該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracleサービス指向アーキテクチャ(SOA)

Bring Your Own License(BYOL)を使用して既存のオンプレミス統合と複合アプリケーションをそのままクラウドに移動でき、 Oracle Integrationを使用して最新の統合機能を作成できるのはOracle SOAのみです。

認定された統合システムインテグレーターを探す

オラクルテクノロジーの付加価値サービスの構築、販売、提供に関する専門知識を備えた、お近くのオラクルのパートナーを簡単に見つけることができます。デジタルビジネスと近代化プロジェクトをスピードアップするために必要なノウハウを入手してください。

統合ニュースレターを購読する

Oracle Integration and Automation Servicesの最新ニュース、サービスの更新、技術的なヒントとコツ、および今後のイベントへの早期アクセスを入手してください。同僚やオラクルの製品マネージャーからベストプラクティスについて、聞いてください。

統合機能とプロセスをクラウドに移行する方法をご覧ください。

クラウドまたはオンプレミスにSOAを導入

エンドツーエンドの統合フローの自動化および分析

統合の自動化

Oracle、サードパーティ、およびカスタム・アプリケーション間でデータ・フローを自動化することにより、生産性を向上させ、再入力エラーを減らします。アプリケーションの相互作用のためのクライアントからサービスを分離することでビジネスの俊敏性を高めてサポート・コストを削減します。

事前構築されたアプリケーション・アダプタ

オンプレミスと一部のSaaSアプリケーションをB2Bパートナーと接続し、エンドツーエンドのERP、HCM、およびCXプロセスを自動化します。

パッケージ化運用ダッシュボード

Oracle SOAダッシュボードは、統合データ・フローを追跡および追跡して例外への迅速な対応を可能にし、ビジネス・サービス・レベル契約(SLA)が確実に満たされるようにします。


デプロイメントの移植性を備えたクラウドへの接続の移行

オンプレミスのクラウドへの移行

既存のオンプレミスのSOA統合をクラウドに移行することで、再コーディングなしでアプリケーション・モダナイゼーションを加速します。完全な移植性を備えたデジタル・トランスフォーメーションの各段階で技術的なリスクを抑えます。

オンプレミスとクラウドの共存

統合機能をオンプレミスまたはクラウドに選択的にデプロイして、セキュリティ、コスト、規制要件を最適化します。サービス指向スタイルの自動化に関する専門知識を活用し、開発をOracle Integrationにシフトして最新の接続を実現します。


完全な制御を実現する統一された運用管理

自動プロビジョニング

Oracle SOAに登録することで、ハードウェア・コスト、調達のリードタイム、およびサーバーを手動でプロビジョニングする手間を節約できます。Oracle Service Busの自動プロビジョニング、ビジネス分析、およびマネージド・ファイル転送(MFT)を使用して、開発、テスト、または本番環境を迅速に拡張します。

自動管理

バックアップ、復元、スケーラビリティ、高可用性などの管理操作を自動化することで、複雑さやエラーを減らし、俊敏性を高めます。

仮想管理アクセス

Webベースの統合コンソールを介したSOAサーバーへの包括的な管理アクセスと、セキュア・シェル(SSH)を介した仮想マシン・アクセスにより、メンテナンス・コストと複雑さを軽減します。


信頼性の高い配信を実現するマネージド・ファイル転送(MFT)

シンプルで安全なファイル転送

組み込みのPretty Good Privacy(PGP)暗号化、SSH、およびSecure File Transfer Protocol(sFTP)を活用することにより、ファイル転送保護を簡単に構成できます。

転送の拡張と監視

信頼できるファイル転送と再送信の柔軟なスケジューリング、通知、およびレポートを利用できます。


Oracle SOAを使用したオンプレミスのERPの成功事例

何百ものお客様が、事前構築されたアダプタ、例、プロセス・テンプレート、リアルタイムのビジネス・インサイトなどOracle SOAを有効に利用し、デジタル・モダナイゼーション・プログラムを段階的に進めてプロジェクトの実施を加速させています。

drop tank社のロゴ
orangeのロゴ
pernod ricard社のロゴ
National Pharmacies社のロゴ
AFG社のロゴ
Land O’Lakes社のロゴ
Bank Audi社のロゴ

Bank Audi S. A. L.はOracle SOAを使用して新しい銀行サービスを迅速に構築しています

Oracle SOAの使用事例

  • シンプルになったERPアプリケーション統合

    手動の手順と例外処理を自動化することにより、申込書、POの作成、および請求書の検証プロセスをスピードアップします。

    ERPの統合ユースケースを見る

  • アプリケーション統合とHCMの統一

    接続の障壁を取り除き、HRプロセスを統合し、従業員のエンゲージメントを改善し、コストを削減します。

    HCMの統合ユースケースを見る

  • シームレスなCXのためのCRMの接続

    Oracle SOAは、機会創出から見積り、見積りから注文、サービスから販売といった営業プロセスを簡素化します。

    CXの統合ユースケースを見る

SOA価格

Oracle SOA

製品
比較価格
( /vCPU)
単価(1 vOCPUにつき、1時間あたり)
課金単位
Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructure


一時間あたりのOCPU
Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructure - EDIのB2Bアダプタ


1 OCPUにつき、1時間あたり

Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructureは、Oracle WebLogic Server、Service Bus、Managed File Transfer(MFT)、およびBusiness Activity Monitoring(BAM)で構成されます。
Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructure - EDIのB2Bアダプタは、Oracle SOA Suite for Oracle Cloud InfrastructureにEDIのB2Bアダプタ機能をバンドルしています。
使用制限のリストについては、サービスに関する説明(PDF)を確認してください。


Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructureは、Oracle WebLogic Server、Service Bus、Managed File Transfer(MFT)、およびBusiness Activity Monitoring(BAM)で構成されます。
Oracle SOA Suite for Oracle Cloud Infrastructure - EDIのB2Bアダプタは、Oracle SOA Suite for Oracle Cloud InfrastructureにEDIのB2Bアダプタ機能をバンドルしています。
使用制限のリストについては、サービスに関する説明(PDF)を確認してください。


一般的なクラウド業界の慣行では、含まれる仮想CPU(vCPU)の数に基づいてコンピュート・インスタンスを定義します。各vCPUは、1スレッドの実行のための容量を提供します。vCPUは、物理コンピューティング・コア全体を提供するのではなく、コアの一部です。対照的に、オラクルのx86コンピュートシェイプは、物理CPUコアと同等のOCPUを使用し、それぞれが2つのスレッドを提供します。顧客がクラウド・サービス・プロバイダー間で比較しやすくするために、OracleはWebページにvCPUの価格を表示し、請求は顧客が消費するOCPU時間の数に基づいています。顧客が請求される1時間あたりのOCPU料金は、Webページ上のvCPU料金の2倍となります。これは、お客様が1つではなく2つのvCPUの計算能力を得られるためです。

2020年6月23日

Webキャスト:Oracle SOA Suiteをクラウドの最新のOracle Integrationにアップグレードする

Oracle SOA、シニア・プロダクト・マネージャ、Jürgen Kress

統合機能をクラウドに移行しますか、それともSOA Suiteプラットフォームを最新化しますか?Oracleプラチナ・パートナー、eProseedによる無料のWebキャストに参加して、お客様がどのようにOracleの最新の統合ソリューションを使用してコストを削減しながら統合の俊敏性を劇的に向上させたかを確認してください。

全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース

ドキュメント

クラウドツークラウドおよびクラウドツーオンプレミス・アプリケーション、プロセス、およびデータ接続向けにOracle SOAを使い始める方法

ERP、HCM、およびCXアプリケーション・モダナイゼーションとは、既存の投資を最大限に活用してデジタル・ビジネス戦略にイノベーションを組み込むことです。無料トライアルを入手し、SOAアプリケーションをより迅速に設計およびデプロイする方法を理解して、最新のベスト・プラクティスを手に入れてください。

クラウド学習

これらのステップバイステップのチュートリアルによって、クラウドツークラウドおよびクラウドツーオンプレミスのアプリケーション、プロセス、およびデータ接続向けのOracle SOAの詳細をご覧ください。

わかりやすいチュートリアルを使用して、オンプレミスおよびカスタムのアプリケーションやデータベースをSaaSに接続し、プロセスを自動化します。SSHキー、ストレージコンテナ、Oracle Database Cloud Serviceを作成し、クイックインストールを実行します。スケーラブルなSOAアプリケーションを作成してデプロイする方法を学びます。

画像のaltタグを追加

ERP、HCM、CXアプリケーション・モダナイゼーション、デジタル・トランスフォーメーションの段階的なジャーニーについてサポートを受ける

Oracle Premier Supportの詳細を知って、IT投資の活用に役立て、新機能への透過的なアクセスを確保し、必要なときに必要な場所で信頼できる専門家を手配します。

コンサルティング

ERP、HCM、CXアプリケーション・モダナイゼーション、またはデジタル・トランスフォーメーションの段階的なジャーニーのすべての段階でサービスを利用する

Oracle Advanced Customer Servicesの詳細を知って、既存のIT投資を最大限に活用し、デジタル・ビジネス開発を加速させ、Oracle SOAと自動化を使用してエンドツーエンドのエンタープライズ・プロセスを合理化します。

関連製品

Oracle MFT Cloud

オンプレミスからクラウド接続に

Oracle API Gateway

包括的なライフサイクル管理

Oracle Integration

より迅速な統合および自動化

統合ブログ

すぐに繋がる

ここから始めよう


Oracle SOAをお試しください

パッケージ化された開発や評価環境をすばやくインストールします。


事前構築されたSOA仮想マシンの詳細を見る

すぐに使用できる完全構成のVirtualBoxアプライアンスでOracle SOAをお試しください。


Connected Communityに参加する

モダナイゼーションの旅を続けながら、Oracle SOAについてのアイデアを共有してください。


ガートナーのウェビナー

デジタル統合ハブが、コネクテッド・ビジネスのイノベーションをどのように促進できるかを探ります。