WYSIWYG要素

 Oracle SQL Developerコマンドライン(SQLcl)
よくある質問

SQLclに関するよくある質問のリストです。その他の質問については、SQLclフォーラムから送信してください。

  • SQLclとは何ですか。
    SQLclはOracle Databaseのコマンドライン・インタフェースで、SQL*PlusとSQL Developerの特長を組み合わせたものです。
  • SQLclの入手方法を教えてください。
    OTNから.ZIPファイルをダウンロードして、展開します。ターミナル/コマンド・セッションを起動して、\binディレクトリの‘SQL’プログラムを実行します。Java Runtime Engine(JRE)8以上がマシンにインストールされている場合は、これで使用できます。
  • SQLclでは、接続用のTNSNames.ORAファイルがサポートされていますか。
    はい。SQL Developerと同様に、TNSファイルが検索されます。SHOW TNSコマンドを使用して、SQLclセッションの現在のTNSステータスを確認できます。
  • 従来どおり、C[HANGE]コマンドを使ってバッファのコンテンツを更新することはできますか。
    はい。また、新しいインライン・エディタを使用することもできます。
  • &および&&の変数の置換は引き続きサポートされますか。
    はい。
  • COL[UMN]コマンドによる列の書式設定も引き続きサポートされますか。
    はい。実際に、過去30年間のSQL*Plusの機能は、すべてSQLclでも使用できます。
  • 履歴機能のしくみを教えてください。
    実行する文やスクリプトが、それぞれ履歴内に項目として保存されます。これらは、古くなって不要になるまで履歴内に保存されます。履歴の項目数の上限は100です。履歴は複数のSQLclセッションにわたって持続します。
  • ANSICONSOLEとは何ですか。
    ANSICONSOLEはSQLFORMATオプションの1つです。ANSICONSOLEを使用すると、問合せ結果の特定のページの値の最大サイズに基づいて、カラム・サイズがデータに‘最適なサイズ’となるように自動調整されます。このため、問合せ結果の読込みがずっと簡単になります。COL[UMN]コマンドを使用して、問合せに合わせて列のサイズを事前調整する必要はありません。
  • 新規コマンドを見つける方法を教えてください。
    SQLclではすべてのSQLPlusコマンドをサポートしており、新しいコマンドも追加されています。‘HELP’コマンドを実行すると、新しいコマンドが強調表示されます。
  • SQLclはOracle Databaseに付属していますか。
    SQLclはSQL Developerに含まれており、SQL DeveloperはすべてのOracle Databaseインストールに付属しています。つまり、SQLclはOracle Databaseに付属しています。
  • SQLclでOracleクライアントは必要ですか。
    いいえ。SQLclはJavaアプリケーションであり、デフォルトではオラクルのJDBCドライバを使用してOracle Databaseに接続します。ただし接続文字列で–ociフラグを使用することで、Oracleクライアント経由の‘thick’接続を強制できます。
  • SQL履歴にアクセスする方法を教えてください。
    上下矢印キーを使用します。または、HISTORYコマンドを使用して使用可能なコマンドのリストを取得します。HISTORY <#>を使用して、履歴項目をSQLclバッファに入れます。
  • SQLclを使用してデータベースの起動やシャットダウンを行うことはできますか。
    はい。
  • 新しいSCRIPTコマンドの例はありますか。また、SQLclでJavaScriptの機能を活用する方法を教えてください。
    はい、オラクルのGitHubプロジェクトでのコード・サンプルを参照してください。
  • SQL DeveloperでSQLclコマンドを使用できますか。
    はい、SQLclとSQL Developerは同じで、CLIとGUIという違いがあるだけです。たとえばSQL Developerのワークシートで、DDLコマンドとINFOコマンドをスクリプトとして実行できます(F5)。