オラクルのストレージ管理の基盤

オラクルのストレージ管理の基盤

Oracle Databaseの機能の1つであるAutomatic Storage Management(ASM)は、すべてのサーバー・プラットフォームおよびストレージ・プラットフォームにわたって一貫したシンプルなストレージ管理を提供します。

 

詳細

アーキテクチャ

Oracle Databaseの機能の1つであるAutomatic Storage Management(ASM)は、すべてのサーバー・プラットフォームおよびストレージ・プラットフォームにわたって一貫したシンプルなストレージ管理を提供します。Oracle ASMでは、ストレージはASMディスクグループと呼ばれる少数のストレージプールとして管理されます。データベース関連ファイルはASMディスクグループに割り当てられ、ASMがそのレイアウトとデータ編成を管理することで、最適なパフォーマンスとストレージのハードウェア障害に対する保護が得られます。ASMディスクグループは、ストレージを集約する簡便な手段を提供し、これまでDBAやシステム管理者に要求されてきた管理作業を簡素化します。ASMによるストレージ管理はOracle ASM Cluster File System(Oracle ACFS)の基盤となり、データベース外部のデータに対して一元管理されたストレージを提供します。

ASMの主な利点

  • ストレージ管理の簡素化と自動化
  • ストレージの利用率とアジリティの向上
  • 予測可能なパフォーマンス、可用性、スケーラビリティの実現
  • サーバーがクラッシュした場合のデータベース障害への対応
  • ACFSによる統合ストレージ管理

Oracle RACのソリューション・ファミリー

Oracle RACのソリューション・ファミリーとは、Oracle RACまたはOracle RAC One Nodeのライセンスをお持ちのお客様が、追加料金なしで使用できる製品や機能の集合体です。各ソリューションは、Oracle RACの中核機能を強化または補完するために、可用性とスケーラビリティをいっそう向上させ、日々のオペレーションを自動化および簡素化します。これらの有用な機能強化の詳細については、以下の図に示す各ソリューションのリンク先をご覧ください。Oracle ASMの詳細については、このページの最後のリンク先をご覧ください。

 

ソリューション・ファミリー

 

Oracle Database 19cをクラウドで試す