Block Volumesに関するよくある質問

アプリケーションとアプリケーション・スタック・テクノロジーの検出

簡易な検出

Stack Monitoringは、Oracle E-Business Suite や PeopleSoft などのアプリケーション、および Oracle WebLogic Server、Oracle Database、Apache Tomcat、Microsoft SQL Server、ホストサーバーなどのアプリケーション・スタック・テクノロジーに対する検出を容易にします。管理エージェントをデプロイした後、最小限のユーザー入力で開始できるワンクリックの検出プロセスにより、Oracle E-Business Suite アプリケーションのConcurrent Managers、PSFT アプリケーションのApplication Server Domains、WebLogic Server Domain の WebLogic Serversなど、関連するコンポーネントが自動的に検出されます。

アプリケーション・トポロジ

アプリケーションの包括的な監視には、アプリケーションと、それが動作するアプリケーション・サーバー、データストアとして使用されるデータベース間の結び付きを特定する必要があります。Stack Monitoringは、検出ロジックの一部として、このアプリケーション・トポロジを自動的に作成し、アプリケーション・スタック全体の問題のトラブルシューティングを可能にします。

すぐに使える、バイタル・サインの監視

監視用のキュレーションされたメトリック

Stack Monitoringは、各リソース・タイプを自動的に監視して、可用性ステータス、ロード、レスポンスおよび使用率に関する重要な兆候を見つけ、監視の重要性を判断するためにドメインの専門知識を必要とするDevOpsの負担を軽減します。主要メトリックのキュレートされたセットに集中することで、DevOpsチームはアプリケーションの全体的な状態を迅速に評価できます。

アラーム

DevOpsチームは、パフォーマンス・メトリック・ビューを動的に切り替えたり、リソースのホームページにドリルダウンしてさらに詳しく調べたりすることで、アドホック・トリアージを行うことができます。

負荷メトリックとパフォーマンス・メトリックを異なる期間に関連付けて、リソースが時間の経過とともに需要に対応できることを確認できます。

PSFTのDevOpsは、アプリケーション・サーバー・ドメインの状態とロードのステータスを確認し、サーバー・プロセスが実行中であるか、リクエスト・ボリュームが管理可能であるかを検証したり、WebLogicサーバーのキー・メトリック(JVMメモリー使用率やスレッド・プールのステータスなど)を確認したりできます。

カスタム・ダッシュボードを作成すると、APMデータ(トレース・データに基づくエンド・ユーザー・モニタリング・データおよびメトリック)を、OCI Monitoringを使用する他のデータ・ソースからのStack Monitoringデータおよびメトリック・データとともに表示できます。Stack Monitoringは、オンプレミスまたはOCIで実行されているデータベースやアプリケーション・サーバーを含む、アプリケーションとその基礎となるテクノロジー・スタックを検出、監視します。エンタープライズ・サマリー・ビューでは、アプリケーション・スタックの各層について、停止やアラーム、最もレスポンスの遅いリソース、最も利用率の高いリソースがハイライト表示されます。DevOpsチームは、パフォーマンス・メトリック・ビューを動的に切り替えたり、リソースのホームページにドリルダウンしてさらに詳しく調べたりすることで、アドホック・トリアージを行うことができます。

包括的な監視のためのホームページ

ホームページは、特定のリソース・タイプについて包括的な観測と監視を可能にします。DevOpsエンジニアは、現在の可用性ステータスをすばやく確認し、未解決のアラームを調査することができます。負荷メトリックとパフォーマンス・メトリックを異なる期間に関連付けて、リソースが時間の経過とともに需要に対応できることを確認できます。パフォーマンスが低下している場合、依存するリソースに迅速にドリルダウンして、リソース不足の問題があるかどうかを確認できます。

キューレートされたアプリケーション・スタック・ビュー

Oracle E-Business SuiteとPeopleSoftのホームページには、それぞれスタック・ビュー・ページがあり、アプリケーションとその基盤となるスタック全体の重要なKPIを迅速に把握することができます。

この単一のビューから、EBSのDevOpsエンジニアは、Oracle E-Business Suiteの上位プログラムの実行時間を確認したり、Concurrent Managerのリクエストが正常に完了しているかを確認したり、基盤となるWebLogic ServerのJava Virtual Machine(JVM)ヒープ使用率を監視したり、Oracle Databaseの待ち時間を表示させたりできます。

PSFTのDevOpsは、アプリケーション・サーバー・ドメインの状態とロードのステータスを確認し、サーバー・プロセスが実行中であるか、リクエスト・ボリュームが管理可能であるかを検証したり、WebLogicサーバーのキー・メトリック(JVMメモリー使用率やスレッド・プールのステータスなど)を確認したりできます。

期間を調整して傾向を把握し、新たに発生する可能性のある問題を特定することができます。

ダッシュボード

カスタム・ダッシュボードを作成すると、APMデータ(トレース・データに基づくエンド・ユーザー・モニタリング・データおよびメトリック)を、OCI Monitoringを使用する他のデータ・ソースからのStack Monitoringデータおよびメトリック・データとともに表示できます。