該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Autonomous Health Framework

Oracle Autonomous Health Framework

データベースの可用性とパフォーマンスを維持するための機械学習ベースのソリューション

Oracle AHFの新機能

ホワイト・ペーパー:Oracle Autonomous Health Framework(Oracle AHF)

ホワイト・ペーパー:Oracle Autonomous Health Framework(Oracle AHF)

ビデオ:Oracle Autonomous Health Framework(Oracle AHF)

ビデオ:Oracle Autonomous Database(基調講演での見どころ)

詳しく見る

 

概要

Oracle Autonomous Health Framework(Oracle AHF)は、コンポーネントとして提供される次世代型のツールです。コンポーネントが24時間365日連携して自律的に機能することで、データベース・システムの正常な稼働を維持し、人的な対応時間を最小限に抑えます。Oracle AHFは、応用機械学習テクノロジーを利用し、可用性とパフォーマンスに関してデータベース管理者やシステム管理者が直面する運用上のランタイム問題について、早期に警告を発するか、またはそれらの問題を自動的に解決します。

可用性の維持

Oracle AHFは、ソフトウェア(DB、GI、OS)の問題とハードウェア(CPU、ネットワーク、メモリ、ストレージ)の問題の両方に対して、以下の方法でデータベース・システムの可用性を維持します。

  • 潜在的な可用性問題について早期に警告する
  • 根本的な原因と推奨されるアクションを特定して迅速に解決する
  • 関連性のある診断情報をすべて収集してOracle Support Servicesで効率的に選別できるようにする

可用性の問題には、メモリの負荷、ランナウェイ問合せ、ハング、DoS攻撃、不正なワークロード、ソフトウェアのバグ、ソフトウェア構成、ファイル・アクセス権の変更を原因とする問題などがあります。

パフォーマンスの維持

Oracle AHFは、次の方法で、ソフトウェア問題(バグ、構成、競合など)やクライアント問題(需要、問合せ、接続管理など)の発生中のパフォーマンスを維持します。

  • 潜在的なパフォーマンスの低下問題について早期に警告する
  • ハング・セッションを検出して自動的に解決する
  • ボトルネックのリソース(ストレージ、グローバル・キャッシュ、CPU、またはSQL)を特定する
  • リソースを再割り当てして目標のSLAとパフォーマンスを維持する

パフォーマンスの問題には、ベスト・プラクティスからの逸脱、パラメータの構成ミス、ソフトウェアのバグ、リソースのオーバーサブスクライブ、サーバーまたはデータベースの能力を上回る過度な需要を原因とする問題などがあります。

Oracle RACのソリューション・ファミリー

Oracle RACのソリューション・ファミリーとは、Oracle RACまたはOracle RAC One Nodeのライセンスを持つお客様が追加料金なしで使用できる製品と機能の集合を表します。各ソリューションは、可用性とスケーラビリティをいっそう向上することで、または日々のオペレーションを自動化し、簡素化することで、Oracle RACのコア製品を強化または補完しています。これらの価値ある機能強化について詳しくは、以下の図の各ソリューションのリンク先をご覧ください。Oracle AHFについて詳しくは、ページの最後のリンク先をご覧ください。

Oracle Database 19cをクラウドで試す