されます。登録は無料。今すぐ、お申し込みください!

Java Developer Newsletterの詳細、登録方法はこちら

Java Developer Newsletterのバックナンバーはこちら

Java SE トレーニング

Java研修コース・認定資格

オラクル公式のJavaトレーニングコースおよび、Java認定資格についての最新情報はこちらをご覧下さい。

無料オンライン・セミナー

OTNでは、無料で視聴できるオンデマンドセミナー・シリーズを提供しています。 いつでも好きな時間にオラクルの製品や技術について学んでいただける、オンデマンド・コンテンツは、 「自分のペースで学習したい 」「日中のセミナーになかなか参加できない」といった方にお勧めです。スマートフォンでの視聴も可能です。通勤時間の有効活用や、日々の学習にお役立てください。また、リアルイベントのセッション資料も公開されていますのであわせてご参考ください。

OTNセミナー オンデマンド Javaコース