サプライチェーンの可視化(SCV):はじめに

Cara Clinton Vollmer |コンテンツ・ストラテジスト| 2023年12月20日

サプライチェーンの可視化(SCV)はシンプルな概念です。企業は、製品やサービスが供給元やサプライヤーから、製造および最終消費者へと移動する過程を詳細に把握する必要があります。しかし、そうした透明性を確保することは、想像以上に困難です。かつてはよりシンプルなエンドツーエンドのモデルに従っていたサプライチェーンは、原材料サプライヤー、製品パートナー、ロジスティクス・プロバイダー、地域の契約労働者などを含む複雑なグローバル・ネットワークへと進化しました。相互依存する関連プロセスはすべて、完成品の製造、保管、販売、配送に使用されるテクノロジーによって管理されています。

SCVを使用することで、企業はこうしたテクノロジーをすべて連携し、サプライチェーン・ネットワークのあらゆるポイントからのデータに迅速にアクセスすることができます。その結果実現する可視化により、サプライチェーンのプロフェッショナルは、原材料の不足、メーカーの不具合、在庫不足、出荷の遅れなどの潜在的な問題を迅速に検知し、対応することができます。

サプライチェーンとは

サプライチェーンとは、企業が商品をA地点からB地点に移動させるための人、リソース、プロセス、テクノロジーのネットワークです。

サプライチェーンは2つの部分に分けることができます。

  • アップストリーム活動とは、調達、特に原材料の調達、支払い、受け取りを行うプロセスを指します。
  • ダウンストリーム活動とは、原材料を最終製品に変換し(製造)、その製品を保管し(在庫)、流通させる(ロジスティクス)プロセスを指します。

今日のサプライチェーンは直線的なものではありませんそこで活動するすべての関係者が24時間オンラインでアクセスできる複雑なネットワークの集合体なのです。また、顧客が店舗やモバイル・アプリを介して、フロントエンドでアクセスすることも可能です。一般的なサプライチェーンは、製品の設計、原材料や部品の調達、需要予測、選択したセールス・チャネルへの供給手配、注文プロセス全体にわたるカスタマーサポート・チャネルの提供などの機能を網羅します。

このような複雑性がもたらした、サプライチェーン内の活動を追跡および予測するために使用できるデータ・ソースは、これまで以上に増えています。これには、サプライチェーンとビジネス全体から得られる内部データ、サプライヤー、パートナー、顧客、さらには競合他社から得られるセカンドパーティーの外部データ、サプライチェーン運用に影響を与えうる信頼できるサードパーティーの経済、政治、環境に関するデータが含まれます。

サプライチェーンの可視化とは

サプライチェーンの可視化により、企業は最初の原材料調達から顧客の手元に届くまでの製品の複雑な動きを詳細に把握することができ、その結果、より適切な管理が可能になります。このような可視性は、サプライチェーンの運用に使用されるテクノロジーから生み出される膨大なデータにより実現します。企業はそのデータを効果的に連携かつ管理することでSCVを獲得し、サプライチェーンにおける問題の検出(または予測)、運用パフォーマンスの最適化、より効果的な計画が可能になります。

たとえば、サプライヤーからのリード・タイムが延びれば、製造に遅れが生じる可能性があります。人手不足が原因で出荷が遅延する可能性もあります。現地の銀行が休業日であれば、ベンダーの支払いが滞ることにもなりかねません。また、機械のメンテナンスが必要な場合、生産が停止することもあります。このような事態に関するデータの多くは、すでに既存の情報システムに存在している可能性があります。輸送管理システムはロジスティクス・データを、データウェアハウス管理システムは在庫データを、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)システムは財務および生産データを、顧客関係管理(CRM)システムは顧客およびセールス・データを追跡します。

最も効果的なサプライチェーンは、天候パターン、市場シグナル、パートナーや競合他社のデータなどの外部データだけでなく、これらの情報をすべて結び付け、ビジネス・ユーザーが簡単にアクセスできるようにしています。。また、大量のデータを分析し、トレンドや問題を明らかにすることで、サプライチェーン・チームが「なぜ商品が遅れるのか」、「どの程度遅れるのか」、「顧客への影響は」といった重要な質問に答られるようにします。

サプライチェーンのあらゆる部分を効果的に管理するために必要となる可視化により、企業は生産性、収益性、顧客満足度を向上させる運用効率を高めることができます。

主なポイント

  • 企業は、製品がサプライヤーから消費者へと移動する過程で社内外のデータを収集および分析することにより、サプライチェーンの可視化を実現します。
  • SCVでは、データ、テクノロジー、プロセスを組み合わせて使用します。データは倉庫の棚の空きスペースを検出するセンサーを含むモノのインターネット(IoT)などのテクノロジーを使用して収集されます。
  • SCVは、サプライチェーンのリーダーがサプライチェーンのリスク軽減、規制遵守、コスト削減、製品品質の向上、定時搬送を実現するタイミングと方法を特定できるよう支援します。
  • SCVの主なトレンドには、IoTセンサーの使用の増加、高度な自動化、予測分析および処方的分析などがあります。

サプライチェーンの可視化に関する説明

サプライチェーンの可視化とは、サプライヤーから消費者まで移動する製品を詳細に把握する企業の機能のことです。この可視性は、以下の方法により実現されます。

  • データ収集:データは、ERP、輸送管理、在庫管理、CRMシステムなどの内部ソース、サプライヤ・データ、気象パターン、カスタマー・レビュー、経済動向などの外部ソース、無線周波数識別(RFID)タグ、トラックのGPSデバイス、IoTセンサーなどのテクノロジから収集されます。
  • データの保管と分析:収集されたすべてのデータは、処理および分析が可能なデータ・レポジトリまたは管理システムに保管されます:高度なサプライチェーン分析は、企業による収益推進要因の発見、コストの把握、需要動向の特定、受注処理と配送パフォーマンスの評価、サプライヤーのリスク管理、経済、社会、環境トレンドのビジネスへの影響評価を支援できます。
  • データの表示と共有:サプライチェーンのプロフェッショナルは、リアルタイムのダッシュボードやオンデマンドのレポートを用いて、特定のビジネス・トピックやユースケースを調査することができます。たとえば、契約期限切れの調達契約の確認や、手持ち在庫の評価、納期通りに出荷された製品注文の割合の把握などが可能です。

これらの要素を結びつけることで、ビジネスはサプライチェーンがいかに効率的に運営されているかについて全体像を把握することができます。

SCVのサポートに必要なテクノロジーは急速に進化しています。IoTセンサーは、接続されたデバイスからデータを取得することで、倉庫の温度記録、機器の故障検出、輸送中の製品のモニターを行います。人工知能(AI)は、大量のデータからパターンを検出し、サプライチェーン・チームによる特定の製品の需要変動や、近い将来に起こり得る需給変化の予測を支援するために使用できますAIによる分析と機械学習は、コストのかかる中断(機械が故障する可能性がある場合など)を予測し、サプライチェーンの改善を推奨することで、問題が発生する前に対処することを支援します。

サプライチェーンの可視化が重要な理由

IDCの2022年のサプライチェーン調査では、回答者の80%が、サプライチェーンの可視化を強化させるためのプロジェクトが進行中であると回答しました。その理由は、

グローバル・サプライチェーンは絶えず変化しています。新しいテクノロジー、不安定な市場、不安定な地政学、進化する業界規制は、どれも変化を推進しており、企業によるサプライチェーン管理と成長に備えた計画を困難にしています。実際、IDCは2021年に、需要予測計画(製品の需要を予測し、それに対応する機能を最適化するプロセス)に関する問い合わせを、それまでの年で最も多く受け付けました。これらの問い合わせは、2022年に安定したペースで続きました。

サプライチェーンの可視化により、マネージャーは課題が発生したときにそれを察知し、迅速に対応することができます。たとえば、サプライチェーン・マネージャーは、需要や商品の流れに大きな変化があった場合にアラートを受け取ることができるため、迅速に対応して需給のバランスを取ることができます。SCVはまた、サプライチェーン・チームが以下を達成することも支援します。

  • 最も信頼できるサプライヤーを特定して、工場の稼働を維持
  • コスト削減の機会や運用上のボトルネックの把握
  • 車両の運転動向をモニターし、燃費の良い運転習慣を推進
  • 工場全体にわたり進行中の作業をモニターし、製品の品質を最大限に向上
  • セールス・ファネルを可視化し、サプライチェーン計画を改善

これらの機能はすべて、急速に変化する市場における組織の競争を支援します。

サプライチェーンの可視性の仕組み

メーカーは、リアルタイムで活動の追跡を支援するデータ、テクノロジー、およびプロセスを組み合わせることで、サプライチェーンの可視化を実現できます。つまり、サプライチェーンのアップストリームとダウンストリーム部分である、調達、プランニング、在庫、およびフルフィルメント・システムのデータを、ERPおよびCRMシステムを含む組織全体にわたり統合します。ビジネスでは、市場のインサイト、規制の変更、天候パターンなどの外部データもサプライチェーン・マネジメント.に取り入れる必要があります。このようなインサイトの組み合わせにより、エグゼクティブとそれぞれのチームは、原材料の要件、完成品の在庫水準、輸送オプションなどについて、確実な意思決定を行うことができます。

このようなサプライチェーンのデータはすべて、さまざまなテクノロジーを介して収集されます。アイスクリーム・メーカーが追跡する必要のある広範なデータを考えてみましょう。ERPシステムに保存されている調達データは、支出額、ミルクなどの原材料の調達先、最も信頼できるサプライヤーなどを示します。倉庫や小売店の棚に設置されたIoT対応センサーは在庫データを収集し、特定のフレーバーや製品の種類が少なくなるとメーカーにアラートを発します。出荷パレットのRFIDタグやトラックのGPSモニターは出荷場所を追跡し、配送遅延を検知します。一方、湿度センサーがトラックの温度をモニターするため、アイスクリームが溶けるのは顧客の口の中だけになります。サプライチェーン全体にわたり、CRMシステムはメーカーが顧客の注文、サービス・リクエスト、調達から配送までのすべての顧客とのコミュニケーションを追跡できるよう支援します。

サプライチェーン・チームはブロックチェーン・テクノロジーを利用して、サプライチェーンに沿ったこのようなあらゆるインテリジェンスを統合および共有し、参加者に信頼できる情報源を提供することができます。データにアクセスすると、AIによる分析がコンテキストとインサイトを加え、在庫の確保や調達コストが顧客満足度や収益性に与える影響など、企業が主要なダイナミクスやトレンドを理解することを支援します。分析はまた、潜在的な材料不足を予測したり、業績不振のサプライヤーを特定することも可能です。

サプライチェーンの可視性の仕組み
メーカーは、データ、テクノロジー、プロセスを組み合わせてサプライチェーンの可視化を実現し、リアルタイムで活動を追跡し、確実な意思決定を下すためのインサイトを得られるよう支援します。

サプライチェーンの可視化が直面する課題

IDCの2022年のサプライチェーン調査において、業界アナリストは、サプライチェーン全体にわたる可視化の実現、高度な分析の導入、AIなどの新しいテクノロジーの導入に成功した企業は、復旧時間を50%、新製品のリード・タイムを30%短縮できることを明らかにしました。このようなメリットを逃したくない企業はないでしょうが、導入に障害が伴うこともあります。

サプライチェーンの可視化を実現するための最大の障害には、次のようなものがあります。

  • 一貫性のないデータ
    ビジネス運用においてデータが不足することはありません。しかし、重要なのは企業がそのデータをいかに活用および共有するかです。多くの企業は、サプライチェーンを販売、製造、サプライチェーン計画、ロジスティクス、調達などの機能ごと、かつ個別のデータ・フローごとのサイロで運用しています。このような断絶は不正確さを引き起こし、企業がエンドツーエンドの状況を把握することを困難にします。
  • 異なるビジネス・プロセス
    企業がサプライチェーンやビジネス全体にわたるさまざまなソースからデータを収集する際、プロセスやシステム全体の標準化がカギとなります。計画、生産、カスタマーサービス、その他の主要機能のシステムが異なることで、社内チーム、サプライヤー、その他のパートナー間での商品の追跡や迅速なデータ交換が困難になっています。その結果、企業は効果的に計画を立てることも、適応することも、顧客の期待に対応することもできません。
  • ダウンストリームの可視化の欠如
    あらゆるサプライチェーンの最終的な目標は、顧客満足です。そのために企業は、製品が顧客に届くまでの様子を可視化する必要があります。このダウンストリームの可視化は、最終消費者だけでなく、生産者、ディストリビューター、製品を購入する小売業者も網羅します。メーカーは小売業者から、需要の急増や製品のパフォーマンスなど、調達や在庫の意思決定に影響を与える要因について情報を得る必要があります。最も効率的なサプライチェーンは、このような必須のデータを受信し、それに基づいて行動するためのプロセスとツールを導入しています。
  • アップストリームの可視化の欠如
    アップストリームの可視化、つまりサプライヤーのデータや課題を把握していないと、企業は製品の製造に必要な部品や材料を入手できないリスクがあります。たとえば、ビジネスでは、原材料サプライヤーに生産上の問題があれば、それを把握して、ドミノ効果を防ぐために必要な措置を講じる必要があります。そのためには、オープンなコミュニケーション・ライン、協力的なツール、データ共有のための共通の環境が必要となります。

サプライチェーンの可視化によるメリット

サプライチェーンの可視化によるメリットは幅広く、最終的には生産性の向上、顧客満足度の向上、利益の拡大を推進することができます。

SCVにより、企業は以下のことが可能になります。

  • 原材料や在庫の不足の発見s: 生産と在庫の詳細な可視化により、ブランドは原材料や在庫の不足などの弱点を特定できます。また、先を見越してサプライヤーのリード・タイムに合わせ、リード・タイムの長いコンポーネントや需要の高いコンポーネントを事前注文することもできます。
  • ほぼリアルタイムでの商品追跡: サプライチェーン・チームが製品ライフサイクル全体を詳細かつ最新の状態で把握し、AIなどのツールでデータ分析を行うことで、より適切な意思決定を行い、ネットワーク全体の製品フローを改善することができます。
  • より迅速な意思決定: SCVにより、企業はいつでもサプライチェーン・ネットワークを明確に把握することができます。.これにより、リソースの割り当て先、生産および在庫管理の最適化方法、遅れを生じさせる可能性のある輸送遅延などの非効率の特定方法について、十分な情報に基づく意思決定が可能になります。
  • コスト削減: サプライチェーンの全段階を可視化することは、ビジネス・リーダーによるコスト削減の機会の特定を支援します。また、ワークフローの非効率性の検出、コスト効果が最も高い輸送業者やルートの特定、在庫水準のモニターによる過剰在庫の防止などが可能です。
  • リスク管理: 予測不能な需要の急増、自然災害、資材の損失、さらには貨物の盗難など、さまざまなリスクがサプライチェーンに影響を与える可能性があります。CargoNetの推計では、2022年に米国とカナダで2億2300万ドルの貨物が盗難に遭っています。IoT、AI、クラウド・コンピューティング、その他の高度なテクノロジーで実現するSCVにより、サプライチェーン・チームは潜在的なリスク指標を把握し、迅速に対応することができます。
  • 規制コンプライアンスへの効率的な対応: サプライチェーンには、グローバルな貿易規制や環境法、人権や児童労働に関する監視強化など、かつてないほど厳格なコンプライアンス義務が課せられています。運用リーダーは、自社とパートナーが十分にコンプライアンスを遵守していることを確認する必要があり、そうでない場合には、深刻な財務的・評判的リスクを負うことになります。また、過剰な労力と経費をかけずにコンプライアンスを達成する必要があります。そのために企業は、サプライチェーン・ネットワーク内でコンプライアンス認定資格や財務諸表などの情報を簡単に共有できるコラボレーション・ツールやシステムを利用しています。

サプライチェーンの可視化を高めるための4つのヒント

サプライチェーンにおける可視化は、刻々と変化する環境下での成功に不可欠です。しかし、今日のグローバルサプライチェーンの複雑さを考えると、サプライチェーンの可視化を実現することは困難に思われることがあります。適切な手順を実行するための4つのステップをご紹介します。

  1. ギャップの把握: まず、サプライチェーンにおける最大のギャップと、そのギャップを解消する方法を検討します。サプライチェーンの可視化が強化することで、最もメリットを得るのはどの部分で、それによって解決される課題は何でしょうか。最も利益を得られる部分を特定することで、サプライチェーンの可視化に対して段階的なアプローチを取ることができ、迅速に成果を得ることができます。
  2. データの重視: 大量の運用データを収集、分析、共有することは、効果的なサプライチェーン・マネジメントに必須です。ネットワークとビジネス全体にわたる質の高いデータへのアクセス、そのデータから適切なインサイトを抽出するテクノロジー、顧客とパートナー間でデータを共有するプラットフォームを確保します。
  3. サプライチェーン全体にわたるコラボレーションの強化: サプライチェーンの可視性とコラボレーションには密接なつながりがあります。サプライチェーン・ネットワーク内で、サプライヤー、メーカー、ディストリビューター、小売業者など、誰もが、商品の流れや利益に影響を与えるデータを簡単に共有できる必要があります。これには、生産の遅延、在庫不足、需要の急増、規制上の問題などが含まれます。今日のクラウド・サプライチェーン・マネジメント(SCM)システムは、このコラボレーションを促進するために構築されています。
  4. サプライヤーとのより緊密な関係: コラボレーションはコミュニケーションなしに機能しません。サプライチェーンのパートナーには、テクノロジー・システムやその他の手段を通じて、重要な情報を積極的に共有することがを望まれます。定期的なコミュニケーションやその他の方法(電話、会議など)で、自社の見解や目標の連携を確認し、懸念事項に正面から取り組みます。

サプライチェーンの可視化に関する3つのケーススタディ

サプライチェーンの可視化により、3社の企業が需要予測の改善、運用の非効率性の特定、ビジネス全体にわたる重要なデータの連携を実現しました。

Hormel Foods
50以上の代表的なブランドを擁するHormel Foodsは、主要なビジネス・エリア全体にわたり情報システムを最新化するミッションに取り組んでいました。これを実現するため、Hormelはクラウドベースのサプライチェーン、ERP、人材管理(HCM)の各システムを導入しました。中国とブラジルを除くすべての調達がクラウド化されたことで、Hormelはベンダーの分析をより簡単に行えるようになりました。例えば、一部のブランドは同じものを他のブランドよりも高い金額で購入していることがわかりました。また、自社ブランドの主要アイテムを単独で調達しているベンダー数も確認できます。このインサイトにより、代替ソースを検討し、ベンダーが需要を満たせない場合に備えることができます。

Bonnell Aluminum
カスタム・アルミニウム押出材のメーカーであるBonnellでは、もはや実用的な情報を見つけるために膨大な量のデータに目を通すという状況にはありません。高度な分析により、工場マネージャーや主要なエグゼクティブを含むすべての関係者が、ボタンをクリックするだけで在庫管理、生産現場、バックオフィスを可視化できるようになりました。サプライチェーン、財務、人事プロセスにわたりデータ分析が強化されたことで、企業は生産におけるプロセスの非効率性や注文遅延の原因となる問題領域を特定することができます。マネージャーは、リアルタイムのインサイトに基づいて、現場全体にわたり労働力と直接支出を最適化することができます。

Wavetronix
レーダーなどの交通テクノロジーの世界的メーカーであるWavetronixは、ビジネス全体にわたり可視性を高めるため、クラウドベースのサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェアを導入しました。販売管理、在庫など多岐に渡るデータの正確性を確認するために、複数のスプレッドシートを突き合わせていた日々は終わりを告げました。また、クラウドベースのERPシステムと分析を利用して、ビジネス全体のアイデアと情報を結びつけています。 クラウドSCMとERPを組み合わせることで、Wavetronixはデータに対するアクセス、コントロール、セキュリティを実現し、受注から入金までのプロセスに関する重要なインサイトをエグゼクティブに提供することで、受注、バックログ、その他の出荷関連のボトルネックを削減することを支援します。

適切なサプライチェーン・ソリューションの選択

サプライチェーンの可視化システムを選択する際には、まず現在のサプライチェーン・ネットワークの検証から始めます。どの領域が可視化の強化からメリットを得られるでしょうか。最も重要なデータ・ソースは何でしょうか。改善が必要なプロセスとユースケースはどれでしょうか。次に、こうした課題に対応するテクノロジーとソリューションを検討します。以下のような重要な機能を検討することをお勧めします。

  • 製品ライフサイクル全体にわたる商品の追跡
  • 在庫管理の自動化によるワークフローの簡素化
  • サプライヤーおよびパートナのサプライチェーンの可視化
  • クラウドベースのコラボレーション機能によるデータ共有
  • 高度な分析による現在および将来の問題の検出

最後に、選択するソリューションがビジネスの成長に合わせてスケールできること、ベンダーがサプライチェーンのイノベーションに取り組んでおり、定期的に新しい機能やテクノロジーを導入していることを確認します。

サプライチェーンの可視性向上と強化

変化のペースが速く、競争の激しい環境では、サプライチェーンのリーダーとそのチームは、迅速に適切な意思決定を行う必要があります。これは、製品ライフサイクル全体にわたりサプライチェーンの可視化を確保し、変化をリアルタイムで検知および管理することを意味します。

Oracle Supply Chain Management (SCM)は、統合的なクラウドSCMソリューション・スイートを通じてサプライチェーンおよび製造プロセスを連携させます。Oracle SCMには、新製品を市場に投入し、サプライチェーン計画、調達、製造、在庫、ロジスティクスを管理するために必要なすべてが含まれています。IoTセンサー・データやブロックチェーンなどのテクノロジーにより、チームは商品の流れをモニターし、製品の欠品、機械の修理、納期の遅れなどの潜在的な問題の予測を支援します。Oracle Fusion Analytics for SCMは、AIと機械学習を活用してデータにコンテキストを追加し、予測を行うことで、企業が調達から配送までのすべてを改善できるように支援します。

エンドツーエンドのサプライチェーンの可視化は、AIと機械学習を活用してデータにコンテキストを追加し、予測を行うことで、企業が調達から配送までのすべてを改善できるように支援します。サプライチェーン・コマンドセンターとして知られるこのコンセプトは、運用管理における分析とインテリジェンスのために連携されたデータを活用し、財務、人事、サプライチェーン、セールスなど全体にわたり、より適切な意思決定を推進します。

サプライチェーンの可視化に関するFAQ

サプライチェーンの可視化を実現する方法を教えてください。
企業は、製品ライフサイクル全体を通してアップストリームおよびダウンストリーム活動をほぼリアルタイムで追跡するデータ、テクノロジー、およびプロセスを組み合わせることで、サプライチェーンの可視化(SCV)を実現できます。

サプライチェーン・マネジメントにおいて可視化が重要な理由を教えてください。
サプライチェーンの可視化(SCV)により、ビジネス・リーダーはサプライチェーン内のどの部分で、どのようにアクションを取るべきかを把握することができます。サプライチェーン・チームは、顧客や収益を失うリスクよりも、製品の需要が急増したり、サプライチェーンが輸送中に滞った場合にアラートを発して備えることができます。

サプライチェーンの可視化不足について教えてください。
企業が、サプライヤーから消費者へと移動する原材料や完成品を詳細かつ継続的に把握できていない場合、サプライチェーンの可視化が不足しています。これはビジネス・パフォーマンスに長期的な影響を及ぼし、顧客満足度を損ない、収益性を低下させる可能性があります。

サプライチェーン・コマンド・センターについて教えてください。
サプライチェーン・コマンド・センターとは、社内のデータ・ソースを社外の市場シグナルと統合するシステムです。これは、それぞれのチームによるサプライチェーンで発生する可能性の高い特定の問題やシナリオに関する意思決定の改善を支援し、データ、分析、推奨を組み合わせるデフォルトのアプローチを提供することができます。

メーカーが今注目すべき6大優先事項に関する業界のエキスパートによるインサイトを入手し、これらの優先事項がインダストリー4.0導入の課題克服を支援する方法をご確認ください。