Oracle Utilities Work and Asset Cloud Service

エンタープライズ資産管理(EAM)の生産性と効率性を高め、問題を予測して防止し、資産の寿命を延長します。Oracle Utilities Work and Asset Cloud Serviceを使用すると、資産ライフサイクル全体にわたって運用および保守(O&M)のコストを削減できます。

地方自治体、協同組合、IOUのいずれであっても、O&Mコストを抑えてより多くの作業を実行できます。

Oracle Utilities Work and Asset Cloudの特徴

Oracle Cloudソリューションは、あらゆる規模の公益事業が、少ない予算で大きな成果を上げられるよう設計されており、エンタープライズ資産管理と作業効率の改善に役立ちます。運用コストを削減しながら、資産データをビジュアル化し、修復か交換かをより適切に判断できます。

クラウドの導入

Oracle Utilities Work and Asset Cloudにより、起動と実行が迅速化され、最新機能をすぐに使用できます。クラウドを導入することで、お客様は資産戦略の最適化に集中する時間を増やすことができ、オラクルがそれ以外の面をサポートします。

作業と資産の包括的な管理

作業管理、資本資産計画、およびフィールドサービス管理のための包括的な公益事業EAMソリューションにおいて、線形資産や固定資産からモバイルベースまたはセンサーベースまで、すべての資産タイプを管理します。

統合

オラクルのエンドツーエンドのアプローチには、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)、地理情報システム(GIS)、および建設に関するミッションクリティカルなワークストリームのための事前構築済みの統合が含まれます。作業および管理に関連するすべてのデータやシステム用の一元化されたコマンドセンターを使用して、管理性と効率を高めることがます。

公益事業向けの設計

公益事業には、単位の互換性や漏れの検出のサポートなど、深いレベルのネイティブなミッションクリティカル機能を必要とする独自のニーズがあります。50年以上にわたって、Oracle Utilitiesは公益事業専用のソリューションを提供しています。


自動化された作業管理

カスタマイズされたビジネスプロセスにより、自動的に作業指示とリソースが生成および追跡され、予防および予測メンテナンスがスケジュール設定されます。AIがニーズに適応し、全体的な生産性を向上させ、不要な作業を排除して稼働時間を増やします。


資産投資計画

状態評価を含むすべての資産データを集約して、資産の状態に関する信頼性の高い情報をリアルタイムで表示します。Work and Asset Cloudは、インフラ投資の意思決定を改善し、コンプライアンス、信頼性、安全性、およびリスクのバランスを取るのに役立ちます。

修理と交換の意思決定のサポート

Work and Asset Cloudでは、リアルタイムの資産作業履歴、状態監視、および自動的なリスク識別機能を利用できます。これらの堅牢な意思決定支援ツールによって、修復と交換に関する意思決定を行う上で重要な、資産の健全性をより信頼性の高い方法で把握できます。


接続デバイスのサポート

Oracle Utilities Operational Device Managementは、各デバイスの場所、特性、状態、ファームウェアの更新、構成、互換性、および監査コンプライアンスを包括的に追跡することで、スマート設備のメンテナンスを簡単化します。

スマートグリッドのサポート

高度な作業および資産管理機能により、容量と最適化をリアルタイムで確認するために必要な専門的な監視を行い、安全で信頼性の高いスマートグリッド運用を実現できます。


包括的な資産の視覚化

Oracle Utilities Work and Asset Cloudにより自動的にプロビジョニングされるOracle Utilities Analytics Visualizationは、大量のデータを変換して、資産の状態を即時に評価し、迅速な意思決定をサポートします。

事前構築済の分析機能

レポート作成時にスタースキーマを提供するだけの他のソリューションとは異なり、Work and Asset Cloudでは、手間のかかるデータ操作を必要とせずに、225個以上(今後も追加予定)の事前定義済みの視覚化機能とベース計算機能を利用できます。

情報に基づく意思決定

領域やシステムをまたがる分析により、マルチソースのデータが集約され、より深いインサイトが得られます。インテリジェンスは詳細で正確かつ容易にアクセスできるため、より適切な情報に基づいた迅速な意思決定が可能になります。


Louisville Water Company、Oracle Utilitiesで資産管理を変革

Louisville Water Companyは、資産管理プログラムを最新化するための基盤としてOracle Utilities Work and Asset Management Cloudを採用しました。同社がどのようにして、手動でのデータ入力を大幅に削減し、作業指示のスループットを向上させたかをご確認ください。

Work and Asset Managementの特徴

01資産の交換と計画停止

Oracle Utilitiesによって、どのようにして簡単でシームレスな計画停止が実現し、資産の保守と交換を安全に行えるようになるかをご覧ください。

資産の交換に関するビデオを見る(3:56)

02インフラストラクチャの老朽化への対処

公益事業者がテクノロジを活用して資本資産の耐用年数を延長する方法をご確認ください。

インフラストラクチャの老朽化に関するウェビナーを見る

03資産管理のための分析の実現

公益事業者が分析を使用して、迅速な意思決定支援のメリットを得るための方法をご確認ください。

分析に関するブログを読む

Jackの視点:トライアルとパイロット—未来の「保証」

オラクル、業務および資産ソリューション担当グローバル産業スペシャリスト、Jack Lucy

環境に優しい、再生可能、カーボンニュートラルなどの言葉は、日常的に目にするようになりました。持続可能性やレジリエンシなどのビジネス・イニシアチブも同様です。私たち従来の消費者は、現在、矢面に立たされ、電気自動車、太陽電池パネル、家庭用蓄電池などを購入する人が増えています。実は、こうした顧客には、エネルギーを生産しつつ消費もする「プロシューマー」という新しい名前が付いています。

全文を読む

Oracle Energy and Waterを使い始める


Oracle Energy and WaterのLinkedIn

Oracle Energy and Waterおよびパートナーと連携して、毎日の更新、トレンド、および情報を確認できます。


お問い合わせ

ご質問がある場合は、こちらの簡単なフォームをご利用ください。