該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloudリージョン - データセンターの再考

Oracle Cloudリージョンは、Oracle Cloud InfrastructureからOracle Cloud Applicationsまで、すべてのワークロードを移動、構築、実行するためのグローバルで安全な高パフォーマンス環境を提供します。

OCIリージョンマップ

 

Oracle Cloudリージョンは世界中で、さらにはオンプレミスでも利用可能

Oracle Cloudは29のクラウドリージョンからグローバルに利用可能であり、オラクルは新しいリージョンを急速に増やしています。その目標は、近接性を達成し、データの主権要件を満たすだけでなく、すべての国に地理的に分散した複数のクラウドリージョンで真の災害保護を実現することです。Oracle Cloudは、リージョン別に特定のコンプライアンスおよびテナンシー要件を満たす必要のある営利事業、米国および英国政府、米国国防総省にサービスを提供しています。オラクルには、顧客の敷地内ですべてのOracle Cloudサービスを提供するDedicated Region Cloud@Customerなど、独自のハイブリッド・クラウド・オプションもあります。この範囲のオプションにより、お客様は、現在および将来のすべてのクラウドサービスに、可用性、パフォーマンス、管理に関する同じSLAに基づいてアクセスでき、一貫したAPIにより管理を簡素化できます。

高いパフォーマンスと信頼性を実現するように設計されたOracle Cloud Infrastructureアーキテクチャ

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の次世代アーキテクチャは、クラウドサービスに高パフォーマンスで回復力のある基盤を提供します。OCIの物理および仮想ネットワーク設計により、パフォーマンスとセキュリティが最大化され、独自のベアメタルGPU、クラスター化されたデータベース(RAC)、Oracle Exadataデータベース向けに最適化されたシェイプなど、65を超えるクラウドサービスの高速プロビジョニングとオンデマンド使用が可能になります。

各クラウドリージョン内で、お客様はアプリケーションを少なくとも3つのフォールト・ドメインに分散できます。これにより、一般的なハードウェアまたは電源障害からの保護が可能になると同時に、ローリング・メンテナンスもサポートされます。一部のリージョンでは、各ADに3つのフォールト・ドメインを含む3つのアベイラビリティ・ドメイン(AD)が提供されており、回復力と冗長性のオプションが追加されます。

Oracle Cloudリージョンでは、効率的で再生可能かつ、より持続可能なコンピューティング・プラットフォームが提供されます。オラクルのデータセンターは、オンプレミスのシステムよりも高い利用率を達成できます。オラクルは最先端のインテリジェントなエネルギー管理および冷却技術を活用しながら、必要に応じて動的に成長する弾力性のあるコンピューティング・プラットフォームを提供するため、お客様は将来の需要に備えて過剰な容量を確保する必要がなくなります。

すべてのワークロードに対応するInfrastructure and Platform Services

OCIは65を超えるクラウドサービスを提供しており、さらに多くのサービスが提供にむけて準備中です。オラクルのクラウドサービスはオープンであり、Kubernetes、CloudEvents、Terraformなどの業界標準を採用しているため、お客様は移植性を活かし、オーバーヘッドとコストを削減できます。オラクルが構築したクラウドでは、お客様は最も要求の厳しいエンタープライズ・ワークロードと最新のクラウド・ネイティブ・アプリケーションを実行するために必要なパフォーマンスとスケーラビリティを得られます。たとえば、既存のアプリケーションと新しいアプリケーションの両方にOracle Autonomous Databaseが提供されます。このサービスは、トランザクション処理、データウェアハウジング、またはJSON向けに最適化されており、自動チューニング、スケーリング、パッチ適用が可能になります。

クラウド・アプリケーション(SaaS)は同じクラウドリージョンから追加のサービスを提供

オラクルはまた、Oracle Cloud Applicationsで独自のインフラストラクチャ・イノベーションを活用しています。お客様は初めて、移行するアプリケーション、構築するアプリケーション、幅広い業界にまたがるSaaSをすべて同じクラウドから実行できるようになります。Oracle Cloudリージョンでは、お客様のワークロードを実行できるだけでなく、Oracle Fusion Cloud ERPOracle Human Capital ManagementOracle Supply Chain PlanningなどのエンタープライズSaaSが提供され、比類のない速度、セキュリティ、継続性が達成されます。

オラクルとMicrosoftのクラウドの相互運用性

Oracle Cloud InfrastructureとMicrosoft Azureは、ジョイントカスタマーが2つのクラウド間でワークロードを実行できるようにする、戦略的パートナーシップを結んでいます。このパートナーシップは、6つのリージョンでOCIとAzure間の低レイテンシのクロスクラウド相互接続、ジョイントカスタマーが両方のクラウドにアプリケーションを導入するためのフェデレーションID、さらにコラボレーション・サポート・モデルを提供します。このようなお客様は、マルチクラウド構成でフルスタック・アプリケーションを実行しながら、再アーキテクチャを必要とせずに高パフォーマンスの接続を維持できます。また、既存のアプリケーションを移行したり、OCIサービスとAzureサービスを組み合わせて使用するクラウド・ネイティブ・アプリケーションを開発したりすることもできます。

ローカル・クラウドリージョンでのサービスの可用性の詳細