申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

オラクルのカスタマー・データ・プラットフォーム

すべてのソースからカスタマー・データを組み合わせ、顧客ごとの1つの動的で正確なビューを作成する方法をご覧ください。

オラクルのデータ管理プラットフォーム

データを統合し、その価値を引き出す方法をご紹介します。インサイトを開発し、そのインサイトをアクションにつなげましょう。

CDPとDMP、その違いとは?

CDPとはDMPとは

カスタマー・データ・プラットフォーム(CDP)データ管理プラットフォーム(DMP)は、それぞれマーケティングと広告ためのツールです。似たような響きの頭文字を持ち、ある意味、仕組みは同じです。例えば、どちらもデータの取得と整理、既存データの活用、分析とレポートの作成、そして単一の顧客ビューの作成を支援します。CDPとDMPにより、デジタル・マーケティング担当者は、マーケティング・キャンペーンをパーソナライズしたり、そのキャンペーンの効果を確認したり、リードを活性化したりします

しかし、マーケティングの成果を最大化するためには、この2つのプラットフォームの明確な違いを理解する必要があります。

カスタマー・データ・プラットフォームとデータ管理プラットフォームの活用法

データ管理プラットフォーム

データ管理プラットフォームは、さまざまなソースから匿名の顧客データを収集、セグメント化、分析、保存するものです。広告主は、主にこの統一およびセグメント化されたデータを使用して、意図するオーディエンスに対し、広告キャンペーンを効果的にターゲティング(およびリターゲティング)できます。DMPは、主にアドテック・ツールとして設計されており、Webサイト上で訪問者一人一人に合った製品をお勧めすることも可能です。

DMPの効果的な活用例としては、以下のようなものがあります。

  • オーディエンス・データを活用して、新たな顧客セグメントを特定し、様々な有料メディア・チャネルを通じてそれらのターゲット・オーディエンスにリーチする
  • これらのオーディエンス・データを使って、やり取りをパーソナライズする

DMPの詳細

カスタマー・データ・プラットフォーム

カスタマー・データ・プラットフォームとは、既存の顧客データベース、Webサイト、モバイルアプリ、CRMからデータを収集し、既存の顧客向けにマーケティングやコンテンツをカスタマイズするマーケティング・ソリューションのことです。再販のあらゆる取り組みに最適なソリューションです。

CDPの詳細

CDP vs. DMP—データ型、ターゲット、ストレージ

どちらのプラットフォームも、ファーストパーティ・データ(顧客、CRMマーケティング・オートメーション・データベース、または購買取引から直接取得したデータ)、セカンドパーティ・データ(パートナーや再販業者など、他社から提供されたデータ)、サードパーティ・データ(複数のソースからのデータ)を使用します。

CDPもDMPも収集するデータの種類は同じですが、ターゲットが異なります。DMPは、主にサードパーティ・データ(Cookieやセグメント化された顧客ID)を追跡し、そのデータを短期間保存します。CDPは、構造化、半構造化、非構造化のPIIファーストパーティ・データを対象としています。

CDPはこれらのデータを長期間保存するので、マーケティング担当者は詳細かつ正確な顧客プロファイルを構築し、顧客との関係を育成できます。そして、CDPは、データを必要とする(または保有する)さまざまなシステム(CRMやDMP)とデータを共有したり、引き出したりして、あらゆる種類のマーケティングに活用します。

CDP vs. DMP—ユーザー・プロファイル、データ選択・取得

DMPのユーザー・プロファイルでは、Cookieの有効期限に紐づく人々をセグメント化・分類し、匿名の行動データを取得します。

データ選択では、必要なデータを収集するために、いくつかのフィールド値を使用します。DMPでは、フィールド・データの一部として、人々がいつウェブサイトを訪れ、どれくらいの時間滞在し、どのような情報を読んだかといった重要なインサイトを収集できます。しかし、DMPを最大限に活用するためには、より多くのパターンを抽出するための分析ツールに頼る必要があります。

CDPは匿名のデータを避け、個々の顧客を特定する具体的なデータに重点を置きます。CDPが使用する顧客識別子の一例としては、メールアドレスがあります。

マーケティング戦略におけるCDPとDMPの役割

マーケティング戦略において、各プラットフォームにはそれぞれ役割があります。どちらのプラットフォームも、過去のデータにアクセスすることでデジタル・マーケティング戦略を明確化しますが、その方法は全く異なります。例えば、デジタル・チャネルやオーディエンスのセグメント化には、DMPが有効です。

一方、ソーシャル・メディアサイトやオフラインでの交流、顧客ニーズや購買行動に関するインサイトには、CDPが有効です。データを管理するCDPシステムがあれば、顧客の購買行動やブランドとの過去のインタラクションに基づいて、顧客のニーズや期待をより深く理解できます。

データ・プラットフォームを利用・選択するタイミングを知る

CDPDMP、あるいはその両方を使うかどうかを決めるためには、以下を実行しましょう。

  • 2つのプラットフォームの違いを理解する
  • 各プラットフォームがマーケティング目標の達成にどのように役立つかを見極める
  • データをどのように利用したいのかを知る
  • これらのプラットフォームの可能性を最大限に活用するために、十分なリソースを割り当てられるかどうかを確認する

CDP対DMPではなく、CDPとDMP

CDPとDMPの連携は可能です。しかし、短期的な顧客リードやコンバージョン用にサードパーティ・データが必要な場合は、DMPを使用した方がよいでしょう。ファーストパーティ・データを必要とする長期的な顧客エンゲージメントを求めるのであれば、CDPを使用したほうがよいでしょう。どちらのプラットフォームも、カスタマー・エクスペリエンス(CX)を高める方法を提供し、価値を創造・提供たり、投資収益率(ROI)を最大化したりすることを支援します。

また、選択するCDPの種類によっては、これらのプラットフォームを組み合わせることで、より多くのマーケティング機会を生み出すことも可能です。例えば、DMPのデータをリアルタイムに利用して、初めてサイトを訪れた人(匿名)のインタラクションをパーソナライズし、信頼を確立・維持できます。また、DMPが提供するサードパーティ・データによって、顧客プロファイルを深めることができます。

CDPはDMPからデータを引き出し、DMPと情報を共有します。DMPが新たな見込顧客やリードを呼び込み、CDPがブランドと彼らとの接触やエンゲージメントを支援することで、この2つのシステムは巧みな連携が可能です。DMPとCDPを統合することで、顧客とのインタラクションの先にある、顧客の行動を示すファーストパーティ・データにアクセスできるようになります。このインサイトにより、彼らが何を望んでいるか、何を必要としているかが、より詳しくわかります。

顧客データをもっと活用する