What Is a Supply Chain Management System?

サプライチェーン管理システムとは

製品をコンセプトから顧客へと移すエンドツーエンド・ビジネス・プロセスのネットワーク。

サプライチェーン管理システムとは(1:47)

What is Supply Chain Management?
ビデオを見る

サプライチェーン管理(SCM)システムは、製品またはサービスが始点から最終目的地まで移動する工程において、商品、データおよび財務の流れを管理および監視するソフトウェア・ソリューションのセットです。サプライチェーン・アクティビティは、生産と製造、ソーシング、輸送、在庫と倉庫の管理および出荷など、製品開発からロジスティクスまでのすべてを網羅します。

総合的なエンドツーエンドのサプライチェーン管理システムにはサプライヤ、製造業者、卸売業者、輸送手段提供者、物流業者および小売業者など、製品の製作、受注のフルフィルメント、情報の追跡を連携して行うすべての関係者のための資材運搬およびソフトウェア・パッケージが含まれます。

サプライチェーンはコマースのバックボーン

サプライチェーンは古代から存在していたと言われており、その際、リニアなサプライチェーンの元であるその起源においては、製品は始点から分配地点に移動されていました。

その途中で、貿易のネットワークおよびルートが増殖しました。海上交通路が開かれました。港が建設されました。鉄道が作られました。サプライチェーン管理のプロセスがより効率よく進むように、通信が整備されました。時間とともに、このシンプルな供給ネットワークは、より洗練された複雑なSCMモデルへと進化しました。

何世代にもわたり、この多様なサプライチェーン・ソリューションは、隔離された専門分野、つまり、特定のプロセスまたはシステムに対してより効率よく取り組める、専門分野に特化したプロフェッショナルが管理するものでした。コンピュータの時代になり、SCMプロセスを自動化および最適化するオンプレミスのSCMソリューションが生まれ、その後、サプライチェーンは拡大し、増大するグローバリゼーションの需要に対応できるようになっていきました。物流ネットワーク全体の一部であった、この初期のサプライチェーン・ソリューションは、個別のサイロに隔離されたままでした。

従来のSCMソリューションは、製造計画、製品ライフサイクル管理サプライチェーン・プランニング調達ロジスティクス輸送管理受注管理製造およびメンテナンス管理など、すべてのサプライチェーン・アクティビティに対して構築されました。手つかずであったサプライチェーン・エコシステムの構成要素はありません。

最新のSCMへの移行

従来のサプライチェーン・ソリューションは、世界志向で急成長する世界経済の初期の課題に対応してきましたが、最終的には限界に達しました。商品と情報は、多くの手動作業なしに、サプライチェーンのある場所から次の場所に簡単に移動することはできず、誤りが発生する可能性もありました。サプライチェーン全体の在庫の可視性および輸送管理は、統合されていないシステムによって制限されていました。企業は、サプライチェーン全体のリアルタイムのビューを伴うより多くのインサイトを必要としていました。

インターネットの登場が、従来のサプライチェーン・システムの仕組みを変えました。より動的で顧客中心の市場は、よりスマートでより俊敏な仕組みを求めていました。商品が製造業者からショールームに輸送されるのを待つことは、消費者の選択肢の1つとなりました。そして、リニアなサプライチェーン・ソリューションではその待ち時間が長すぎました。消費者は、バリュー・チェーンのあらゆるリンクで製品と接点を持つことを求めていました。

サプライチェーンの変革

この新しい需要主導型の経済で、サプライチェーンの業務モデルは外側から内側へと変化しました。この時点で、サプライチェーンはもうチェーンではありません。サプライチェーン管理システムは、24時間アクセス可能な種類の異なるWebの集合へと進化したのです。これらのWebの中心は、注文の履行を待つ消費者です。

今日の最高のサプライチェーン戦略は、すべての人員、プロセスおよび統合された機能に関連するテクノロジーを集約できる需要主導型のオペレーティング・モデルを必要としています。

SCMはクラウドに移行

クラウド・テクノロジーは、SCMの主力のITモデルに急速になりつつあります。コストを削減しリスクを最小限に抑えるクラウドは、サプライチェーンをデジタルかつスケーラブルなソリューション、つまり接続された市場への準備が整っている統合されたソリューションへと変革することを可能にします。在庫の可視性が向上することで、企業は成長と収益の機会を見つけ出し、その利点を迅速、安全かつコスト効率よくフルに活用できます。また、クラウドSCMでは、企業はモノのインターネット(IoT)のインテリジェント・データおよび予測アナリティクスにアクセスできます。これらの機能を従業員やビジネス・パートナにまで拡張することで、すべての人がより効率よく正確にコラボレーションして業務に取り組むことができ、結果として、業績の向上が促進されます。

最新のSCMのビジネス価値

包括的で安全かつ接続されたクラウドベースのスイートに移行することでサプライチェーン・システムを変革する企業が増えるほど、そのメリットはより明白になっています。たとえば、次のようなメリットがあります。

  • 可視性 最新のサプライチェーン・ソフトウェアは、製造業者から保管場所、輸送、店舗の棚に至るグローバル・サプライチェーンのどの場所においても、在庫がどこにあるか(すべての荷台、小荷物、ユニット)を示します。
  • 敏捷性 市場の変化は素早いアクションを求めます。クラウドSCMでは、新しいサービスおよび機能を迅速かつ安全に導入し、新しい課題に対応するために簡単に拡張できます。
  • 業務コストの低減 統合されたSCMシステムでは、ITビジネスから離れ、中核的なビジネスの意思決定に重点を置くことができます。
  • コラボレーションの向上 コラボレーション・ツールにより、製造業者、倉庫管理者、運転手、さらには顧客も含めてつながることができます。サプライチェーンのニーズを、それらが緊急事態となる前に予測できます。
  • 使いやすさ 最新のSCMソフトウェアは、正確でタイムリーなアナリティクスに迅速にアクセスできるシンプルで直観的なユーザー・エクスペリエンスを提供しています。これは、実質的にすべてのデバイスでどこからでも利用可能です。
  • セキュリティ クラウド・データ・センターは、大使館グレードのセキュリティを備えています。クラウドベースのソフトウェアは、暗号化、ウィルス・スキャン、ホワイト・リストのサポートなど、クラス最高のセキュリティ機能を提供します。

エンドツーエンドのSCM機能の利点

総合的で完全集中型の統合クラウドベースサプライチェーン管理ソリューション・スイートは次のコンポーネントで構成されます。

  • ロジスティクス(兵站) ロジスティクスは、国内外の倉庫関連のニーズおよび輸送モードすべてを管理し、コストの削減、効率性の向上およびコンプライアンスの順守を実現します。
  • 製品ライフサイクル管理 製品ライフサイクル管理システムを使用すると、収益性の高い製品を変革、開発および商用化し、事業を拡大できます。
  • サプライチェーン・プランニング サプライチェーン・プランニング・ソリューションでは、積極的に収益の拡大方法やコスト削減戦略を考案し、企業全体で連携しそれらを矛盾なく実行することで、市場の変化の先を行くことができます。
  • 調達 調達管理システムは、コストを管理し利益の向上を図りながら、自動化およびソーシャル・コラボレーションを通じて、調達から支払いのプロセスを合理化します。
  • オーダー管理 受注管理システムは、すべてのチャネルの受注を管理し、単一の顧客ビューを構築します。
  • 製造 製造管理システムは、可視化、バックフラッシュ・トランザクションおよびソーシャル・コラボレーションを通じて、コストを管理しながら、製造プロセスを合理化します。
  • メンテナンス管理 メンテナンス管理システムは、組織のメンテナンス、サプライチェーンおよび財務アプリケーションを接続することで、メンテナンス業務の合理化を可能にします。
  • モノのインターネット(IoT)アプリケーション IoTアプリケーションは、リアルタイムIoTデータおよびインサイトにより、接続された環境のパワーを活用することを可能にします。

サプライチェーン管理システムの未来

The Future of Supply Chain Management Systems

変化を続けるビジネス環境では、旧来のサプライチェーン管理の枠組みは課題に耐えることができません。サプライチェーンのプロフェッショナルは、サプライチェーンを、管理し効率性を高める対象であるコスト・センターとして考えることを止める必要があります。そのかわりに、サプライチェーンを、競合他社と差別化できる可能性を持ったビジネス上の強みであると考えてください。

Eコマースの価値とその成長予測を考慮すれば、企業は、デジタル的に接続された購買活動をデジタル的に接続された自社のソリューションと連携させることに労力を再度集中させる必要があります。言い換えれば、企業は自社のテクノロジーと自社のビジネス・モデルを一致させる必要があるのです。最新のビジネスには最新のサプライチェーンが必要です。

今日の最先端のサプライチェーン管理システムは、企業が完全なエコシステムとしてサプライチェーンを管理し最適化できるよう支援するエンドツーエンドの製品スイートです。これは完全に統合されたクラウド・テクノロジーであるため、サプライチェーン全体で100パーセントの可視性を実現し、市場の実状に合せた拡大、縮小が可能です。最新の需要主導型サプライチェーンにより、購買担当者の期待値の上昇、短期化する製品のライフサイクルおよび分散する需要などの課題に対応できます。

始めよう