申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle Cloudのサステナビリティ

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)は、サステナビリティに重点を置いた、高パフォーマンスの環境に配慮したクラウド・ソリューションです。OCIは、再生可能な資源を利用した高密度なコンピューティング環境であり、循環型経済と調和したクリーンなクラウド・ソリューションです。また、OCIに搭載された一連の先進的なテクノロジー・ツールにより、お客様は革新的なソリューションの開発と、環境への負荷の低減を実現できます。

インフラストラクチャと運用における、環境フットプリントの削減に向けたガイダンスを見てみましょう。

OCIとクラウド・アプリケーションを活用して組織のサステナビリティを推進

オラクルのOracle Cloud Infrastructure(OCI)データセンターは世界中に所在しており、効率的かつ再生可能で、循環型経済と同調するサステナブルなコンピューティング・プラットフォームを提供します。ワークロードをOCIに移行することで、サステナビリティの目標を達成し、環境への影響を軽減できます。成功を計画、追跡、測定するツールを使用して、組織全体のサステナビリティを推進しましょう。

サステナビリティに対するオラクルの継続的な取組み

OCIは、クリーンなクラウドを構築し、持続可能な未来を実現するためのテクノロジーの提供に取り組んでいます。

100%

のヨーロッパのOCIのデータセンターは、再生可能エネルギーで稼働

56%

のOCIのグローバル全体のエネルギー使用は再生可能エネルギー(2021年)

99.6%

のハードウェアは再利用またはリサイクル

SailGP、データを活用し、サステナビリティへの取り組みを加速
National Grid社、再生可能エネルギー源の分析に機械学習を活用
FLSmidth社、OCIでサステナビリティのゴール「ゼロエミッション/排出量ゼロ」を達成
Unilever社、輸送効率化を推進
Enloc社、OCIでエネルギー消費と温室効果ガスを削減
Circulor社、Oracle Blockchainを活用して倫理的な調達を実現 ー 採掘プロセスを透明化し紛争地域への資金供与を防止
retraced社、Oracle Blockchainでサステナビリティを担保

OCIの環境パフォーマンスについてはこちらをご覧ください。

地球環境を守る、実用的なクラウド・ソリューション

クリーンなクラウド・ソリューションの提供へのコミットメントは、OCIの事業活動全体にまでおよびます。再生可能エネルギーで稼働するクリーンなクラウド環境を基盤に、循環型経済の原則に基づいて、ITインフラストラクチャの統合と最適化を図りながら、AIやブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーを提供し、企業の環境負荷の低減、進捗管理、サステナビリティの目標達成を支援します。

クラウド移行による排出量の削減

クラウドは、ビジネス上のメリットだけでなく、環境への影響を最小限に抑えたいと考える企業にとって、よりサステナブルな選択肢となります。オラクルは非常に高密なコンピューティング環境を維持、管理しており、企業がオンプレミスのシステムよりもはるかに高い使用率を実現しています。OCIは、必要に応じてダイナミックに成長できる柔軟なコンピューティング・プラットフォームを提供しています。このため、将来の需要に備えた過剰なキャパシティ増強は不要になります。

Oracle Cloudは、環境に配慮したデータセンターで最先端の冷却技術とエネルギー効率化技術を活用することで、環境フットプリントをさらに削減しています。たとえば、ヨーロッパのOracle Cloudのデータセンターは、再生可能エネルギー100%で稼働しています。オラクルは、すべてのOCIデータセンターを2025年までに100%再生可能エネルギーで稼働することを目標としています。

循環型経済

循環型経済の重要な原則として、物理的な資産とそれを提供するサービスの分離が挙げられます。たとえば、個人や組織は、必ずしも物理的にコンピューティング・ハードウェアを所有する必要はありません。必要なのは、コンピューティング能力そのものです。クラウドは、以下のような形で循環型経済に貢献しています。

  • 環境に配慮した設計: 私たちは、エネルギー効率や脱物質化、保守性、リサイクル性などの製品特性を評価します。こうしたエネルギー効率や脱物質化、保守性、リサイクル性などの評価を継続的に行うことで、循環型経済へのさらなる貢献をしています。
  • 統合とシンプル化最適化: 数千ものオンプレミスのデプロイメントを統合することで、ハードウェアの配送ロジスティクスがシンプルになります。クラウドの特性により、新しいハードウェアの配送やスペアパーツの管理、およびEOLのハードウェアの再利用やリサイクルが最適化されます。
  • リソース活用の最大化: オラクルのデータ・プライバシーとセキュリティに関する慣行を順守しながら、機器の再利用やスペアパーツの回収、パーツの分解を効率的に行います。また、継続的なキャパシティ・プランニングにより、利用効率を高めることができます。

測定できないものは、管理できない

組織の環境への負荷低減の実践において重要なのは、サステナビリティ測定することです。オラクルのリスクおよびパフォーマンス管理ソリューションを使用すると、包括的で監査可能、かつタイムリーな環境データを用いて、サステナビリティの取組みの測定、管理、報告を行うことができます。

サステナビリティ・アナリティクスは、環境データの収集を改善し、世界の規制に準拠します。

サステナビリティを自社のビジネスに組み込む

オラクルのサステナビリティ・ソリューションにより、企業はより環境に配慮した製品を設計し、責任をもって材料調達を行い、持続可能な方法で製品を製造および輸送することができます。オラクルのInternet of Thingsは、データ・ドリブンなインサイトを提供し、環境への影響を軽減しながら、コストを削減し、さらに高いレベルのサービス提供を支援します。また、オラクルは耐用年数を迎えた製品の回収プログラムも用意しています。

グリーン・クラウド・テクノロジー

AI, ML, ブロックチェーン, IoT

お客様は、人工知能(AI)ビッグデータブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーを活用して、環境全体の影響を減らし、サステナビリティの目標を達成しています。電気自動車用バッテリーのコバルト採掘において、採掘プロセスを透明化し紛争地域への資金供与を防止する倫理的なサプライチェーンの確保から、 より大きな作物収量を実現するための機械学習(ML)の利用まで、先進的なテクノロジーはお客様のサステナビリティの目標達成を支援しています。

人工知能

人間の論理的思考を強化し、データ・パターンを認識するとともに、複雑な業務も日常業務も自動化できます。

2022年4月22日

Oracle Cloud、環境に配慮したデータセンター・プロバイダーと提携し、サステナビリティへの取り組みを加速

Jonathan Hay、オラクル、プリンシパル・プログラム・マネージャー
Alex Cruft、オラクル、プリンシパル・プログラム・マネージャー

2025年までにOracle Cloud Infrastructure(OCI)への電力供給を100%再生可能エネルギーでまかなうことは挑戦的な目標であり、オラクルはその目標に向けて確固たる態度で取り組んでいます。地球の保護は、もはや結果論でも、企業が純粋に宣伝のために話すことでもありません。

記事全体を読む

オラクルのその他のサステナビリティの取り組みについて

追加のクラウド・アーキテクチャとデプロイメント・リソース

OCI のクラウド導入フレームワーク(CAF)

Gartnerのサステナビリティに関する見解

Omdiaが考える、クラウド製品が各社で異なる理由

OCIに関するお問い合わせ