該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracleストレージ管理の基盤

Oracleストレージ管理の基盤

Oracle Databaseの機能であるOracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)を利用すると、すべてのサーバー・プラットフォームおよびストレージ・プラットフォーム間で一貫した簡易なストレージ管理機能を利用できます。

 

詳細情報

アーキテクチャ

Oracle Databaseの機能であるOracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)を利用すると、すべてのサーバー・プラットフォームおよびストレージ・プラットフォーム間で一貫した簡易なストレージ管理機能を利用できます。Oracle ASMでは、ストレージはASMディスク・グループと呼ばれる少数のストレージ・プールとして管理されます。データベース関連ファイルはASMディスク・グループに割り当てられ、Oracle ASMがそのレイアウトとデータ編成を管理することで、最適なパフォーマンスとストレージのハードウェア障害に対する保護が提供されます。ASMディスク・グループは使いやすく簡単な方法でストレージを統合する手段を提供し、DBAやシステム管理者にかつて必要とされた管理作業を簡素化します。Oracle ASMは、データベース外部のデータに対して一元管理されたストレージを提供する、Oracle ASM Cluster File System(Oracle ACFS)の基盤となるストレージ管理を提供します。

Oracle ASMのおもな利点

  • ストレージ管理の簡素化と自動化
  • ストレージの利用率および即応性の向上
  • 予測可能なパフォーマンス、可用性、スケーラビリティの実現
  • サーバーがクラッシュした場合のデータベース障害への対応
  • Oracle ACFSによる統合ストレージ管理

Oracle RACのソリューション・ファミリー

Oracle RACのソリューション・ファミリーとは、Oracle RACまたはOracle RAC One Nodeのライセンスを持つお客様が追加料金なしで使用できる製品と機能の集合を表します。各ソリューションは、可用性とスケーラビリティをいっそう向上することで、または日々のオペレーションを自動化し、簡素化することで、Oracle RACのコア製品を強化または補完しています。これらの価値ある機能強化について詳しくは、以下の図の各ソリューションのリンク先をご覧ください。Oracle ASMについて詳しくは、ページの最後のリンク先をご覧ください。

クラウドでOracle Database 19cを試す