Single InstanceとOracle Real Application Clusters(RAC)19c、18c&12c

Single InstanceとOracle Real Application Clusters(RAC)19c、18c&12c

Oracle VM Templates - Oracle Databaseを短時間で導入するためのベストプラクティス

Oracle VMのアプリケーション駆動型のアーキテクチャは、アプリケーションを迅速にデプロイできるように設計されています。Oracle VM Templatesを使用すると、Oracle DatabaseやOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)などの高度なアプリケーションを数分でデプロイできます。これは他のソリューションを使用する場合の10分の1の時間です。

概要

Oracle Database用Oracle VM Templatesは、Oracle VM環境でシングルインスタンスOracle Restart(シングルインスタンス/HA)またはOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)構成を作成する作業を完全に自動化するフレームワークです。わずか数分で、汎用的に使用できる強力なOracle Database用Oracle VM Templatesを任意の数のVMにクローニングし、それらのVMをシングルインスタンスのOracle Restart(シングルインスタンス/HA)、または任意のノード数のOracle RACとしてデプロイできます。

テンプレートは、Oracle Linux Virtualization Manager(OLVM)で管理されるOracle KVMと、従来のOracle VM(Xen ベース)プラットフォームの両方に提供されます。
 

Oracle RAC受賞歴のあるOracle Database Enterprise Editionで使用可能なオプションです。Oracle RACは、従来のシェアード・ナッシング方式および共有ディスク方式の限界を克服する共有キャッシュ・アーキテクチャを採用したクラスタ・データベースです。すべてのビジネス・アプリケーションに拡張性と可用性の高いデータベース・ソリューションを提供します。Oracle RACは、Oracle Enterpriseグリッド・アーキテクチャの主要コンポーネントです。

これらのテンプレートは、Oracle VMを基盤とするシングルインスタンスまたはOracle RACクラスタを、テストおよび本番環境向けに迅速かつ簡単にデプロイできるように設計されています。

Oracle KVM/OLVM環境用のテンプレート:

Oracle VM環境用のテンプレート:

注: オラクルのディスクとOSディスクを混在させて必要な組み合わせにすることができます。

Oracle Database用Oracle VM Templatesの詳細については、My Oracle SupportのノートID1185244.1を参照してください。

インストレーション全体が自動化されており、ユーザーが行うのは最小限の情報(ノード名、IPアドレスなど)を入力することだけです。シングルインスタンス環境またはクラスタ(OVM3:Deployclusterツールを使用、OVM2:Dom0から直接)を完全に自動的に構築できます。これには、Nノードクラスタのネットワークの自動セットアップも含まれます。
最終的なシングルインスタンスまたはクラスタ構成は、「Oracle Real Application Clusters in Oracle VM environments」(PDF)および「Oracle Database and Oracle Real Application Cluster on Oracle Linux KVM」テクニカル・ホワイトペーパーに記載されている本番システム用のベストプラクティスに準拠しています(本番実装を選択したことを前提とします)。

クラウドニュース:2019年5月、これらのテンプレートはOracle Cloudに移行されました。これで、10年以上にわたってこれらのテンプレートを支えてきたのと同様のフレームワークを使用して、シングルインスタンス(すなわち、Oracle Restart)のOracle DatabaseをOCI Marketplaceからデプロイできるようになりました。Oracle Cloudへのスムーズな移行をお楽しみください。わずか数クリック、数分でOracle Databaseを完全にデプロイ可能です。

テンプレートの重要ポイント

  • 2022テンプレートの最新情報:
    • OVM: Oracle Linux 8.5 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.16.0.0.220719のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 7.9 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.16.0.0.220719のテンプレートをリリース
    • OLVM: OLVM: Oracle Linux 8.4 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.14.0.0.220118のテンプレートをリリース
    • OLVM: Oracle Linux 7.9 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.14.0.0.220118のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 8.5 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.14.0.0.220118のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 7.9 UEKR6 Update 3 (UEK R6U3): 19.14.0.0.220118、12.2.0.1.220118の各テンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 6.10 UEK4: 12.1.0.2.220118のテンプレートをリリース
  • 2021テンプレートの最新情報:
    • OLVM: Oracle Linux 7.9 UEKR6 Update 2 (UEK R6U2): 19.12.0.0.210720のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 7.9 UEK Release 6 Update 2 (UEK R6U2): 19.12.0.0.210720、12.2.0.1.210720の各テンプレートをリリース
    • OLVM: Oracle Linux 8.4 UEKR6 19.11.0.0.210420のテンプレートをリリース
    • OLVM: Oracle Linux 7.9 UEKR6 Update 2 (UEK R6U2): 19.11.0.0.210420のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 8.3 UEK6 19.11.0.0.210420のテンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 7.9 UEK Release 6 Update 2 (UEK R6U2): 19.11.0.0.210420、18.14.0.0.210420、12.2.0.1.210420の各テンプレートをリリース
    • OVM: Oracle Linux 6.10 UEK4: 12.1.0.2.210420のテンプレートをリリース
  • Deployclusterツールは、Oracle KVM/OLVMおよびOracle VM 3でのシングルインスタンスおよびOracle Real Application Clustersのデプロイをエンドツーエンドで完全に自動化します。
  • DB/RAC Templatesのすべてのバージョンは、Oracle KVM/OLVM、 Oracle VM 3、Oracle VM 2でそれぞれ完全にサポートされており、現在のサポートポリシーに従っています。
  • Oracle Virtualization テンプレートは、Oracle Linux 8、Oracle Linux 7、または Oracle Linux 6 システムイメージの最小限のインストールを使用します。基本的なRPMパッケージのみがインストールされます。
  • OSとOracleのディスクの混在およびマッチングがサポートされており、これを簡単に行うことができます。
  • The Oracle Virtualizationテンプレートを使用して、最新の推奨パッチが適用されたOracle Clusterware、Oracle Database、Oracle Automatic Storage Management(ASM)を含むシングルインスタンスまたは任意のノード数のクラスタを構築できます。
  • この環境には、Swingbench、Oracle Cluster Health Monitor、OS Watcher、ASMLib rpm、その他のツールがロードされます。
  • インストールプロセスの間、Oracle Single InstanceまたはOracle RACデータベース・インスタンスがすべてのノードにデフォルトで作成されます。
  • 単一のコマンドを使用して、任意の数のノードまたはインスタンスをクラスタに追加、またはクラスタから削除できます。

Oracle KVM/OLVMおよびOracle VM 3用DeployClusterツール

DeployClusterツールSingle InstanceOracle Restart (SIHA)、RAC のデプロイが完全にサポートされるようになりました。これはOracle KVM/OLVMとOracle VM 3ユーザーにとって朗報です。このツールは、Oracle KVM/OVIRT API と Oracle VM 3 API をそれぞれ活用し、単一のコマンドで複雑なVMセットを(OLVM上に)作成、起動、必要な設定の詳細を送信することにより、デプロイの高速化と自動化を支援します。また、ユーザーがVM、Oracle KVM Servers、Oracle Linux Virtualization Manager、または Oracle VM Manager にログインしなくても、Single Instance またはクラスタの自動構築が開始されます。

Deploycluster / KVM/OLVMユーザー向けのドキュメント:  Oracle Linux Virtualization Manager - OLVM用DeployClusterツール導入ガイド(PDF) 

Deploycluster / Oracle VM 3OLVMユーザー向けのドキュメント: Oracle VM用DeployClusterツール(PDF)

注: Deployclusterを正しく動作させるために、インストールされているフレームワークに基づいて正しいバージョンをダウンロードし、使用してください(Oracle VMとOracle KVM/OLVMを混在させないでください)。このツールは、これらの公開されたOracle Virtualization Database Templatesにのみ公式にサポートされています。

Oracle KVM/OLVM 4 以降へのデプロイには、DeployCluster for Oracle KVM/OLVM バージョン4.x を使用してください。

Oracle KVM/OLVM 3.3/3.4 以降へのデプロイには、DeployCluster for Oracle KVM/OLVM バージョン 3.x を使用してください。

Oracle VM 3.2以前へのデプロイには、DeployCluster for Oracle VM バージョン 2.xを使用してください。

Single InstanceとOracle 12cのサポートは、DeployCluster バージョン2.0以降で提供されます。

My Oracle Support ノートID 1185244.1

Oracle Software Delivery Cloudに関する手順

  • http://edelivery.oracle.com/oraclevmにアクセスします。
  • 登録情報(氏名、会社名、電子メールアドレス、国名)を入力して、ダウンロード契約をクリックします。
  • 「DB/RAC OVMテンプレート」を検索します。
  • 選択したバージョンの「カートに追加」をクリックし、「チェックアウト」をクリックします。
  • 下にスクロールしてライセンス条項を読み、「同意」をクリックしてから「続行」をクリックします。
  • すべてのzipファイルをダウンロードして解凍し、最初のzipファイルに含まれているREADMEを読みます。

: サイズが大きいファイルをダウンロードする場合や、ダウンロードの再開などの機能が必要な場合は、ダウンロード・マネージャを使用することを強く推奨します

Oracle Database 19cをクラウドで試す