Oracle Database@Azureに関するFAQ

一般製品情報

Oracle Database@Azureとは何ですか。

オラクルとMicrosoftは、MicrosoftのデータセンターでコロケーションされたOracle Cloud Infrastructure(OCI)上でOracle Databaseサービスを提供するために、パートナーシップを拡大しました。Azureのお客様は、ネイティブのAzureポータルとAPI内で、OCI上で実行されるOracle Databaseのサービスを購入、導入、使用できるようになり、OCI-in-Azureのようなエクスペリエンスを実現できます。Oracle Database@Azureの主なメリットの一部を次に示します。

  • Azure内にありながらOCI上で動作するフルマネージドのOracle Databaseサービスにより、ご希望の場所でワークロードを実行できます。Oracle Exadata Database Serviceで、最高レベルのOracle Databaseのパフォーマンス、スケール、可用性、ならびに機能と価格の同等性をご体験いただけます。
  • Oracle DatabaseサービスとAzure ComputeやAzure KubernetesなどのAzureサービスを使用すると、Azureでサポートされている使い慣れたアプリケーション開発ツールやフレームワークをそのまま活用して、OracleサービスとAzureサービスを移行、最新化、および革新できます
  • 購入と運営を簡素化します。Azure Marketplaceで購入し、Microsoft Azure消費コミットメント(MACC)を使用できます。Azureで直接利用可能なOracle Databaseサービスのログ、メトリック、およびイベントにより、モニタリングとトラブルシューティングを行うことができます。

どのオラクル製品を使用できますか。

このサービスで最初に利用できる製品は、Oracle Exadata Database Serviceです。オラクルでは、利用可能な製品を迅速に追加し、この製品ポートフォリオを近日中に拡大する予定です。

Oracle Database@Azureでは、どのOracle部品番号を使用できますか(OCI GoldenGate、Oracle Data Guard、Oracle Zero Downtime Migrationなど)。

部品番号 説明
B93380 Exadata Cloud Infrastructure - クォータ・ラック - X9M
B93381 Exadata Cloud Infrastructure - Database Server - X9Mホスト環境/時間
B93382 Exadata Cloud Infrastructure - Storage Server - X9Mホスト環境/時間
B88592 Exadata Database OCPU - Dedicated Infrastructure OCPU/時間
B88847 Exadata Database OCPU - Dedicated Infrastructure - BYOL OCPU/時間
B91627 Oracle Cloud Infrastructure - Object Storage - Requests
B91628 Oracle Cloud Infrastructure - Object Storage - Storage

その他すべてのOracle Clou部品番号には、OCIのみで使用できる有効なUniversal Credit契約が必要です。

お客様がOracle Database@Azureを使用する場合の商業的なメリットは何ですか。

  • Microsoft Azure消費コミットメント(MACC): Oracle Database@Azureの購入は、お客様のMACCの対象に含まれます。
  • Oracle Support Rewards: オンプレミス・ライセンスを持っているオラクルの既存のお客様は、Oracle Support Rewardsの対象となります。
  • カスタム契約条件: Azureおよびオラクルのお客様は、Oracle Salesと連携して取引条件を交渉できます。
  • 既存のオラクル・ライセンスを活用: オラクルの既存のお客様は、Oracle Cloud Infrastructureの場合と同様に、無制限のライセンス契約(ULA)またはOracle Bring Your Own License(BYOL)を使用してOracle Database@Azureを購入できます。

Oracle Database@Azureに移行する方法を教えてください。

データベース・サービスはOCI上で実行されるため、このサービスへの移行はOCIへの移行と同様です。オラクルでは、Oracle Zero Downtime Migrationなどの自動移行ソリューションや、Oracle Data GuardOracle Cloud Infrastructure GoldenGateといった強力なツールなど、実績のあるデータベース移行戦略を提供しています。

このサービスはどこで使用できますか。

Oracle Database@Azureは、Microsoft Azureの米国東部リージョン(2つの可用性ゾーン)で提供が開始されました。2024年には、他のリージョンでも利用可能になる予定です(ドイツ中央部から、英国南部、オーストラリア東部、日本東部、カナダ中部、ブラジル南部、フランス中部、米国中部、米国中南部)。オラクルとMicrosoftは、お客様のご要望に対応するため、より多くのリージョンで可用性を追加していきます。追加リージョンの要件をオラクルまたはMicrosoftのアカウント・チームと共有することをお薦めします。

Oracle Database@Azureの信頼できるパートナー・サービス・プロバイダと契約することはできますか。

はい。詳細については、当該パートナー・サービス・プロバイダまたはOracle Salesにお問い合わせください。

Oracleサービス・パートナーはOracle Database@Azureの詳細についてどこで確認できますか。

パートナー・サービス・プロバイダになることにご関心がある場合や詳しい情報をお知りになりたい場合は、当社のWebサイトで最新情報や開発情報を確認するか、オラクルの担当者にご連絡ください。

どの世代のOracle Exadata Database Service on Dedicated Infrastructureがサポートされていますか。

一般提供(GA)ではExadata X9Mがサポートされています。

どのバージョンのOracle Databaseを使用できますか。

Oracle Database@AzureでのOracle DatabaseのプロビジョニングはOCIの場合と同様で、UIフローやAPI呼出しなどは同じです。そのため、OCIでサポートされていて利用可能なすべてのデータベース・バージョンが、Oracle Database@Azureインフラストラクチャ上で認識され、使用できます。

サービス利用開始時点に使用できるのは、どのクローニング機能ですか。

データベースはOCIでプロビジョニングおよび管理されるため、バックアップやクローニングなどの既存のデータベース・ツールを利用できます。

GAの時点ではどのバックアップ・オプションを使用できますか。OCIとAzureのネイティブ・オプションはどちらも利用できますか。

Oracle Cloud Infrastructure Object Storageが推奨バックアップ・サービスであり、お客様のMACCの対象となります。Oracle Database Autonomous Recovery Serviceまたは他のストレージ(Azureのネイティブ・ストレージなど)へのバックアップには、オラクルとのUniversal Credit契約が必要です。

Azure Blob Storageからデータベースにデータをインポートできますか。

Oracle Database@Azureは、Azure VNet内で使用可能な標準デプロイメントです。Data PumpなどのOracle Database管理ツールを使用して、Azureデータベース・クライアントからデータベースにデータをインポートできます。

DRGに更新したり、更新をリクエストしたりできますか。

OCIとAzureのネットワーク・リソース間のリンクを提供するために使用される動的ルーティング・ゲートウェイ(DRG)は、厳重に管理されたサービスの仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内に格納されており、更新できません。プロビジョニングされたExadata VMクラスタ・リソースは、このDRGに接続されます。特別なルーティング要件がある場合は、ローカル・ピアリング・グループを使用して別のVCNに接続します。次に、ローカルでピアリングしたVCNを、ご自身で管理するDRGに接続できます。このDRGをクロスリージョン・レプリケーションに使用できます(ディザスタ・リカバリ(DR)のデータ・レプリケーションに関する質問を参照してください)。

Oracle Database@Azureと別のOCIサービスの間のレイテンシはいくらですか。

Oracle Database@Azureは、Azureで高パフォーマンスおよび低レイテンシのワークロードを実行することに重点を置いています。低レイテンシが必要なワークロードがOCIにある場合、OCIにOracle Exadata Database Service on Dedicated Infrastructureをデプロイすることをお薦めします。可能であれば、低レイテンシ要件に対応するためにOracle Interconnect for Microsoft Azureを使用してOCIサービスとOracle Database@Azureを接続することをお薦めします。

Oracle Database@Azure VMクラスタ上で作成されたデータベースをOCIのボールトに接続したり、Azure Key Vaultのキーを管理したりできますか。

データベースはOCI上で作成されるため、システムによって生成されたキーや顧客が生成したキーは、Oracle Cloud Infrastructure Vaultを使用して格納されます。

このサービスはシングルテナント環境とマルチテナント環境の両方をサポートしていますか。

はい。Oracle Database@Azureは、シングルテナント環境とマルチテナント環境の両方をサポートしています。Azure内で実行されるOracle Exadata Database Service on Dedicated Infrastructureは、OCI上で実行される場合と同様に、専用のExadataコンピュートとストレージ・ノードを提供します。


請求と経済性

既存のOracle DatabaseライセンスをOracle Database@Azureで使用できますか。

はい。無制限ライセンス契約(ULA)やBring Your Own License(BYOL)など、既存のOracle Databaseライセンスを使用できます。

Oracle Database@Azureは、GA時点で新規および既存のOCIテナンシーをサポートしていますか。

はい。テナンシーは新規でも既存でもかまいません。オンボーディング・プロセス中に選択できます。Oracle Database@Azureサービスは物理的にAzureに存在するため、既存のOracle Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure環境は物理的にも商業的にも「移動」されません。Azure内で新しく作成されたExadataインフラストラクチャは、既存のOCIテナンシーから参照できます。

Oracle Database@Azureのお客様はOracle Support Rewardsを利用できますか。

はい。Oracle Database@Azureを使用した場合、OCIを直接使用する場合と同じOracle Support Rewardsが発生します。

Oracle Database@Azureの購入はMACCの対象になりますか。

はい。Oracle Database@Azureには、Microsoft Azure消費コミットメント(MACC)を使用できます。詳細は、Microsoft Azure消費コミットメントの追跡を参照してください。

OCIでは消費量はどのように測定されますか。

プロビジョニングするExadataクラウド・インフラストラクチャ・インスタンスごとに、最初に48時間分の料金が請求され、その後は秒単位で請求されます。また、システムに追加する各OCPUは、秒単位で請求され、最小使用期間は1分です。クラウドVMクラスタを終了し、クラウドExadataインフラストラクチャ・リソースを終了しなかった場合、インフラストラクチャ・リソースについては引き続き請求されます。

Oracleの消費量は、Microsoft Azure消費コミットメント(MACC)に1:1で対応します。

Azureでの顧客の最小購入単位は何ですか。

Oracle Database@AzureでExadataを購入する場合の実質的な最小値は次のとおりです。

  • Exadata Cloud Infrastructure - クォータ・ラック
    • 2つのデータベース・サーバーと3つのストレージ・サーバーが含まれる
  • Exadata Database OCPU(状況に応じて、ライセンス込みまたはBYOL)
    • 最小4つのOCPU
  • 単一データベースおよびストレージ・サーバー単位で拡張可能

Oracle Database@Azureサービスの最小サービス期間はどれくらいですか。

Oracle Exadata Database Serviceでの標準と同じく、各Oracle Database Exadataインフラストラクチャのシェイプ/インスタンスの最小サービス期間は48時間です。

Oracle Database@AzureのFree Tierはありますか。

GAの時点ではFree Tierオプションはありません。

DRネットワーク・トラフィック・コストの標準的な扱いはどのようなものですか。このコストはOCIで測定されて請求されますか。

OCIにおいてネットワーク帯域幅コストが一般的に発生するすべてのクロスリージョン・トラフィックは、OCIで測定されて請求されます(たとえば、リージョン1とリージョン2でOracle Database@Azureを使用してクロスリージョン・ディザスタ・リカバリを行うお客様には、ネットワーク・トラフィック・コストが生じます)。


運用、サポートおよびセキュリティ

Oracle Database@Azureのサポート・モデルはどのようなものですか。

オラクルとMicrosoftは、ミッションクリティカルなワークロードに対する迅速な対応と解決を実現するために共同サポート・モデルを開発しました。お客様は、Microsoftまたはオラクルのサポート・チームのいずれにもご連絡いただけます。

Oracle Database@AzureでOracle Databaseを管理するにはどうすればよいですか。

オラクルとMicrosoftは、AzureでOracle Databaseインスタンスをデプロイ、管理および使用するための、緊密に統合されたAzureエクスペリエンスを提供するために提携しています。ほとんどの日常業務では、Azureのネイティブ・ツールを使用できます。

Oracle Database@Azureのディザスタ・リカバリ(DR)を実行するにはどうすればよいですか。

Oracle Database@Azureは、1つの地域(米国やヨーロッパなど)内の複数のAzureパブリック・リージョンで利用できます。Azureのお客様は、Oracle Data Guardを使用してデータ保護とディザスタ・リカバリを実現できます。

Oracle Database@AzureでAzureの可用性ゾーンを使用できますか。

お客様はOracle Real Application Clustersにアクセスできます。また、高可用性(HA)のニーズを満たすために、Oracle Database@Azureは1つのAzureリージョン内の複数の可用性ゾーン(AZ)にデプロイされます。

AzureからOCIへのリンクは、(OCIまたはAzureへの)バックドアと見なされますか。

いいえ。AzureのデータセンターとOCIの親データセンターとの間のリンク、管理、トラフィックはオラクルが所有します。AzureとOCIの管理ネットワークは交差しません。Azureは、オラクルが接続するデータセンターにあるパートナー転送機器の終端点を超えた部分を認識することはできません。逆に、オラクルもその終端点以降について認識することはできません。ネットワーク・リンクはオラクル内部に存在するものとして扱われます。

Oracle Exadata Cloud@CustomerのOracle Operator Access Controlはサポートされていますか。これはどのように実行および説明されますか。

Operator Access Controlは、Oracle Compute Cloud@Customer、Exadata Cloud@Customer、およびExadata Cloud@Customer上のOracle Autonomous Databaseにデプロイされたクライアント仮想マシンのAutonomous Exadata VMクラスタで使用できます。

Oracle Database@Azureの管理は、OCI上のOracle Exadata Database Serviceと同じです。そのため、Operator Access Controlは適用されません。

Oracle Autonomous Databaseは提供されますか。

Oracle Database@Azureを介してOracle Autonomous Databaseを利用できる機能は、今後の追加を計画中です。現時点では、Azureのお客様はOracle Interconnectを使用して、Microsoft AzureからOCI上のOracle Autonomous Databaseの全機能にアクセスできます。

ビジネス固有または業界固有の質問をSQL問い合わせに変換するために、Oracle Autonomous Database Select AIでAzure OpenAIがサポートされるようになりました。お客様は、データがどこにどのように保存されているかを意識することなく、あらゆる言語で質問するだけでインサイトを得ることができます。Oracle Autonomous DatabaseはAzure Service Fabricと統合されたため、さらにシームレスなPower BIおよびOracle Autonomous Databaseワークフローを実現できます。

このサービスは、AzureのコンソールまたはAPIから完全に運営管理できますか。

AzureでOracle Databaseリソース・プロバイダを介してプロビジョニングされて管理されているOracle Database@Azureリソースは、Azureのコンソール、API、SDKまたはCLIから運営管理できます。

  • Exadataインフラストラクチャは完全管理型です。
  • Exadata VMクラスタは一部管理型です。
  • Oracleコンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースは、Oracleリソース・プロバイダによって管理されません。

Oracleリソース・プロバイダによって管理されるリソースと機能は、今後の拡張を計画中です。

プライマリ・リージョンに対する推奨DRサイズはいくらですか。

Oracle Database@AzureインフラストラクチャはOCI上のものと同一のものです。そのため、Oracle Cloud Capacity Analyticsなどの標準のExadataおよびOracle Databaseサイジング・ツールを使用できます。

AzureリージョンとOracle Database@Azureデプロイメントはどのような関係ですか。

Oracle Database@Azureハードウェアは、OCIの可用性ドメイン(AD)と同等の、Azureリージョンの可用性ゾーン(AZ)にデプロイされます。複数のAZとADが存在するAzureリージョンとOCIリージョンの場合、Oracle Database@Azureハードウェアは、OCIのADに1:1でマッピングされたAZにデプロイされます。

AzureとOCIの間を結ぶネットワークは何ですか。

AzureのOracle Database@Azureデプロイメントとその親OCIサイト間のネットワークは、OCIのAD間ネットワーク・インフラストラクチャと同様の、オラクル社内で管理される専用冗長ダーク・ファイバです。Oracle Database@Azureオンサイト・ハードウェアとAzureの間の接続は、Azureネットワーク・インフラストラクチャに直接接続された冗長ネットワーク・ハードウェアを介したローカル接続です。

AzureデータセンターとOracle Cloud Infrastructureデータセンター間はどのように接続されますか。

各Oracle Database@AzureデプロイメントはOCI親サイトに接続されます。このリンクは次の目的で使用されます。

  • コントロール・プレーン操作
    • Oracle Cloud Operationsによる、パッチ適用、監視、メンテナンスなどのインフラストラクチャ管理
    • Oracleリソース・プロバイダのプロビジョニングおよび制御ワークフロー
  • データ・プレーン操作
    • OCI Object StorageへのOracle Databaseのバックアップ(Oracle Databaseからのオプションの自動バックアップの一部として)
    • プライマリ・データベースから他の場所にデプロイされたスタンバイ・データベースへのOracle Data Guard REDOログの転送

ネットワークにはスロットル/容量制限はありますか(たとえば、お客様がOCI Oracle Exadata Database Service on Dedicated Infrastructureの数テラバイトのデータをOracle Database@Azureにレプリケートする場合)。

OCI親サイトとOracle Database@Azureインフラストラクチャの間のネットワークは、内部リージョン・ネットワークと見なされます。そのため、トラフィック・コストやスロットル制限は適用されません。ただし、Azure仮想ネットワークに課せられる容量およびその他の制限は適用されます(たとえば、委任されたサブネットとAzure Private Linkの間の帯域幅は50 Gb/秒に制限されているため、Azure Blob Storageアクセスなどのサービスに影響します)。

Oracle Database@AzureからOCIへの接続は、Oracle Interconnect for Microsoft Azure上を横断しますか。このサービスはOCI-Azureインターコネクトに依存しますか。

いいえ。Oracle Interconnect for Azureは、相互接続を必要とするOracleおよびAzureクラウド・サービスをデプロイする際にお客様が使用できるスタンドアロンのOracle Serviceです。Oracle Database@Azureはこのネットワーク・リンクを使用しません。

OCI-AzureインターコネクトとOracle Database@Azureはどちらもクラウド間の近接性を利用するため、将来的なリージョン・ロールアウトではかなりの重複が発生する可能性があります。

Azureサービスと他のOCIサービスを使用する場合は、Oracle Interconnect for Azureを構成する必要があります。

AzureとOCIのデータセンター間のトラフィックは暗号化されますか。

Oracle Database@Azureインフラストラクチャを含むサイト間のすべてのトラフィックは暗号化されます。

プライマリおよびDRデータベース間のディザスタ・リカバリにおけるデータ・レプリケーションの経路を教えてください。

Oracle Data Guard REDOログは、OCIインフラストラクチャ上の顧客管理ネットワークのクライアント・サブネットを介して、プライマリ・データベースからスタンバイ・データベースに送信されます。

  • スタンバイ・データベースが同じOracle Database@AzureのAZでホストされている場合:
    • REDOログは、AzureでホストされているOracle Database@Azureネットワーク・インフラストラクチャに対してローカルに送信されます。
    • ハブのVCNへのルーティングにローカル・ピアリング・グループが使用されます(別のOCIのVCNを使用している場合)。
  • スタンバイ・データベースが同じAzureリージョンの別のAZでホストされている場合:
    • REDOログは、親OCIサイトを介して送信されます(AZ間のトラフィックは発生しません)。
    • ハブのVCNへのルーティングにローカル・ピアリング・グループが使用されます(別のOCIのVCNを使用している場合)。
  • スタンバイ・データベースが別のOCIリージョンでホストされている場合:*
    • REDOログは、親OCIサイトを介してスタンバイOCIサイトに送信されます。
    • ハブのVCNへのルーティングにローカル・ピアリング・グループが使用されます。
  • スタンバイ・データベースが別のOracle Database@Azureリージョンでホストされている場合:*
    • REDOログは、親OCIサイトを介してスタンバイ親サイトを経由し、スタンバイOracle Database@Azureインフラストラクチャに送信されます。
    • ハブのVCNへのルーティングにローカル・ピアリング・グループが使用されます。

*アウトバウンド・データの転送コストが発生します。

OCIへの接続に障害が発生した場合はどうなりますか。引き続きデータ・プレーンは実行され、データにアクセスできますか。

既存のExadataデプロイメントは引き続き動作しますが、お客様はリソースを作成、更新または削除できません。OCIベースのサービスに依存するプロセスやプロシージャ(OCI Vaultのキーの参照やデータベースのバックアップなど)は、すべて失敗します。

Exadataデプロイメントが機能していても、OCIからAzure Monitorへ送信されるメトリックやロギングは遅延します。

コントロール・プレーンのすべての機能は使用できなくなります。