該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

IoTとは?

Internet of Things(IoT)とは、インターネットを介して他のデバイスやシステムとつながったりデータを交換したりするためのセンサー、ソフトウェア、その他のテクノロジーが組み込まれた物体—“モノ”—のネットワークのことです。これらのデバイスには、普通の家庭用のものから洗練された工業用具まであります。現在、70億を超えるIoTデバイスが接続されており、この数は、2020年までに100億、2025年までに220億に達すると専門家は予測しています。

IoTがそれほど重要なのはなぜですか?

ここ数年で、IoTは、21世紀の最も重要なテクノロジーの1つになりました。現在、内蔵されたデバイスを介して、日常のあらゆるモノ(キッチン家電、自動車、サーモスタット、ベビー・モニターなど)をインターネットに接続できるようになりました。これにより、人、プロセス、モノの間でシームレスな通信が可能になりました。

安価な演算装置、クラウド、ビッグ・データ、分析、およびモバイル・テクノロジーにより、最小限の人的介入でモノがデータを共有および収集できるようになりました。この高度につながれた世界では、デジタル・システムにより、つながれたモノどうしのそれぞれのやり取りを記録、監視、および調整することができます。現実世界とデジタル世界を出会わせて、協力させることができます。

IoTを可能にしたのはどのようなテクノロジーですか?

IoTの概念は長い間存在してきましたが、最近のさまざまなテクノロジーの進歩によって、実用化されるようになりました。

  • 低コストおよび低電力のセンサー・テクノロジーの普及。信頼性の高い手頃な価格のセンサーのおかげで、より多くの製造会社がIoTテクノロジーを利用できるようになりました。
  • 接続性。インターネット用の多数のネットワーク・プロトコルにより、センサーを簡単にクラウドや他の“モノ”に接続でき、効率的にデータを転送できるようになりました。
  • クラウド・コンピューティング・プラットフォーム。クラウド・プラットフォームを利用しやすくなったため、企業と消費者の両方が、実際には何も管理することなく、拡張に必要なインフラストラクチャにアクセスできるようになりました。
  • 機械学習と分析。機械学習と分析の進歩に加えて、クラウドに保存されている多種多様なデータが利用可能になったことで、企業はより迅速かつ簡単にインサイトを収集できるようになりました。これらの関連したテクノロジーの出現は、IoTの境界線を押し広げており、IoTによって生成されたデータがこれらのテクノロジーを成長させています。
  • 会話型人工知能(AI)。ニューラル・ネットワークの進歩により、自然言語処理(NLP)がIoTデバイス(デジタル携帯情報端末のAlexa、Cortana、Siriなど)で可能になり、それらを魅力的で、手頃な価格の、家庭でも楽しめるデバイスへと変えました。

産業用IoTとは何ですか?

産業用IoT(IIoT)とは、特にクラウド・テクノロジーに関わるセンサーやデバイスの計測および制御に関連した、産業環境におけるIoTテクノロジーの応用方法のことです。産業用機械では、最近、マシンツーマシン通信(M2M)により、ワイヤレスによる自動化および制御が達成されました。しかし、クラウドや関連するテクノロジー(分析や機械学習など)の出現により、新しい自動化レイヤーが可能になっており、それによって新しい収益とビジネス・モデルを生み出すことができるようになっています。IIoTは、第4次産業革命またはインダストリー4.0と呼ばれることがあります。以下は、IIoTの一般的な用途のいくつかです。

  • スマート・マニュファクチャリング
  • 予防および予測メンテナンス
  • スマート電力網
  • スマート・シティ
  • コネクテッド・スマート・ロジスティクス
  • スマート・デジタル・サプライ・チェーン

IoTでビジネス価値を引き出す

IoTが市場でより広く普及するにつれて、組織はIoTがもたらした途方もないビジネス価値を利用するようになっています。これらの利点には、次のものが含まれます。

  • IoTデータからデータ駆動型のインサイトを導き出し、ビジネスの管理を改善する
  • 業務の生産性と効率を向上させる
  • 新しいビジネス・モデルと収益源を創出する
  • 現実のビジネス世界をデジタル世界に簡単かつシームレスに接続して、短期間で価値を実現する

IoTアプリケーションとは何ですか?

ビジネスレディのSaaS IoTアプリケーション

IoTアプリケーションは、取り込まれたIoTセンサーデータを分析し、ダッシュボードを介してビジネス・ユーザーに提示できる、事前に作成されたSaaS(Software as a Service)アプリケーションです。

IoTアプリケーションでは、機械学習アルゴリズムを使用して、クラウド内の大量のコネクテッド・センサー・データが分析されます。リアルタイムのIoTダッシュボードとアラートを使用して、主要業績評価指標や平均故障間隔の統計などの情報を見ることができます。機械学習ベースのアルゴリズムは、機器の異常を識別してユーザーにアラートを送信するだけでなく、修理や予防的対策を自動的にトリガーすることもできます。

ビジネス・ユーザーは、クラウドベースのIoTアプリケーションを使用することで、サプライ・チェーン、カスタマー・サービス、人事、および金融サービスに関する既存のプロセスを迅速に強化できます。ビジネス・プロセス全体を作り直す必要はありません。

よく使用されるIoTアプリケーションとは何ですか?

幅広いアプリケーションで活用されているIoTの能力は、センサー情報を提供し、デバイス間通信を可能にする能力です。以下は、最も一般的なアプリケーションのいくつかとその機能です。

  • 機械の監視と製品品質の監視を通じて、製造に新たな効率を生み出します。機械を継続的に監視および分析し、それらが要求された許容範囲内で機能していることを確認することができます。製品をリアルタイムで監視し、品質欠陥を識別してそれに対処することができます。
  • 物理的な資産の追跡および“リングフェンス”機能を向上させます。追跡機能により、企業は資産の位置を迅速に特定できます。リングフェンス機能では、高価な資産を盗難や撤去から保護することができます。
  • ウェアラブルを使用して、健康状態の分析と環境条件を監視します。IoTウェアラブルにより、ユーザーは自分の健康状態をより良く理解することができ、医師は患者を遠隔から監視することができます。このテクノロジーは、組織が従業員の健康と安全を追跡することも可能にします。これは、作業員が危険な状況で働いている場合に特に有用です。
  • 既存のプロセスにおいて効率を向上させ、新しい可能性を切り拓きます。その一例として、IoTを使用して、フリート管理の効率と安全性を高めることができます。組織は、IoTフリートの監視機能を使用して、トラックをリアルタイムで誘導し、効率を向上させることができます。
  • ビジネス・プロセスの変更を可能にします。その例として、IoTデバイスを使用して、リモート・マシンの健全性を監視し、予防メンテナンスのサービス・コールをトリガーすることができます。機械をリモートで監視できるため、顧客が製品を購入するのではなく、代わりにその使用量に応じて支払うという新しいProduct-as-a-Service型のビジネス・モデルも可能です。

どのような産業がIoTから恩恵を受けることができますか?

IoTに最も適した組織は、ビジネス・プロセスでセンサー・デバイスを使用することで恩恵を受けることができる組織です。

製造

製造業者は、生産ラインを監視することで、センサーが差し迫った障害を検出したときに機器の予防メンテナンスを行えるようになるため、競争上の優位性を得ることができます。センサーは、生産高が危険にさらされるときも測定することができます。製造業者は、センサー・アラートの助けを借りて、機器の精度を迅速に確認したり、修理が完了するまでそれらを生産ラインから外したりすることができます。これにより、組織は、運用コストを削減し、稼働時間を改善し、資産のパフォーマンス管理を向上させることができます。

自動車

自動車業界は、IoTアプリケーションを使用することによって大きな利点を実現しています。生産ラインにIoTを適用することの利点に加えて、センサーは、すでに路上を走行している車両に搭載された機器の差し迫った障害を検出することもでき、ドライバーに詳細と推奨手順を警告することができます。IoTベースのアプリケーションによって収集される情報のおかげで、自動車メーカーとサプライヤーは、自動車を走らせ続ける方法や自動車のオーナーに最新情報を提供する方法についてより多くのことを学ぶことができます。

輸送および物流

輸送および物流システムは、さまざまなIoTアプリケーションの恩恵を受けることができます。IoTセンサー・データのおかげで、在庫を輸送する自動車、トラック、船、および電車から構成されるフリートのルートを気象条件、車両の可用性、またはドライバーの対応可能状況に基づいて変更することができます。在庫自体に、追跡および温度管理監視用のセンサーを装備することもできます。食品、飲料、花、および製薬業界は、温度に敏感な在庫品を輸送する場合がよくあります。その場合、製品を脅かすレベルまで温度が上昇または下降したときにアラートを送信できるIoT監視アプリケーションから大いに恩恵を受けることができます。

小売業

小売業者は、IoTアプリケーションを使用することで、在庫の管理、カスタマー・エクスペリエンスの向上、サプライ・チェーンの最適化、および運用コストの削減を実現できます。たとえば、重量センサーを備えたスマート・シェルフは、RFIDベースの情報を収集し、そのデータをIoTプラットフォームに送信し、在庫を自動的に監視し、品物が少なくなったらアラートをトリガーすることができます。ビーコンは、ターゲットを絞ったオファーやプロモーションを顧客にプッシュし、魅力的な体験を提供できます。

公共部門

公共部門やその他のサービス関連環境におけるIoTの利点も同様に広範囲に及びます。たとえば、政府所有の公益事業者は、IoTベースのアプリケーションを使用して、大規模な停電、さらには小規模な水道、電力、または下水道サービスの中断についてユーザーに通知することができます。IoTアプリケーションは、停電の範囲に関するデータを収集し、リソースを配備して、電力会社がより迅速に停電から回復するのを支援できます。

医療

IoT資産監視機能は、医療業界に多くの利点をもたらします。医師、看護師、および病棟勤務員は、車椅子などの患者支援資産の正確な場所を知る必要がある場合がよくあります。病院の車椅子にIoTセンサーが装備されている場合、それらをIoT資産監視アプリケーションから追跡できるため、車椅子を探している人は誰でも最寄りの利用可能な車椅子をすばやく見つけることができます。多くの病院の資産をこのように追跡でき、各部門の物理的な資産の使用法と財務会計を適切に管理できます。

全産業にわたる一般的な安全性

物理的な資産の追跡に加えて、IoTを使用して作業員の安全性を向上させることができます。たとえば、鉱山、油田、ガス田、化学プラント、発電所など、危険な環境で働いている作業員は、自分たちに影響を与える可能性のある危険な事象の発生について知る必要があります。それらの作業員がIoTセンサーベースのアプリケーションとつながっていれば、作業員に事故を知らせたり、できるだけ早く作業員を救助したりすることができます。IoTアプリケーションは、健康状態や環境条件を監視できるウェアラブルにも使用されます。この種のアプリケーションは、ユーザーが自分の健康状態をより良く理解するのに役立つだけでなく、医師が患者を遠隔から監視することも可能にします。

IoTはどのように世界を変えていますか?コネクテッド・カーを見てみましょう。

IoTは、コネクテッド・カーを可能にすることで、自動車の概念を書き換えています。IoTにより、自動車の所有者は、自動車を遠隔操作することができます。たとえば、乗車する前に車内を暖めたり、離れた場所から電話で自動車を迎えに来させたりすることができます。デバイス間通信を可能にするIoTの能力を考えるなら、保証対象のサービスの予約を自動車自身が行うことさえできるようになるでしょう。

コネクテッド・カーにより、自動車メーカーやディーラーは、自動車の所有モデルを一変させることができます。以前は、メーカーは、個々の購入者と一定の距離を置いた関係を保っていました(またはまったく関係がありませんでした)。基本的に、自動車がディーラーに送られた時点で、メーカーと自動車との関係は終了していました。コネクテッド・カーでは、自動車メーカーやディーラーが顧客と継続的な関係を持つことができます。自動車を販売する代わりに、自律走行車を使用して“Transportation-as-a-Service”を提供し、ドライバー使用料を請求することができます。IoTにより、メーカーは新しいソフトウェアで自動車を継続的にアップグレードできます。これは、自動車の性能と価値がすぐに低下する従来の自動車所有モデルとは大きく異なる点です。

Oracle IoTでビジネス上の意思決定を最適化する

Oracle IoTアプリケーションとOracle IoTプラットフォームにより、サプライ・チェーン、ERP、HR、およびカスタマー・エクスペリエンス(CX)アプリケーションをデジタル世界に拡張できます。インテリジェントな予測アルゴリズムとデジタル・ツインを活用して、運用効率の向上、作業員の生産性の向上、CXの強化、ならびに新しいビジネス・モデルおよび機会の創出を行うことができます。