該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle RACの基盤となる高可用性クラスタ

Oracle RACの基盤となる高可用性クラスタ

Oracle Clusterwareは、複数の独立したサーバーをクラスタ化することで1つのシステムとして機能させるポータブルなクラスタソフトウェアです。Oracle Clusterwareは、オラクルのマルチインスタンス・データベースであるOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)に必要なクラスタテクノロジーとして、Oracle Database 10gリリース1で初めてリリースされました。

Oracle Clusterwareの最新情報

ホワイトペーパー:Oracle Clusterwareの最新情報(PDF)

ホワイトペーパー:Oracle Clusterwareの最新情報(PDF)

ビデオ:Oracle Clusterwareの紹介

ビデオ:Autonomous Databaseの基調講演ハイライト

 

詳細を見る

アーキテクチャ

Oracle Clusterwareは、Oracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)とともにOracle Grid Infrastructureを構成しており、Oracle Real Application Clustersの統合基盤です。また、Oracle RACをサポートする主要なプラットフォームで実行されるすべてのアプリケーションのための高可用性を備えたリソース管理フレームワークでもあります。過去10年以上にわたり、Oracle Clusterware 11gとそれに続くOracle Clusterware 12cおよびOracle Clusterware 18cは、Oracle RACのデータベースとアプリケーションのために高可用性とスケーラビリティを実現する高品質なプラットフォームを提供してきました。Oracle Clusterware 19cは、この革新的なテクノロジーを基に構築されており、クラスタのデプロイメントがさらに簡素化され、全体的な使いやすさが向上しています。クラウド環境でOracle Clusterwareを利用することで、必要な場所にエンタープライズ・レベルの復元力を提供し、必要なときに必要な場所でコンピューティング・リソースをオンラインで動的に割り当てることができます。

Oracle Clusterwareの新機能

Oracle Clusterware 19cでは、これまでのリリースの目的を踏襲し、デプロイメントが簡素化されてユーザー・エクスペリエンスが強化されています。主要な点は、Oracle Flex Clusterアーキテクチャからリーフノードが除去されたことです。その代わりに、Oracle Clusterware 19cでは、標準ハブノード上に読み取り中心のデータベース・インスタンスとアプリケーション専用のクラスタノードを作成することが可能になり、クラスタのデプロイと運用管理の両方が簡単になりました。この仕組みは、クラスタのワークロードと統合データベースシステムが混在する場合に特に役立ちます。

Oracle Clusterware 18cでは、特に使いやすさの向上と運用オーバーヘッドの削減に重点を置いて機能が強化され、新機能が導入されました。主な利点は、デプロイメントに必要なIPアドレスの数が減少したことです。これは、Node VIPを不要とし、多くのクラスタの間でShared SCAN VIPセットアップを利用することによって成し遂げられました。特記すべきは、ローカルRACデータベース・インスタンスに影響を与えずに(したがって、そのデータベースのユーザーに影響を与えずに)GIスタックにパッチを適用する機能が追加されたことです。クラスタドメイン(Oracle 12cリリース2で追加)も大幅に拡張され、スタンドアロン・クラスタをメンバークラスタに変換する機能と、リモートASMストレージサービスを使用してメンバークラスタにローカルACFSファイルシステムをプロビジョニングする機能が追加されました。さらに、クロスクラスタ依存性プロトコルプロキシの導入により、すべてのクラスタにわたってOracle Clusterwareのリソース依存性管理が可能になりました。

Oracle Grid Infrastructureの(バンドル)エージェント

Oracle Grid Infrastructureは、ビジネスクリティカルなアプリケーションの高可用性(HA)を管理するために不可欠なコンポーネントを提供します。統合環境におけるHAは、もはや単純なアクティブ/スタンバイ方式のフェイルオーバーではありません。このような環境では、リソース割り当てを必要に応じて確保する実行時ワークロード管理が求められます。Oracle Grid Infrastructureのエージェントは、Oracleアプリケーションのワークロード管理とHAを可能にします(現時点では、Siebel、Oracle E-Business Suite、Oracle GoldenGate、Peoplesoft、JD Edwards、WebLogic、Apache、MySQLがサポートされています)。Oracle Grid Infrastructure 11gリリース2(11.2.0.3以降)では、エージェントの提供方法は「スタンドアロン」のみで、AIX、Solaris、Linux、Windowsでサポートされていました。

スタンドアロンのデプロイメントモデルを使用すると、エージェントのホームディレクトリ構造の選択や将来のエージェントのアップグレードをより柔軟に行うことができます。スタンドアロンのデプロイメントは推奨されるインストールモデルであり、今後も引き続き提供されますが、これに加えてバンドルエージェント(Grid Infrastructureソフトウェアのリリースにバンドルされているエージェント)もサポートされます。

Oracle RACのソリューション・ファミリー

Oracle RACのソリューション・ファミリーとは、Oracle RACまたはOracle RAC One Nodeのライセンスを持つお客様が追加料金なしで使用できる製品や機能を集めたものです。各ソリューションは、Oracle RACの中核機能を強化または補完するために、可用性とスケーラビリティをいっそう向上させ、日々のオペレーションを自動化および簡素化します。これらの有用な機能強化の詳細については、以下の図に示す各ソリューションのリンク先をご覧ください。Oracle Clusterwareの詳細については、このページの最後のリンク先をご覧ください。

Oracle Database 19cをクラウドで試す