申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Critical Patch UpdatesとSecurity Alerts

Critical Patch UpdatesとSecurity Alerts のページは 2019 年を持ちまして更新を終了いたしました。

2020年より製品セキュリティについては下記のページをご参照いただけますようお願いいたします。

Critical Patch Updates, Security Alerts and Bulletins

https://www.oracle.com/security-alerts/

オラクル社が提供する製品は、原則としてセキュリティが確保されております。しかし、極稀に重大なセキュリティ上の脆弱性が発見されることがあります。オラクル社はこの脆弱性の修復のため迅速な行動をとり、最終的に、脆弱性の簡潔な説明、それによるリスク、回避策とパッチの提供時期を盛り込んだセキュリティ情報を発行します。

セキュリティ情報はこのページとMy Oracle Supportに掲載されます。このページに掲載された内容は、オラクル製品のセキュリティ対策のために自由にお使いになることができます。セキュリティに関するパッチは、My Oracle Supportからダウンロードすることができます(My Oracle Supportのご利用にはメンテナンスサポート契約が必要です)。また、米国での情報公開時に、電子メール(英語)にて通知を受け取ることができます。

このページで提供される情報は下記の内容となります。

  • Critical Patch Updates
  • Security Alerts
  • 一般公開されている脆弱性の修正情報
  • 方針声明
  • セキュリティ脆弱性の報告について
  • リファレンス

一般公開されている脆弱性の修正情報

一般に公開されている脆弱性に関する問題で、Critical Patch UpdateとSecurity Alertで修正が提供されている問題の情報です。下記ページの一覧からご確認ください。

Critical Patch UpdatesとSecurity Alertsで提供される情報の方針声明

オラクル社では四半期ごとに提供する「Critical Patch Updates」を基盤にした新しいセキュリティ・パッチの提供方法をお客様向けに発表しました。これは、全世界のお客様を対象に2005年より開始されています。