申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Java SEライセンスに関するFAQ

:このFAQのいずれかの部分に記載されている内容と、Oracleソフトウェアを受け取る際のライセンスに記載されている内容との間で不一致がある場合、後者のほうが正しいと見なされます。このFAQは、2019年4月16日以降のOracle Java SEリリースに関するものであり、2021年9月14日からOracle Java 17以降で利用できる、新しいOracle No-Fee Terms and Conditionsライセンスを反映するように更新されました。

    よくある質問

    すべて開く すべて閉じる
  • 現在利用可能なOracle Java SEリリースのライセンスにはどのようなものがありますか。
    Oracle JDKおよびOracle OpenJDK LTSライセンスガイド
    Javaバージョン リリース ライセンス
    Java 17 Oracle JDK、少なくとも2024年9月までのリリース Oracle No-Fee Terms and Conditionsライセンス(すべてのユーザー向け)
    Oracle OpenJDK、2022年1月までのリリース GPLv2+CPE(すべてのユーザー向け)
    Java 11 Oracle JDK、すべてのリリース My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)およびOracle Technology Network License Agreement for Java SE(個人ユーザー、開発ユーザー、およびその他のユーザーのみ)。
    Java 8 Oracle JDK 8u211、2019年4月以降 My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)およびOracle Technology Network License Agreement for Java SE(個人ユーザー、開発ユーザー、およびその他のユーザーのみ)。
    Java 7 Oracle JDK 7u85、2015年7月以降 My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)
  • 現在サポートされているオラクル提供のすべてのJava SEバージョンは、どのようなライセンス(過去/現在)の下で提供されている/提供されたのですか。
    Oracle JDKおよびOracle OpenJDK LTSライセンスガイド
    Javaバージョン リリース ライセンス
    Java 17 Oracle JDK、少なくとも2024年9月までのリリース Oracle No-Fee Terms and Conditionsライセンス(すべてのユーザー向け)
    Oracle OpenJDK、2022年1月までのリリース GPLv2+CPE(すべてのユーザー向け)
    Java 11 Oracle JDK、すべてのリリース My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)およびOracle Technology Network License Agreement for Java SE(個人ユーザー、開発ユーザー、およびその他のユーザーのみ)。
    Oracle OpenJDK、2019年1月以前のリリース GPLv2+CPE(すべてのユーザー向け)
    Java 8 Oracle JDK 8u202、2019年1月以前 Oracle Binary Code License for Java SE
    Oracle JDK 8u211、2019年4月以降 My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)およびOracle Technology Network License Agreement for Java SE(個人ユーザー、開発ユーザー、およびその他のユーザーのみ)。
    Java 7 Oracle JDK 7u80、2015年4月以前 Oracle Binary Code License for Java SE
    Oracle JDK 7u85、2015年7月以降 My Oracle Support(オラクル・カスタマーのみ)
  • 新しい「Oracle No-Fee Terms and Conditions」ライセンス(NFTC)とは何ですか。

    NFTCは、Oracle JDK 17以降のリリースに対するライセンスです。ライセンスの条件に従うことを条件として、商用および本番環境での使用も含め、すべてのユーザーが無償で使用できます。クリックスルー・ライセンスがないため、ダウンロードの自動化がこれまでになく簡単になりました。

  • オラクルはこの先どのくらいの期間、NFTCを使用するのですか。その後はどうなりますか。

    オラクルはNFTCをJDK 17以降のリリースに対して使用する予定です。JDK 17などのLTSリリースについては、後続のLTSのリリース後1年間、このライセンスの下でアップデートが提供されます。無償使用ライセンスの期間が過ぎると、以降のアップデートでは、現在Java 8および11 LTSリリースで使用されているものと同じOTNライセンスを使用します。JDK 18などの非LTSリリースについては、予定されている6か月のサポート期間全体にわたってNFTCの下で提供されます。

  • 「NFTC」にはどのような制限がありますか。

    NFTCは、ライセンスの条件に従うことを条件として、商用および本番環境での使用を含め、すべてのユーザーに使用を許可するものです。有償でない限り、再配布は許可されます。Java Management Service、Advanced Management Console、GraalVM Enterpriseなどの個別にダウンロードおよび個別にライセンスされたJava SE Subscription機能は、NFTCの下では使用できず、個別に、またはJava SE Subscriptionによってライセンスが付与されます。

  • Javaの無償利用はこれまでどのような経緯があるのですか。

    オラクルは約15年間にわたってOpenJDKオープンソース・コミュニティを管理し、最新リリースに対して安定性、パフォーマンス、セキュリティ更新プログラムを提供しています。これには、1年以上前に予定されるパッチアップデート、必要に応じて提供される追加のアップデート、リリースペースに基づいて毎年2回リリースされる機能アップデート(重要なパッチアップデートも含む)が含まれます。オラクルのコントリビューションは、オープンソースとして誰でも移植、分析、使用できます。jdk.java.netから、オープン・ソース・ライセンスの下、オラクルが提供するJavaの最新のOpenJDKリリースを無償でダウンロードできます。Oracle JDK 8およびOracle JDK 11は、個人、開発、およびその他の用途の場合は無償で使用できます。

    Oracle JDK 17以降のリリースは、すべてのユーザーがOracle No-Fee Terms and Conditionsライセンスの下で使用できます。

  • 特にJava SE 8について教えてください。

    Oracle Java SE 8アップデート(Java Web Startを含むOracle JREも範囲に含まれる)は、OTN License Agreement for Java SEの下、引き続き個人的な使用、開発、テスト、プロトタイピング、デモンストレーション、および本FAQで説明しているその他の重要な用途では無償で使用できます。個人ユーザーは、引き続きOracle Java SE 8 JREをjava.comからダウンロードできます。

  • Javaを使用したOracle Cloud Infrastructure(OCI)を利用しています。この場合、Oracle Javaは無償ですか。

    OCIのお客様は、Oracle PaaSおよびIaaSユニバーサル・クレジットとサービスの説明に従って、Oracle Java SE製品を使用する権利があります。

  • Javaを使用したOracle製品を利用しています。この場合、Oracle Javaは無償ですか。

    Javaが含まれているOracle製品のサポートを受ける権利を現在お持ちのお客様は、引き続きそのOracle製品で使用するOracle Java SEアップデートに無償でアクセスできます。詳細については、こちらのMy Oracle Support(MOS)ドキュメント(Oracle Supportへのログインが必要)をご覧ください。

  • Binary Code License for Java SE(「BCL」)とは何ですか。

    BCLライセンスの下でライセンスが付与されているバージョンは、2019年4月16日より前にリリースされたOracle Java SEバージョン(アップデートを含む)だけであり、このライセンスは新しいリリースでは使用されなくなりました。

  • BCLなどの以前のライセンスの下でダウンロードしたOracle Java SEリリースについてはどうなりますか。

    ダウンロードした際のライセンスの条件に基づいて、ダウンロードしたリリースを引き続き使用できます。過去のリリースは引き続きJavaアーカイブで入手できます。JREとJDKの以前のバージョンは、開発者が以前のシステムの問題をデバッグできるようにするために提供されています。これらは、最新のセキュリティパッチで更新されていないため、本番環境での使用は推奨されていません。最新のパフォーマンス、安定性、セキュリティ更新プログラムが適用された最新バージョンのJavaを常に使用することを強くお勧めします。

  • Oracle JRE 8の自動更新を引き続き使用できますか。
    WindowsまたはmacOSでOracle JRE 8のアップデートを利用している場合、OTNライセンスで許可されている用途のいずれかであれば(「Oracle Java SE、Java 8、およびJava SE 11のアップデートはどのような用途の場合に無償ですか。」という質問を参照)、以前と同様にアップデートが引き続き提供されます。オラクルは、OTNライセンスの下で自動更新サービスを終了する予定の場合、Java SE Supportロードマップページで少なくとも18か月前に通知します。
  • Oracle Java SE、Java 8、およびJava SE 11のアップデートはどのような用途の場合に無償ですか。
    詳細な情報と条件については、OTN License Agreement for Java SEを参照してください。現在のOracle Java SEリリースに対するOTN License Agreement for Java SEでは、それらのリリースを無償で使用することを許可しています。

    (i)    ゲームのプレイやその他の個人用アプリケーションの実行などの目的で、デスクトップパソコンやノートパソコンでの個人的に使用する場合。
    (ii)    アプリケーションの開発、テスト、プロトタイピング、およびデモンストレーションの場合(プロファイラ、デバッガ、および統合開発環境ツールによる使用も含む)。
    (iii)    Oracle SQL Developerなどの承認された製品で使用する場合、または承認された製品によって作成されたソフトウェア・アプリケーションのエンドユーザーとして使用する場合(OTN License Agreement for Java SEの「Schedule A」および「Schedule B」製品を表す)。
    (iv)    特定のOracle Cloud Infrastructure製品で使用する場合。

  • 他の用途でOracle Java SEライセンスを取得するにはどうすればよいですか。
    商用ライセンスとサポートを含むOracle Java SE Subscriptionを、Oracleストアから、デスクトップユーザーあたり300円/月で入手できます。ボリューム・ディスカウントや大量購入の場合は、Oracle Salesにお問い合わせください。
  • OTNライセンスで個人的な使用と見なされるものについて詳しく説明してください。
    個人的な使用とは、ゲームのプレイやその他の個人用アプリケーションの実行などの目的で、デスクトップパソコンやノートパソコンでJavaを使用する場合です。ビジネスの業務の一環としてデスクトップパソコンやノートパソコンでJavaを使用している場合、それは個人的な使用ではありません。たとえば、宿題や個人の所得申告を自分でするためにJavaの仕事効率化アプリケーションを使用することは可能ですが、企業の会計業務でそのアプリケーションを使用することはできません。
  • OTNライセンスで承認された「Schedule A」および「Schedule B」製品での使用について詳しく説明してください。

    用途を問わず、Oracle Java SEで「Schedule A」製品を実行できる場合があります。

    また、用途を問わず、「Schedule B」を使用して開発されたソフトウェア・アプリケーションを実行できる場合もあります。たとえば、Oracle Formsのライセンシーである保険会社から、Oracle Formsを使用して開発した「保険金請求」アプリケーションを提供された場合、Oracle Java SEを使用してそのアプリケーションを実行できます。使用しているソフトウェア・アプリケーションが条件を満たしているかどうかわからない場合は、アプリケーション・ベンダーに問い合わせてください。

    アプリケーションをサードパーティに提供する「Schedule B」製品のお客様には、アプリケーションでJavaを使用する権利に関するガイダンスをユーザーに示すことをお勧めします。

    Javaを含む「Schedule B」製品を使用しているオラクル・カスタマーは、「Schedule B」製品に対する商用ライセンスを維持する必要があることに注意してください。詳細については、「Javaを使用したOracle製品を利用しています。この場合、Oracle Javaは無償ですか。」の質問をご覧ください。

  • OTNライセンスのSchedule Aに自分の製品を追加できますか。
    いいえ。オラクルはOTNで利用可能なJava SEとは別に、ISV向けに商用のOracle Java SE Subscriptionを提供しています。詳細については、Oracle Salesにお問い合わせください。
  • アプリケーション・ベンダーからライセンスを取得したアプリケーションにOracle JDKが含まれている場合はどうなりますか。
    Oracle JDKは、その高い品質、互換性、信頼性、事前に周知される予測可能なリリーススケジュールが評判になり、大多数のJava開発者が好んで使うランタイムとなっています。したがって、オラクル以外の多くのサードパーティのソフトウェアベンダーが、Oracle JDKのソフトウェアを開発、テスト、認定しており、アプリケーションを実行するためにそれを使用することを推奨しています。アプリケーション・ベンダーは、オラクルとISV契約を結び、アプリケーション・ベンダーの製品を実行するためのJavaアップデートをユーザーに提供している場合があります。この場合、ユーザーはアプリケーションを実行しているJavaのために別のライセンスをオラクルから入手する必要ありません。アプリケーション・ベンダーがアプリケーションとともにJavaを配布する許可を受けているかどうかを判断するには、アプリケーション・ベンダーに問い合わせてください。