主要な利点

早期支払プログラムを大規模に効率的に実行

  • 一般的な請負業者や下請業者向けに財務上の意味を持つようにカスタマイズされたプログラムを提供します。
  • プログラムの価値を取引パートナーに簡単に伝達し、アプリケーション内ワークフローを通じて採用を促進します。
  • 関連会社がキャッシュ・フローの課題に対処し、より魅力的なプロジェクト・パートナーになるよう支援します。

主要な機能

  • 既存のOracle Textura Payment Management Cloudアプリケーションの拡張
  • ERP統合機能
  • 内部または外部の資金ソースを使用するオプション
  • プログラムの資金調達、構成、提供方法を完全に管理
  • プロジェクト、組織、または契約レベルで設定を調整する柔軟性
  • 下請業者は簡単に登録しアクセスができます
  • 下請業者はキャッシュフローのニーズに合わせて登録を管理できます

Oracle Textura Payment Accelerator - データシート

支払いを早期に予測的に提供することができる元請業者は、取引パートナーのキャッシュ・フローを支援し、自身の仕事も前進させることができます。しかし、特に複数のプロジェクトにまたがってプログラムを実行しようとする場合、独自の前倒し支払プログラムを手動で実行しようとすると、多くの労力がかかります。

Oracle Textura Payment Acceleratorは、Oracle Textura Payment Management Cloud Serviceのオプション機能であり、既存の支払管理ワークフロー内で前倒し支払プログラムを設定し運用できます。

前倒し支払プログラムの有効化

支払アクセラレータは既存のワークフローの単純な拡張であり、会計システムとの統合も同様です。つまり、前倒し支払プログラムは、任意のプロジェクト(またはすべてのプロジェクト)で効率的に設定して実行でき、Oracle Textura Payment Management Cloudの価値を高めます。

Oracle Textura Payment Management Cloudアプリケーション内に留まったままで、Oracle Textura Payment Accelerator(図1のTPAメニュー・オプションとして表示)にナビゲートして、支払アカウントの設定、プログラムの管理、またはプロジェクトへのプログラムの追加を行うことができます。内部または外部資金ソースを使用して、プログラムに資金を供給できます。次に、下請業者が契約を受諾したとき、または後で請求書を入力するときに、登録を依頼できます。登録すると、取引パートナーは元請業者が請求書を承認して支払うと同時に早期に支払いを受け取ることができます。施主がその月の支払いを実施するまで待つ必要がなくなります。これにより、支払いが最大数週間早くなる可能性があり、下請業者は支払い時期を把握できます。

スプレッドシートでプログラムを管理してパフォーマンスやエラーを気にすることなく、取引先に早期に支払いオプションを提供したいと以前から考えていた場合、既存のOracle Textura Payment Management Cloud Serviceに支払いアクセラレーター・オプションを追加することがお客様のソリューションとなります。Oracle Textura Payment Acceleratorを使用すると、取引先に早期の予測可能な支払いを簡単に提供でき、作業で発生する問題のリスクを軽減して、より魅力的なプロジェクト・パートナーになることができます。

図1.支払いアクセラレーター・プログラムの設定
図1.支払いアクセラレーター・プログラムの設定

Oracle Textura Payment Acceleratorでは、任意のプロジェクトで前倒し支払いプログラムを効率的に設定および実行できます。

構成可能な設定

自社と取引先の両方にとって財務上の意義があるように、プログラムへの資金提供、構成、および提供方法を管理します。これらのプログラムにより、組織は、下請業者に登録の一部として提供される特定の条件(資金ソース、登録テキスト、価格設定条件など)を設定できます。プロジェクトのリスク・レベルやプロジェクト・タイプなど、特定の要因に基づいて、1つまたは複数のプログラムを構成できます。

前倒し支払いプログラムが組織に対して構成されると、プロジェクト単位で提供できます。設定は、プロジェクト、組織、および契約レベルで調整できます。

図2.支払いアクセラレーター・プロジェクトの設定
図2.支払いアクセラレーター・プロジェクトの設定

下請業者による採用

取引先へ契約と請求に関して、使い慣れたユーザー・インターフェイスを提供し、アクセスを容易にし導入を促進します。

下請業者には、プロジェクトのOracle Textura Payment Accelerator登録プロセスへの3つの異なるエントリ・ポイントが提示されます。

  • 契約受入時
  • プロジェクトのホーム・ページから使用できる静的リンクから
  • 請求時

プログラムを設定する際には、登録テキスト、ロゴ、バナー、条件など、取引先へのプログラムの販売に必要なすべてのものを含めることができます。下請業者はオプトインおよびオプトアウトを選択できます。これは、財務ニーズに最適なときに、予測可能な支払を早期に受け取ることを選択できる、便利でアクセス可能なオプションとなります。

図3.下請業者は請求時に登録を管理します
図3.下請業者は請求時に登録を管理します

Oracle Textura Payment Management Cloud内から、取引先に早期の予測可能な支払を簡単に提供する方法をご確認ください。