申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Oracle BlueKaiデータ管理プラットフォーム

ターゲットを絞ってパーソナライズされたマーケティングおよび広告メッセージの配信を支援する、オラクルの最適化されたDMPの詳細については、こちらをご覧ください。

データ管理プラットフォーム(DMP)とは

データ管理プラットフォーム(DMP)は、オンライン、オフラインおよびモバイルのさまざまなソースから、ファースト、セカンド、サードパーティーのオーディエンス・データを収集、編成およびアクティブ化します。そして、そのデータをもとに詳細な顧客プロフィールを作成し、ターゲット広告やパーソナライゼーション施策を推進します。

DMPでは、これらの匿名化された顧客プロファイルを他のツール(交換、需要サイドのプラットフォーム(DSP)および供給サイドのプラットフォーム(SSP))で使用できるようにして、ターゲティング、パーソナライズおよびコンテンツのカスタマイズを改善します。

DMPは、デジタル・マーケティングの基幹となるものであり、これにより企業は顧客をより深く理解することができるようになります。

DMPとデータ

より多くの顧客データが作成・収集されるにつれ、マーケティング担当者はその効果的な活用に苦慮するようになります。エージェンシーやパブリッシャーは、その購入、販売、管理のためのより良い方法を見つけようとします。このような貴重なファースト、セカンド、サードパーティーのデータをすべて取得し、インサイトに変換し、それを活性化して成果を上げるにはどうしたらよいでしょうか。

その答えは、あらゆるプログラム、あらゆる種類のデータに対応できる堅牢なデータマネジメントプラットフォーム(DMP)にあります。

ファーストパーティ・データ Webサイト訪問、CRMシステム、ソーシャル・メディア、サブスクリプション、モバイルおよびアプリから収集されるデータです。
セカンドパーティ・データ 他のユーザーのファーストパーティ・データです。データを共有する他社(パートナー、サプライヤーなど)との互恵的な関係から派生するものです。
サードパーティ・データ このデータは、自社以外のWebサイトやソーシャル・メディアから得られるもので、より多くの人々にリーチするために利用することができます。マーケティング担当者が採用に拡大し、パーソナライズを強化するためには、ファーストパーティ・データを補強する必要があります。

DMPおよびファーストパーティ・データ

個人情報(PII)

個人を識別したり、その個人のIDを直接または間接的に推測できるすべての情報(その個人にリンクまたはリンク可能な情報など)。

出典: 米国国土安全保障省

現在、大きな焦点を当てられているのはファーストパーティのデータです。このようなデータをデータ・マネジメント・プラットフォームが効果的に収集・管理できるかどうか、疑問視されていました。実際のところ、DMPはファーストパーティ、サード パーティ、およびセカンド パーティのデータを管理しています。DMPは通常、CRMソフトウェアや、Webサイト、ランディング・ページ、電子メールなどの企業所有チャネルからファーストパーティ・データを入手します。サードパーティ・データについては、DMPがサードパーティ・データのブローカーや企業パートナーと連携しています。

もう一つの課題は、業界の違いによるものです。たとえば、消費者が個人を特定できる情報(PII)をより容易に提出する特定の業界があります。D2Cはその一例です。この分野のブランドは、ファーストパーティ・データの基盤と、それをアクティブ化する創造的な方法をベースに構築されています。消費財などの業界では、ファーストパーティ・データが希少である。自分の好きなお菓子を製造している会社と情報を共有する必要がある、あるいは共有したいと思う消費者はほとんどいません。これらの企業が必要なデータを得るためには、イノベーションが重要です。データ管理プラットフォームベンダーは、アイデンティティ・グラフなどの強力なテクノロジーでプラットフォームを増強しています。これにより、ブランドはファースト、セカンド、サードパーティのソースを横断してデータを結びつけ、さまざまな方法でセグメント化、活性化できる膨大なデータレイクを構築することができます。

データ・ドリブンが十分でない理由

ゴミのようなデータ(ガベージ・データ)は、ゴミのような結果を生んでしまいます。デジタル・マーケティングのおかげで、カスタマー・エクスペリエンスのあらゆる側面でメトリックを実行できます。ほとんどすべてのものに関するデータを収集できますが、データ過多になってしまうこともあります。

ですから、データ・ドリブンそのものに集中するのではなく、質の高いデータ・ドリブンであることに集中するのです。

質の高いデータにより、顧客を購買プロセスに沿って自然にサポートおよび移動する、ターゲットを絞ったパーソナライズされたメッセージを提供できます。メッセージング、エンゲージメント、そして最終的にはROIに最も役立つのはどのようなデータなのかを定義することが重要です。必要のないデータは、マーケティング オートメーション システムを危険にさらし、360度の顧客ビューの構築の妨げになります。洗練されたDMPは、データセットをセキュアに分析・改良し、最も正確なデータのみをマーケティング活動に使用することを可能にします。

DMPの仕組み

テクノロジーは、ほとんど細胞レベルで顧客を理解することをかつてないほど容易にしています。顧客やキャンペーンに関するファーストおよびサードパーティの人口統計データ、文脈データ、行動データを分析することで、顧客が誰であるかを把握し、ターゲットとするオーディエンス・セグメントに配置することができます。

ほとんどの人は、Webサイトを訪問して商品を見た後、その後数日から数週間の間、接するすべてのデジタル・チャンネルにその商品の広告が表示されていることに気づいたことがあるでしょう。それがDMPの役割です。その方法について、みていきましょう。

たとえば、あるデータ管理プラットフォームでは、「お菓子作り好き」など、広告のターゲティングが可能なカテゴリーがあります。DMPのトラッキングコードがあるお菓子作りのサイトやブログにアクセスした人は、「お菓子作り好き」に分類されるかもしれません。ほぼすべてのWebサイトには、訪問者がインターネットを旅行するときを監視する追跡コードが含まれています。DMPは、個人のデスクトップ・アクティビティをモバイルWebブラウジング・ハブと結び付けて、個人のオンライン・アクティビティをさらに見やすくすることができます。

また、料理番組を見ている30歳以上の女性など、属性を共有する"look-alike"(類似属性の人)プロファイルをオーディエンスにリンクさせ、同じマーケティング・メッセージを受け取る、といったことも可能です。

データを収集すると、DMPはデータを整理して、各顧客の匿名プロファイルを構築します。また、DMPはオーディエンス情報をデジタル広告プラットフォームや社内のマーケティング・チャネルと共有し、これらのプラットフォームが特定の広告やコンテンツを誰に配信すべきかを把握できるようにします。しかし、マーケティング担当者はDMPにログインするだけで、個人情報をダウンロードできるわけではありません。DMPでは、名前、住所などの個人データがマーケティング担当者に表示されないように、データがサニタイズおよびマスクされています。

つまり、DMPは個人データを収集しますが、マーケティング担当者にその個人データは共有されません。

DMPはマーケティングにどう役立つのか

DMPは、データを収集・整理・共有することで、ターゲティングされた広告キャンペーンの設計、既知の顧客だけでなく類似の見込み顧客へのリーチ、より高度にパーソナライズされたクロスチャネルでのインタラクションの促進を実現します。その結果、より効率的な広告プログラムを実現し、顧客の購買を促進することができます。

CDPとDMP

顧客データ・プラットフォーム(CDP)は、複数のチャネルおよびソースからのデータを統合して統合し、各顧客ごとに単一の統合プロファイルを構築するデータ管理システムです。このデータは、マーケティング・メッセージのパーソナライズに使用されます。

顧客データ・プラットフォームはすべてのタイプのマーケティングに影響を与えます。CDPは主にファーストパーティ・データを操作しますが、次のことも行います。

  • 匿名および既知のデータ(氏名、電子メールアドレス、電話番号、その他の個人を特定できる情報)の両方を取り扱います。
  • 長期にわたるデータを蓄積し、顧客との関係構築に利用できる詳細かつ正確な顧客プロファイルを構築します。
  • また必要に応じて、任意のシステムとデータを共有できます。

顧客データプラットフォームは、CRMシステムやDMPからデータを取得し、情報を送り返すことができます。3つのシステムは、うまく連携することができます。

  • データ管理プラットフォームは新たな見込み顧客とリードを促進します。
  • 顧客データ・プラットフォームは、これらの潜在顧客やリードをつなげ、エンゲージ(PDF)するのに役立ちます。
  • CRMシステムは、見込み顧客/既存顧客との継続的な関係の管理に役立ちます。

CRMシステム、DMP、顧客データ・プラットフォームは、どれかひとつを選べばよい、というものではありません。これらはすべて、マーケティング・テクノロジーのスタック とマーケティング キャンペーンの効果を向上させることができる貴重な役割を担っています。

CDPとDMPの連携方法の詳細

モバイル・データ管理プラットフォームの概要

最も洗練されたモバイル広告ソリューションを活用しなければ、顧客の関心を引くことはできません。

しかし、なぜモバイルDMPが必要なのでしょうか。モバイル・データ管理プラットフォームは、ファーストおよびサードパーティの消費者データを統合、整理、解析し、オーディエンスの作成、分析、実行を簡素化する一元的なマーケティング・ソリューションです。モバイルDMPは、次の機能をサポートしている必要があります。

ファーストパーティ・データの取込み

一元管理されたDMPにモバイル・オーディエンス・データを簡単にインポートできること 1)既存のデータ管理プラットフォームを補完すること、または 2)スタンドアロンのモバイル・マーケティング・ソリューションとして使用できること

データ分類

モバイル・データを一元管理した後、モバイルDMPはデータを階層的かつ直感的な分類で整理することができるようにする必要があります。

モバイル独自のオーディエンス・データ・マーケットプレイス

モバイルDMPは、モバイルに特化したサードパーティの消費者データへの統合的なアクセスを提供し、オーディエンスのリーチと見込み顧客を拡大する必要があります。

データのエクスポートとパートナー統合

核となるモバイルDMPプラットフォームから、モバイル・パートナー・エコシステムにデータを転送します。

クロスデバイス・ターゲティング

クロスデバイス・ターゲティングは、すべてのモバイルDMPが提供する重要な機能です。クロスデバイス・ターゲティングでは、さまざまなモバイル・デバイス間でキャンペーンを統一し、モバイルとウェブのキャンペーンを結びつけて、クロスチャネル測定と最適化を向上させることができます。

適切なDMPを選ぶには

正しいDMP を選択するということは、マーケティング担当者としての期待値とテクノロジー・スタックを一致させるということです。現在、多くの企業にとって、それは人やデバイスをベースとし、コンプライアンスに準拠したサードパーティー・データを活用し、既知と未知の顧客データを横断できるDMPを選択することを意味します。

将来に3年、5年、10年先を見据えた、先進的なマーケティング担当者の場合、デバイスとチャネルにおけるオンライン・エクスペリエンスがどのように進化し、消費者にとって何が「当たり前」となるかを考えます。業界を問わず、お客様のニーズやウォンツを予測し、すべてのデジタル・プロパティでシームレスにサービスを提供することが期待されているのです。ただし、これはデータの適切な管理とアクティブ化がされている場合のみ、実現可能です。そのため、データを一元化して組織全体で活用できるDMPの価値は、他の追随を許さないものがあります。

DMPが必要になる理由

データ管理プラットフォームは、すべてのキャンペーン、顧客/オーディエンス・データを一元管理します。一元化されたデータソリューションを持つことで、マーケティングチームは顧客データを管理・分析し、適切なタイミングで適切な見込み客を対象としたキャンペーンを設計、ターゲティング、最適化し、ROIを向上させることが可能になります。

DMPを利用することで、顧客の行動を容易に把握し、顧客データを一元管理し、キャンペーンを成功させることができます。分解してみると、次のようになります。

  1. さまざまなデバイスでの複数のオンライン・キャンペーンの管理
  2. 既知から匿名、オンラインまたはオフライン、決定的または確率的なものまで、すべての顧客およびキャンペーン・データの連携
  3. データ・アセットの最大化
  4. セグメンテーションを最大化し、マーケティング・キャンペーンの拡大
  5. 確立されたパートナーとのデータ漏洩の防止
  6. プログラム的な未来への備え
  7. マーケティング・キャンペーンを最適化し、リーチと応答率、コンバージョン率の改善
  8. 広告費を管理し、マーケティング活動の全体的なROIの改善
  9. マーケティングおよび広告内でのアカウンタビリティの促進

DMPに必要な機能

1

広告データの統合

必要なだけ多くのソースからデータを集め、利用する

  • ファーストパーティ・オンライン、クロスデバイス、オフライン・データを取り込む
  • データを分類し、ターゲットとなるオーディエンス・セグメントに組み立てる。
  • データ・マーケットプレイスを通じたオーディエンスのリーチの拡大
  • ファーストパーティデータをセカンドパーティデータやサードパーティデータで充実化
  • データ収集の監視、問題の診断/トラブルシューティング
  • ユーザー・プロファイルを検出して分類した回数の強調表示
  • トレンド在庫のビューを表示
2

オーディエンス・ビル

キャンペーンの対象として適切なオーディエンスを識別し、最も適したオーディエンス・グループへのリーチの拡大

  • 類似モデリングを使用した見込み顧客数の増加
  • セカンドパーティ・データの共有にタクソノミー権限設定ツールを使用します
  • オーディエンス検出レポートを介して特定のオーディエンスに関連する分類の識別
  • キャンペーン企画中に新しいオーディエンスを見つけたり、現在のターゲット・オーディエンスを拡大することで、パフォーマンスの向上
3

クロスデバイス・ターゲティング

カスタマイズされた一貫性のあるクロスデバイス・マーケティング・キャンペーン配信の作成

  • オーディエンスの拡大:さまざまなマーケティング・チャネルおよびデバイスにおけるサードパーティ・データの導入
  • プライベートIDグラフを使用してリーチを拡大し、IDリンクを利用してクロスデバイスの顧客ターゲティングの改善
  • クロスデバイス拡張により、Webチャネルおよびソーシャル・チャネル全体で見込み顧客へのリーチ
4

オーディエンス分析

どのマーケティング・キャンペーンがうまく機能するか、どのデバイスが最もコンバージョン率とセールスを促進するかを把握最新情報を使用してターゲット・オーディエンスを常に絞り込み、キャンペーンを作成

  • 堅牢なオーディエンス分析レポートを通じて、ターゲット・オーディエンスに関する実践可能なインサイトにアクセス
  • 事前キャンペーン分析を活用してインプレッションを活かす前に、オーディエンスの構成を把握
  • キャンペーン後の分析でターゲティング精度の確認
  • オーディエンス抑制レポートで既にコンバージョン済の対象者の削除

OracleのDMPソリューションについて調べる