試験申し込みと受験 | オラクル認定資格制度 |

試験のお申込みと受験

受験者の方はオラクルの不正行為に対するポリシーを遵守し、ORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書に同意しなければなりません。受験契約書は試験開始時に提示されます。また、代理受験、もしくは複数氏名、ID での受験は禁じております。

 
    お申込みと受験
    1. 試験配信会社とお申込み先
    2. オラクル配信試験の予約と受験
    3. ピアソンVUE社 配信試験の予約と受験
    4. 特別な受験環境を必要とされる方のお申込み

    受験結果
    1. 試験結果(ピアソンVUE社 配信試験、オラクル配信試験共通)

    その他
    1. 再受験
    2. 参考情報
    3. Oracle Testing ID (旧プロメトリックID)について
    4. Oracle PartnerNetwork Specialized プログラム(OPN-S)企業の方へ
    5. 関連リンク


1. 試験配信会社とお申込み先

試験によって配信会社が異なるため、お申込み方法や受験方法が異なります:

試験種別 お申込み先 受験形式 お支払い方法
クラウド OCI / PaaS 試験 1Z0-1085-21 試験以外 Oracle University - 監督付き試験 (オンライン) Exam Subscription (オラクル配信試験)(*4)
1Z0-1085-21 試験のみ Oracle University - 監督なし試験 (オンライン) (*1) 無償
SaaS 試験 2022年版 SaaS 試験
(英語試験のみ)
Oracle University - 監督なし試験 (オンライン) Exam Subscription (オラクル配信試験)(*4)
2021年版 SaaS 試験 ピアソンVUE社 - 監督付き試験(オンライン / ピアソンVUE社テストセンター) (*2) 下記のいずれかの方法でお支払いください。(*5)
1. 試験予約時に、ピアソンVUE社へ直接お支払い
2. Oracle University が発行する「受験チケット」でのお支払い
オンプレミス Database / Java / MySQL / Solaris 試験 ピアソンVUE社 - 監督付き試験(オンライン / ピアソンVUE社テストセンター) (*2)
- 監督なし試験(オンライン) (*3)

ORACLE MASTER Platinum 実技試験(2022年7月31日 配信終了)については、各試験ページ( 実技試験 / 移行試験 )をご参照ください。

【備考】
*1 インターネット経由で受験する試験監督不在の試験です。都合のよい時間にどこからでも受験できます。お申込み後、すぐに受験を開始する必要があります。
*2 全国にあるピアソンVUE社テストセンター、またはオンライン(試験監督付き)で受験する試験です。試験予約時に会場(自宅や職場を含む)を選択します。
*3 インターネット経由で受験する試験監督不在の試験です。都合のよい時間にどこからでも受験できます。お申込み後、48時間以内に受験を開始する必要があります。
*4 「受験チケット」でのお支払いはできません。
*5 OPNパートナー割引を適用するためには、受験チケットをご利用いただく必要があります。


2. オラクル配信試験の予約と受験

以下の手順で、オラクル配信試験(OCI / PaaS 試験および 2022年版 SaaS 試験)の予約および受験の手続きを進めてください。

  1. Exam Subscription (オラクル配信試験)購入
  2. オラクル配信試験の予約および受験
    ※ 試験の予約と受験方法の詳細は、 オラクル配信試験の予約と受験方法(PDF)をご参照ください。
    ※ 受験準備については、Exam Session Preparation(Oracle University が配信する認定試験の受験準備) をご確認ください。
  3. 受験結果の確認
    ※ 試験結果の詳細は、「5. 試験結果(ピアソンVUE社配信試験、オラクル配信試験共通)」をご参照ください。

3. ピアソンVUE社 配信試験の予約と受験

ピアソンVUE社 配信試験(2021年版 SaaS / Database / Java / MySQL / Solaris 試験)の予約や受験には Oracle CertView へのアクセスが必須です (シングルサインオン・システムに移行したため)。

  1. 2020年8月16日以降、CertView にアクセスするには、初回ログイン時の手続きが必要です( 全ユーザー対象)受験日時の 48 時間前までに、初回ログイン時の手続きの完了をお願いします。
  2. CertView を利用するための手順 をご参照の上、お客様の状況に合わせた初回ログイン時の手続きを行ってください。
  3. CertView の初回ログイン時の手続き完了後CertView にログインし、CertView 画面左側のメニューから「ピアソンVUEサイト」を選択し、ピアソンVUEサイトに移動して試験を予約および受験してください。
    ※ 予約および受験方法は、「オラクル認定試験のお申込み / 受験方法」(PDF) の P.6 以降をご参照ください。
    ※ ピアソンVUEサイトが英語で表示される場合は、画面左側の Language アイコン ピアソンVUEサイトの Language アイコン をクリックして日本語を選択してください。
    ※ 試験予約時の受験チケットの使用方法については、受験チケットのお届け・ご使用方法をご参照ください。

注意:初回ログインの手続き完了後、CertView 画面左側の「アカウント情報」の「アカウント情報の表示 / 編集」」メニューを選択して、画面に表示される氏名の欄がローマ字表記であることを必ず確認してください。ローマ字表記でない場合は、受験時に本人確認ができないため受験できません。氏名をローマ字に変更する場合は、CertView の画面左の「アカウント情報」の「氏名の変更」メニューからローマ字表記に変更をお願いします。

 
 

4. 特別な受験環境を必要とされる方のお申込み

受験時に特別な受験環境を必要とする場合には、対象試験の配信会社に、その旨を連絡して試験をお申込みください。

5. 試験結果(ピアソンVUE社 配信試験、オラクル配信試験共通)

ピアソンVUE社 配信試験およびオラクル配信試験の合否結果およびスコアレポートは、Oracle CertView よりご確認ください。
CertView での確認方法については、CertView の機能一覧をご参照ください。

※ CertView に初めてログインする方は、CertView を利用するための手順をご参照ください。
※ CertView では、ピアソンVUE社で受験した試験のスコアレポートのみ閲覧可能です。プロメトリック社で受験した試験のスコアレポートについては、閲覧できませんのでご注意ください。

6. 再受験

  • 試験内容チェックリスト をご参考に、さらに準備や学習が必要な箇所を見直しされることをお薦めします。
  • オラクル認定資格試験の品質保持およびセキュリティ強化の目的から、再受験ポリシーを設定しております。

7. 参考情報

ORACLE MASTER Platinum 実技試験以外のすべての試験には、選択問題、穴埋め問題および対話形式のグラフィカルな問題が含まれている場合があります。すべての質問と解答の選択肢をよく読んでください。質問によっては、複数の正解が含まれている場合があります。 最も当てはまるものを選択する場合と、正しいものすべてを選択する場合があります。質問によっては別紙が含まれます。別紙は画面上に表示され、解答する時 に確認できます。

出題範囲の確認

試験内容チェックリストを予めご確認ください。試験前に確認し、関連項目を充分理解するようにしてください。

自分のペースでの受験

難しそうな問題に時間をかける前に、易しそうな問題を解いてください。試験システムでは、後で見直したい問題に印を付けることが可能です。試験の最後に、確認画面にて解答した問題、とばした問題、印を付けた問題、または完了していない問題を確認できます。

8. Oracle Testing ID (旧プロメトリックID)について

  • Oracle Testing ID (旧プロメトリックID)は受験者を識別するための ID です。受験情報は全てこの Oracle Testing ID で管理されています。
  • プロメトリック社からピアソンVUE社へオラクル認定資格試験 配信会社が変更されましたが、オラクル認定資格試験の受験結果および試験に付随する基本情報もオラクル社が引き続き所有・管理しており、オラクル認定資格試験の受験時に使用した旧プロメトリックID は Oracle Testing ID と名称変更し、そのまま使用いただけます。
  • プロメトリック社で過去にオラクル認定資格試験を受験したことがある方は、Oracle.com アカウントを作成される際に、今まで使用していた ID を申告してください。
  • 旧プロメトリックID がご不明の場合は、認定資格事務局 (oraclecert_jp@oracle.com) へお問合せください。

9. Oracle PartnerNetwork Specializedプログラム(OPN-S)企業の方へ

  • OPN-S企業の従業員の方は、CertView の登録情報に OPN企業ID(Company ID) を入力してください。
  • CertViewにログイン後、画面左側の「アカウント情報」メニューの「アカウント情報の表示/編集」より、 OPN企業ID(Company ID) が入力可能です。
  • OPN企業ID(Company ID) が不明な場合には、Partner Help Portal にお問合せください。

 

ページ先頭へ