OS管理ハブ

Oracle Linuxシステムの管理の統合と簡素化

オペレーティング・システムに最新の更新があることを確認し、ポリシーとスケジュールで更新ライフサイクルをカスタマイズし、Oracle OS Management Hubを使用して単一のコンソールからOracle Linuxエコシステムを表示します。マネージド・サービスを使用して、開発、テスト、本番などの複数の環境にわたって更新を適用します。OS管理ハブは、Oracle Linux Supportサブスクリプションに含まれています。

Oracle Linux、仮想化などのトレーニング

Oracle Linuxトレーニング・ステーションには、Oracle Linux、Oracle Linux Automation Manager、Oracle VM VirtualBoxなどに関する複数のトラックが含まれています。何百もの短いビデオ・デモとガイド付き演習を表示します。

OS管理ハブでLinuxの監視と管理をスケール・アップ

IT管理の削減

オペレーティング・システムの更新を一元化

Oracle OS Management Hubは、Oracle Linux環境で使用可能な更新を大規模に監視します。単一のビューから、環境全体に対する更新を制御できるため、より効率的です。

システムをセキュアに維持

厳選された、検証済みの更新を適用

Oracle Linuxは、Oracleテクノロジーおよびアプリケーション用の堅牢で信頼性が高くセキュアなプラットフォームを確保するために、厳選および検証された更新を提供します。Oracle OS Management Hubでは、スクリプトを手動で作成するのではなく、環境全体の更新を簡単に自動化できます。

管理のカスタマイズ

更新ライフサイクルを制御する

ポリシーおよびスケジュールを使用して更新ライフサイクルを制御およびカスタマイズし、開発やテストから本番まで、制御されたステージを介して更新をデプロイできます。

オラクルの専門性

マネージド・サービスの利点を活用

Oracle OS Management Hubは、24時間365日のサポート、高可用性および信頼性の向上を提供するマネージド・サービスです。Oracleエキスパートがサービス・インフラストラクチャを管理し、システムを管理できます。

付加価値: Oracle Linuxサブスクリプションに付属

Oracle OS Management Hubは、Oracle Linuxサポート・サブスクリプションの一部として含まれており、セキュリティをさらに強化してOracle Linuxを実行できます。

OS Management HubのFAQ

すべて開く すべて閉じる
    • Oracle OS Management Hubはどのように提供されますか。

      オンプレミス向けのOracle Linux Supportのライセンス(BasicまたはPremierサブスクリプション・レベル)をご利用をお客様は、Oracle OS Management Hubをご利用いただけます。詳細は、アカウント・チームにお問い合せください。

    • 顧客はOracle Linux ManagerとOracle OS Management Hubの両方を実行できますか?

      はい。Oracle Linux Managerサーバーと OS Management Hubサービスの両方を同時に実行できます。ただし、お客様は両方のソリューションで同じシステムを同時に管理すべきではありません。お客様がOracle Linux ManagerとOS Management Hubの両方を実行するのは、管理対象システムをOracle Linux ManagerからOS Management Hubに移行する間の短い移行期間だけであることが想定されます。

    • Oracle OS Management HubでサポートされるOracle Linuxのバージョンを教えてください。

      Oracle Linuxリリース7、8および9がサポートされています。

OS Management Hubを使い始める

ドキュメント

Oracle OS Management Hubの詳細をご覧ください。

トレーニング

OS Management Hubのトレーニング・トラックをご利用いただけます。

無料ダウンロード

Oracle Linuxは無料でダウンロードして配布できます。

お問い合わせ

当社の製品エキスパートにご相談ください。