Real Application Clusters

Oracle Real Application Clusters(RAC)

高可用性と拡張性を超えるソリューション

RACの最新情報

ホワイトペーパー:Oracle Real Application Clusters(PDF)

ホワイトペーパー:Oracle Real Application Clusters(PDF)

ビデオ:Oracle RACの紹介

ビデオ:Oracle RACの紹介

ビデオ:自律型データベースの基調講演ハイライト

詳細を見る

アーキテクチャ

Oracle Real Application Clustersは、受賞歴のあるOracle Database Enterprise Editionのオプションです。Oracle RACは、従来のシェアード・ナッシング方式および共有ディスク方式の限界を克服する共有キャッシュ・アーキテクチャを採用したクラスタ・データベースです。すべてのビジネス・アプリケーションに拡張性と可用性の高いデータベース・ソリューションを提供します。Oracle RACは、オラクルのプライベート・クラウド・アーキテクチャの主要コンポーネントです。

高可用性

Oracle Real Application Clustersは、単一障害点となる個々のデータベース・サーバーを排除することで、最高レベルのデータベース可用性をお客様に提供します。クラスタ化されたサーバー環境では、データベース自体がサーバーのプール全体で共有されるため、サーバー・プールのいずれかのサーバーで障害が発生しても、残りのサーバーで引き続きデータベースが実行されます。Oracle RACを使用すると、サーバーに障害が発生してもデータベースのワークロードを引き続き処理できるだけでなく、計画的なメンテナンス作業に伴うデータベースのオフライン時間を短縮することで、ダウンタイムのコストをさらに削減することもできます。

拡張性

Oracle Real Application Clustersを使用すると、クラスタ化されたサーバーのプール全体にOracle Databaseを透過的に展開できます。つまり、1台のサーバーのOracle Databaseをデータベース・サーバーのクラスタに簡単に再展開できるため、お客様はクラスタ化されたデータベース・サーバーが提供するメモリ容量と処理能力の両方を最大限に活用することができます。

Database as a Service

Oracle Real Application Clustersは、サーバーのプールにOracle Databaseを容易に展開し、クラスタが提供するパフォーマンス、拡張性、および可用性を最大限に活用するために必要なソフトウェア・コンポーネントをすべて備えています。Oracle RACでは、Oracle RACデータベース・システムの基盤としてOracle Grid Infrastructureを使用しています。Oracle Grid Infrastructureには、可用性と拡張性に優れたデータベース・クラウド環境でサーバーとストレージのリソースを効率的に共有できる、Oracle ClusterwareとOracle Automatic Storage Management(ASM)が含まれています。

Oracle Database 18cをクラウドで試す