申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

門外不出のOracle現場ワザ

このコラムでは、月刊DB Magazineで連載され大好評だった記事を紹介しています。 また、記事を再編集した単行本が翔泳社より出版されていますので、ご興味のある方はぜひご購入ください。

門外不出のOracle現場ワザ(DB Magazine SELECTION) 【単行本】

第0章 オラクル社のテクノロジーコンサルタントって?

システムテクノロジー製品(データベースやAPサーバー、ミドルウエア製品など)をお使いの皆様に、オラクル社のシステムテクノロジー製品担当のテクノロジーコンサルティングについてご紹介します。

第1章 目からウロコのパフォーマンス分析テクニック

Oracleのパフォーマンス管理では、問題箇所を切り分けたりアーキテクチャに基づいて現状を分析する力が必要です。さらに、OSやストレージ、ネットワークとのI/Oまで監視しなければなりません。本コラムではパフォーマンス分析に必要なアーキテクチャの知識(パート1)から、分析に使うツールの説明(パート2)、OracleとOS、I/Oの関係と問題の切り分け方法(パート3)を解説します。

第2章 データベース管理 転ばぬ先の杖~監視/テスト編

Oracleデータベースを運用するにあたって、小さな障害を大きなトラブルにしないための管理方法を紹介するとともに、パフォーマンステストと障害テストの適切な実施方法を解説します。運用計画の作成/見直しに是非お役立てください。

第3章 データベース管理 転ばぬ先の杖~設計編

設計段階に潜在的なトラブルを仕込んでしまわないように、あるいは「気付いたときには手遅れだった」という自体をできるだけ引き起こさないように、設計時に注意するべき事項についてまとめています。本コラムは業務アプリケーション開発チーム編とインフラ設計チーム編に分けて解説しています。トラブル防止には他のチームとの連携が必要となるため、全ての内容を読むことをお勧めします。

第4章 Oracleデータベースの頭脳 「オプティマイザ」徹底研究

RDBMSの最重要機能、SQLを最適化するコストベース・オプティマイザ(CBO)を取り上げます。記事の前半ではCBOの仕組みについて、後半ではオプティマイザ統計の管理や、CBOのリスクに対応する方法を解説しています。

第5章 DBアクセスの空白地帯 コネクションプーリングを極める

アプリケーションのパフォーマンス・ボトルネックとなりがちなデータベース・アクセス。オラクルのテクノロジー・コンサルタントが執筆した雑誌記事を採録する本連載の最終回では、データベース・アクセスのパフォーマンスを格段に高める、コネクション・プーリングを取り上げました。記事前半では、 Oracleデータベースの接続パフォーマンスを最大限に向上させる仕組みについて、後半ではJavaおよび.NETプログラムにて実装できるコネクション・プーリングについて解説します。

▲ ページTOPに戻る