申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Java SE Subscriptionについてのよくある質問

すべて開く すべて閉じる

    Java SE Subscription

  • Java SE Subscriptionとは何ですか。Java SE Subscriptionでは何を利用できますか。

    Java SE Subscriptionは、デスクトップ、サーバー、またはクラウド・デプロイメントで使用するためのJava SEライセンスとサポートを含む、シンプルかつ低コストの月単位のサブスクリプションです。これは、Linuxディストリビューションで一般的に使用されるモデルに従っています。 このサブスクリプションでは、オラクルから直接提供される、Java SEのテストおよび認定されたパフォーマンス、安定性、セキュリティ・アップデートを利用できます。 また、My Oracle Support(MOS)への24時間365日のアクセス、27言語でのサポート、Java SE 8デスクトップの管理、監視、デプロイメント機能なども利用できます。詳細については、Java SE Subscriptionを参照してください

  • Java SE Subscriptionにはどれくらいコストがかかりますか。

    デスクトップでの料金は、ユーザーあたり2.50ドル/月です。段階的なボリューム・ディスカウントの場合はそれより安くなります。サーバーやクラウド・デプロイメントで使用する場合のプロセッサ料金は、25.00ドル/月以下です。詳細については、Oracle Java SE Subscription価格表(PDF)を参照してください。

  • Java SE Subscriptionの期間はどのくらいですか。

    標準期間は1年です。 他のオプションについては、営業担当者にお問い合わせください

  • Java SE Subscriptionでサポート・アップデートを入手するにはどうすればよいですか。

    包括的なJava SE SupportはJava SE Subscriptionの中心であり、My Oracle Support(MOS)で提供されます

  • Java SE Advancedで利用可能できた「Java SE商用機能」を、Java SE Subscriptionで引き続き使用することはできますか。

    Java SE Subscriptionでは、Java SE 8および関連する他のバージョンの「Java SE商用機能」を使用でき、そのサポートが含まれています。ライセンスの詳細は、Java SEドキュメント・ページを参照してください
    現在Java SE Advancedライセンシーをお持ちの方向けのJava SE Subscriptionサービスの詳細については、このよくある質問の後方にある「現在Java SE Advancedライセンスをお持ちの方」セクションを参照してください。

  • サブスクリプションを更新しない場合はどうなりますか。

    Java SE Subscriptionが終了すると、サブスクリプションに基づいてダウンロードされた商用ソフトウェアに対する権利と、Oracle Premier Supportへのアクセスが終了します。 サブスクリプションを継続する予定がない場合は、サブスクリプションの終了前にJava SEアプリケーションをOracleのOpenJDKバイナリ(GPLライセンスを利用)に移行することをお勧めします。 これにより、中断なくアプリケーションを実行し続けることができます。

  • サブスクリプションは、Java SE AdvancedなどのOracleの従来の永続ライセンス製品とどのように異なりますか。

    永続ライセンス・ソフトウェアには、初期費用に加えて、追加の年間サポートおよびメンテナンス料金がかかります。 サブスクリプションでは、ライセンス、 アップデート、アップグレード、サポートが1つの料金で提供されます。 必要なものに対して、必要な期間のみ料金が発生します。詳細については、前の質問「サブスクリプションを更新しない場合はどうなりますか」も参照してください。

  • Java SE Subscriptionにサインアップした場合、6か月のリリースペースの影響をどのように受けますか。

    常に最新のリリースを導入することもできますが、Java SE Subscriptionでは、本番アプリケーションをいつどのように新しいリリースに移行するかをコントロールできます。Java SE Subscriptionを使用すると、LTSリリースのアップデートを使用できるため、特定のLTSリリースバージョンを最大8年間維持できます。 組織は、ワークロードを開発環境から本番環境に移動するときに、いつでもサブスクリプションに簡単にアドオンできます。 Java SE Subscriptionでは、あらゆる規模の企業にJava SEの長期的なサポートとコントロールが提供されます。 また、Java SE 8デスクトップ管理商用機能にも継続的にアクセスできます。

  • Java SE Subscriptionのシステム要件と認定の構成を教えてください。

    Java SE Subscriptionのシステム要件と認定の構成については、Java SEドキュメントサイトを参照してください

  • Java SE Subscriptionユーザーの場合、バグや機能拡張要求(RFE)を報告できますか。

    はい、My Oracle Supportを使用してください。ウィザードの手順に従うと、製品情報を指定し、構成情報をサービス要求(SR)に添付することができます。

  • Java SE Subscriptionに関するフィードバックや質問はどこに送信しますか。

    お客様の場合は、My Oracle Supportを使用してください。お客様ではない方がJava SEに関連する技術的なフィードバックをお持ちの場合は、https://java.com/reportにアクセスしてください。販売、サポート、製品、ライセンスに関するその他すべてのお問い合わせは、https://www.oracle.com/corporate/contact/global.htmlまでご連絡ください

  • エンタープライズ・アプリケーションの一部としてJavaFX、Java Web Start、またはAppletを使用している場合、Java SE Subscriptionによってどのような影響を受けますか。

    Java SE Subscriptionには、 Oracle Java SE Supportロードマップで説明されているOracle Premier Supportタイムラインを通じたJava SE 8でのJavaFXのサポートが含まれています。 詳細については、The Future of JavaFX and Other Java Client Roadmap Updatesを参照してください。

    Java SE 8は、デスクトップ・デプロイメント(Java Web Startやスタンドアロン・システムJREなど)を対象とした最新のJava SEリリースです。Java SE 8は、2019年1月に公開アップデートが終了しました。商用ユーザーは、他のテクノロジーに移行するか、Java SE Subscriptionを購入する必要があります。オラクルは、Java Web Startテクノロジーを含め、少なくとも2030年までJava SE 8の商用サポートを提供する予定です。

    Java Appletは非推奨になり、いつでも削除される可能性があります。  詳細については、Java Client Roadmap Update - Oracle White Paper(PDF)を参照してください。

  • コンテナ・プラットフォーム(Dockerなど)またはクラウド・デプロイメント環境を使用してアプリケーションを実行している場合、Java SE Subscriptionの影響をどのように受けますか。

    Java SE Subscriptionは、ユーザー(デスクトップ)またはプロセッサ(サーバーやクラウド)単位でご利用いただけます。基盤となるアプリケーション・アーキテクチャとデプロイメント・モデルは、料金には影響を与えません。

  • ISVの場合や、再配布のためにJavaをハードウェアに埋め込んでいて、製品にJava SEを含める場合はどうなりますか。

    Java SEをデバイスまたはアプリケーションに埋め込んだり、永続ライセンスで「シュリンクラップ」ソフトウェアを配布したりする場合は、「バイナリライセンスおよび再配布契約」に基づくISV製品の詳細について営業担当者にお問い合わせください。一方、Javaで実行されているがJavaが埋め込まれていないホスト型アプリケーションを提供している場合は、Java SE Subscriptionで十分な可能性があります。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

    現在のJava SE Advanced/Java SE Suiteユーザー

  • 既存のJava SE Advanced/Java SE Suiteライセンスはどうなりますか。

    Java SE Advanced、Java SE Advanced Desktop、Java SE Suiteのライセンスと関連するサポートは、通常どおり継続されます。既存のライセンスをお持ちの方の場合、この新製品の提供に関連して必要な作業は特にありません。ビジネスが成長しているため、現在のデスクトップ、サーバー/クラウドのライセンスの拡張をご希望の場合は、営業担当者にお問い合わせください

  • Java SE SubscriptionとJava SE Advanced/Java SE Suiteにはどのような違いがありますか。

    Java SE Subscriptionは、Java SEデスクトップ、サーバー、クラウドのニーズに対応する月単位のライセンスおよびサポート・ソリューションです。Java SE Advancedと同じ機能を備えていますが、より便利な機能も備えています。これにより、Java SEアプリケーションのアップグレードとアップデートを管理する方法とタイミングがより柔軟になります。

    OpenJDKユーザーやOracle JDK BCLユーザー

  • すでにオラクルによるOpenJDKバイナリや、BCLライセンス下でOracle JDKを使用しています。Java SE Subscriptionでは、OpenJDKまたはOracle JDKにより提供されていないものを利用できますか。

    オラクルでは、GPL下でOpenJDKビルドを提供しており、Oracle JDKとの互換性確保に取り組んできました。 これらのOpenJDKビルドは、6か月のペースで提供され、四半期ごとのセキュリティ更新がスケジュールされており、開発者を対象としています。本番アプリケーションを移行する際の柔軟性を高めようと考えている組織は、Java SE Subscriptionの恩恵を受けることができます。このサブスクリプションでは、現在のバージョンと以前の多くのバージョンに対する長期的なサポートとツールが提供されます。 

    Java SE Subscriptionでは、業界のコンプライアンス要件とビジネスニーズを満たすJava SEバージョンを選択できます。 Java SE Subscriptionでは、オンラインのMy Oracle Support(MOS)と電話によるサポートをご利用いただけます。Java SE 7、8、11などのパフォーマンス、安定性、セキュリティ更新プログラムに直接アクセスできます。

    Java SE 8は、Web Startを介したブラウザ・デプロイメントを対象としたJavaの最新のメジャー・リリースです。新しいJava SEバージョンは、JREがアプリケーションにバンドルされていて、アプリケーションと共に配布されているアプリケーションの最新のパッケージ化とデプロイメント手法に従う必要があります。 

    Java SE Subscriptionでは、デスクトップでのJava SEの管理を簡素化するJava SE 8デスクトップ管理商用機能への長期アクセスが提供されます。

  • オラクルによるOpenJDKビルドを使用していますが(または、Oracle JDKビルドはすでに無料ですが)、Java SE Subscriptionによりどのような影響を受けますか。

    Java SE Subscriptionは、OpenJDKまたはOracle JDKの使用にまったく影響を与えません。そのままご利用ください。

    その他のオラクル製品

  • Oracle Java SEランタイムに依存する別のオラクル製品を使用している場合、Java SE Subscriptionによりどのような影響を受けますか。

    Java SEを必要とするオラクル製品をご利用の場合、そのオラクル製品でOracle Java SEランタイムを使用するためのライセンスがすでに付与されていますが、実行のみを目的としています。オラクルによってライセンスが付与されていない製品を実行するためにOracle Java SEランタイムを使用する必要がある場合、Java SE Subscriptionによってライセンスとサポートが提供されます。詳細については、My.Oracle.Supportノート1557737.1 -(Support Entitlement for Java SE When Used As Part of Another Oracle Product – Supportへのログインが必要)を参照してください。