Oracle Utilities Billing Cloud Service

業務やITの中断を最小限にとどめながら、手頃な価格で特別な公共料金請求ニーズにすばやく対応できます。Oracle Cloudによる管理のしやすい安全なソリューションによって、エンドツーエンドの料金管理、使用量と料金の計算、および請求準備が可能になります。

Oracle Utilities Billing Cloud Serviceの詳細をご確認ください。

Oracle Utilities Billing Cloud Serviceについて

使用量と料金計算に関する構成可能なルール、シンプルな料金テスト、バッチ請求プロセス、および請求関連集計を提供する俊敏なスタンドアロン・ソリューションにより、新しい料金をすばやくデプロイし、複雑な請求を簡単に行えるようになります。

動的な料金エンジン

ボリュームベースの料金、時間帯別(TOU)価格設定、動的なリアルタイムの価格設定、ネットメータリング、料金のバンドル解除、按分、料金比較、パススルー料金など、簡単なシナリオから複雑なシナリオまで幅広くサポートできます。

実証済みの精度

正確な複数の10進値、有効日設定、使用量と料金の按分により、自信を持って料金計算を行うことができます。顧客固有の契約上書き価格設定により、すべての複雑な料金ニーズに対応できます。

簡単な料金メンテナンス

ポイントアンドクリック構成と組込み料金テストにより、料金変更作業を数か月から数分間へと効率化できます。シンプルな料金/複雑な料金とコピー/マージ機能に対する組込みの計算ルールにより、コーディングを行うことなく新しい料金を簡単に作成できます。


迅速かつ柔軟な請求

一般的な請求シナリオや新しい請求シナリオに対する事前構成済の料金や請求機能のライブラリを使用して、請求を迅速にデプロイ、構成、および開始できます。

商工業(C&I)向け請求

ビジネスニーズに合った料金計算と請求プロセスにより、最大の収益源に対するサービスを向上させます。

新しい請求プログラム

変動料金、分散型発電エネルギー、再生可能エネルギー、ネットメータリング、電気自動車などに基づいた新しい請求プログラムにより、顧客にさらに多くのオプションを提供できるほか、収益とビジネス戦略を連携させることができます。

請求のサポートに必要なすべてのマスターデータの取得

開始/停止、アカウント管理、構内管理、顧客担当者、登録ポイント、契約などの顧客の360度ビューを含むワンストップ・ショップソリューションです。




財務システムとの迅速かつ簡単な統合

ERPおよび他の記録システムとの最新のAPIベースの統合機能を使用することで、財務データを自動的に同期できます。請求書、調整、支払の影響など、総勘定元帳関連の詳細を取得できます。




強力でスケーラブルな測定データ管理

検証、推定、および編集(VEE)処理、使用量管理、請求決定要因の計算およびエクスポート、請求関連のデータ集計など、すべてのメーター関連データを効率的に管理および処理できます。




クラウドファーストの思考でグラント郡PUDを変革

Derin Bluhmが、米国の地方公益事業者のクラウド戦略に関する内部の見解について説明します。

Billing Cloud Serviceの価値提案

01便利なパッケージで提供される強力な請求機能

世界中の公益事業向けに構築され、信頼されている料金設定および請求用エンジンで、起動、統合、および操作も容易です。

02市場投入までの期間の短縮

事前作成済の料金、算術関数、C&I契約サポート、適格性および検証に関するルールにより、請求の複雑さが軽減されます。

03現在および未来に対応できる柔軟性

最新のAPIでサポートされる新しい関税、製品、およびプログラムを簡単にロールアウトできるため、既存のソリューションとも、将来のソリューションとも簡単に統合できます。

04Oracle SaaSソリューションの価値

安定性と拡張性に優れた安全なクラウドサービスの価値を享受することで、今後アップグレードする心配がなくなります。

Oracle Energy and Waterを使い始める


Oracle Energy and WaterのLinkedIn

Oracle Energy and Waterおよびパートナーと連携して、毎日の更新、トレンド、および情報を確認できます。


お問い合わせ

ご質問がある場合は、こちらの簡単なフォームをご利用ください。