申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

受注管理とは

オーダー管理とは、顧客の注文の取込み、追跡、フルフィルメントを行うプロセスのことです。注文管理プロセスは、注文が入った時点から開始され、顧客が荷物を受け取った時点で終了します。

Order Management System (OMS)は、複数の業界で注文入力および処理に使用されているコンピューター・ソフトウェア・システムのことです。完璧な注文処理とは、顧客の仕様に沿った販売注文を履行し、販売時に指定された通りの商品を提供することです。

受注管理とは

<img src="/a/ocom/img/rc24-srixon-vid.jpg" alt="" aria-label="Srixon/Cleveland Golf Increases On-Time Shipments with SCM video" role="button"
Srixon/Cleveland Golf、SCMでオンタイム出荷を推進 (1:32)

受注管理とは、企業が販売注文を完了させる方法であり、あらゆるビジネスの中核をなすものです。企業は、製品やサービスを企業や消費者に直接販売することで、収益をあげています。B2BであれB2Cであれ、販売した商品を顧客が受け取って初めて、販売プロセスは完結します。ここでは、Cleveland Golf社が受注管理によって納期遵守率が81.5%向上した例をご紹介します。

受注管理プロセスは、配送センターや工場、店舗で行われます。これには一般的に、在庫管理、サプライチェーン管理、注文処理、品質管理、および問題を報告したり、製品の交換や返品を行ったりする顧客サービス・システムが含まれます。

オムニチャネルのオーダー管理が重要な理由

オムニチャネル・コマースは、顧客にとって多くの購入の選択肢をもたらします。オンラインであれ、店舗や直販であれ、顧客はできるだけ早く注文や返品を迅速に処理できる、シンプルなエクスペリエンスを求めています。今や顧客はより多くの情報を手に入れるようになり、これまで以上に大きなパワーを持つようになりました。オムニチャネルの注文管理は、顧客満足度、企業の利益、ブランドに対する信頼の鍵を握っています。顧客が購入したいと思うようなサービスを提供するためには、シームレスで便利なカスタマー・エクスペリエンスを提供する必要があります。そのため、B2BおよびB2Cの企業にとって、注文の取込みや注文設定、在庫の可視化、フルフィルメントのスケジュール、および出荷と返品オプションのプロセスをシンプルにすることは、ビジネスにおける重要な優先事項となります。目指すべき姿は、可能な限り低いコストで、顧客が納期通りに完全な注文内容の製品またはサービスを受け取れるようにすることです。

従来の受注管理システム(OMS)は、オムニチャネルの概念が生まれるはるか以前に設計されたものであり、複数のチャネルへの対応やフルフィルメント方法、場所、返品ポイントに対応できませんでした。こうしたシステムは、単一のチャネルと単一の在庫ソースのみとつながり、サイロな状態で稼働しています。しかし、サプライチェーン全体の在庫を可視化できなければ、販売業者は在庫の量や場所を把握することができず、配送の納期遵守や、注文の最適なフルフィルメント拠点へのルーティングが難しくなります。

オーダー・フルフィルメント・プロセスの最適化

こうした状況を打破するには、2つの方法があります。1つは、高価で非効率的ではありつつもシステムやデータソースの統合を図る方法です。もう1つは、最新の受注管理ソリューションを導入して、以下を実現することです。

1. オーダー・オーケストレーションとフルフィルメント・プロセスの合理化

Fusion Order Managementは、受注から入金までのプロセスにおいて、注文の取込みとフルフィルメントの実行の改善を目的として設計されています。そしてこれは、マルチチャネルやオムニチャネル環境における注文の中核として機能します。このアプリケーションでは、注文の取込みや価格設定、構成などのプロセスを合理化します。また、外部ソースから受け取った注文を修正し、フルフィルメント用に処理することも可能です。他のクラウドサービスとの統合や一元管理されたオーケストレーションポリシー、グローバルな可用性、フルフィルメント・モニタリングを標準機能として提供しています。

2. 受注から入金までの包括的なプロセスの統合

Fusion Cloud Order Managementは、Product Hub、Logistics、Manufacturing、Procurement、Finance、CPQなどの他のクラウド・サービスと標準で統合されており、受注生産、サプライヤーやパートナーによる直接出荷フルフィルメント、バック・トゥ・バック履行のフルフィルメント・オーケストレーション、社内転送、見積から入金までの一連の高度なフルフィルメント・プロセスを実現することができます。また、包括的な受注から入金までのプロセスに必要な、他のクラウドやオンプレミスのアプリケーションと統合する一連の機能も提供しています。

3. 価格管理と商品構成の一元化

Cloud Order Management は、シンプルなSKUや設定済みのアイテム、およびサービスによる注文の取得および修正することができます。このアプリケーションでは、顧客への請求や配送先情報、価格設定ポリシーなど、注文の値をデフォルトにする、ユーザー側で設定可能な業務ルールを提供します。 また、リアルタイムで商品の在庫情報を提供し、注文を処理する前に注文を確認することができます。一元化された価格設定機能により、割引ルールや価格設定のセグメンテーション、階層型の価格設定、税金計算、サービス継続時の価格設定、手動による価格調整などを実行することができます。コンフィギュレーターは、価格設定機能と統合されており、これはルールや制約条件の定義やランタイムUIを含む構成モデルの作成、テスト、デプロイメントを行う機能を提供しています。

4. オーダー納期処理ルールの最適化

Global Order Promising (PDF)機能により、ユーザーは、利用可能な仕入先を活用して最適な製品供給を約束し、顧客満足度を高めながら収益を上げ、フルフィルメント・コストを削減することができます。Cloud Global Order Promisingは、仕入れ先に関する情報を収集し、ユーザー定義が可能な調達ルールと納期処理ルールを適用することで、顧客と販売業者に最適かつ利用可能な在庫オプションを選択することができます。ユーザーは、リードタイムに基付いて、リソースや機能的に対応可能か、または適切な利益率かを踏まえて納期処理ルールを設定することができます。また、需要クラス別の配賦ルールを設定することもできます。これにより、少ない供給量の場合、重要なアカウントに優先的に割り当てるといったことができます。

オーダー納期処理のもう1つの機能は、注文処理中に需給がひっ迫した際の管理を支援するものです。この機能により、ユーザーは例外や注文の詳細、代替調達オプションを表示し、標準搭載されている分析機能を使ってwhat-ifシミュレーションを実行することができます。その結果、サービス・レベルとコスト、または競合する顧客注文の間でのトレードオフの決定を下すことができますGlobal Order Promisingの高度なメモリ常駐型アーキテクチャは、トランザクション・データや参照データが更新されているときでも、24時間365日利用可能で、高い応答性を保証します。

分散型オーダー管理システムのメリット

分散型オーダー管理は、複数のオーダーキャプチャとフルフィルメントシステムにまたがる顧客オーダーを正確かつ効率的に管理することを可能にするアプリケーションです。サイロ化した多くのレガシー・システムを含む、分散型オムニチャネル環境全体で注文を調整できるよう設計されています。これにより、複数のチャネルにまたがる顧客からの注文を正確かつ効率的に管理し、注文の処理や、出荷において最適な在庫保管場所または生産施設を決定することができます。

Cloud Order Managementは、情報の統合的なリポジトリとして機能します。顧客情報を統合し、オンラインやPOS、現場の営業など、すべてのタッチポイントにおける注文情報の中核として機能します。また、在庫状況をリアルタイムに把握し、拠点間で商品を自動的に集約し、最適な出荷拠点に送ることで注文を完了させ、納期に間に合わせることができます。

需要が急増した場合、Cloud Order Managementは、さまざまなチャネル(オンライン、小売店、コールセンターなど)からの大量の注文を簡単に取り込み、製品構成と価格を管理し、最適な仕入れ先から注文を完了させ、納期を確実に遵守することができます。

Cloud Order Managementのオーダー・キャプチャ機能では、オーダーの直接入力や、外部システムからのインポートおよび修正が可能です。また、データの整合性やビジネス・ルールの適用可否、取引上のコンプライアンス・チェックなど、注文情報の確認を行うことができます。オーダー・フルフィルメント機能は、複数のキャプチャ・システム間でオーダーを管理し、フルフィルメント・ステータスの更新を受け取り、キャプチャ・システムにステータスの更新をレポートすることができます。Cloud Order Managementは、クラウドまたはオンプレミスのオーダー・キャプチャとフルフィルメントシステム/アプリケーションを組み合わせて、オーダーを手配することができます。このように、受注から入金までのプロセスにおいて、注文のハブとして機能し、注文からフルフィルメント、ポリシー、例外処理までを一元的に管理します。

例外的な注文の効率的な管理

Cloud Order Managementでは、注文の検索やステータスの表示、顧客、製品、サプライヤー別の例外注文のサマリーの表示、さらに詳細な情報の取得が可能です。また、異常アラートにより、納期を守れない可能性のある注文を未然に察知し、問題を特定して対処することができます。また、標準搭載の分析機能とwhat-if分析により、ユーザーが最適な判断を下す上で必要なインサイトを得ることができます。

予測可能なオーダー・オーケストレーション・ポリシーに対する実行

独自のアプリケーション・アーキテクチャにより、複数の注文ソースと多様なフルフィルメント・モードにわたってプロセスを統一することができます。堅牢なアプリケーションの標準機能一式を使用することで、ビジネス・ユーザーは技術的なプログラミングを使わずとも、独自のフルフィルメント・オーケストレーションの方針の定義、実装、保守を行うことができます。拡張性と柔軟性に優れたクラウド・ソリューションにより、企業は必要に応じてポリシーを開発、実装、調整することができ、迅速な導入とコスト削減を実現します。たとえば、オーダー・フルフィルメント・プロセスがスケジュール/出荷/請求のステップを含んでおり、出荷中にあるお客様が注文を変更した場合、オーダー・ロジックは元の出荷要求をキャンセルし、スケジュール・プロセスに戻ります。承認ワークフローでは、注文の作成と変更がポリシーに適合していることを確認します。また、注文が処理される際、ユーザーは各ステップにかかる所要時間を定義することができます。そのため、納期が遅延する可能性がある場合、プロアクティブなアラートを作成することもできます。

チャネルの収益管理

市場シェアの拡大や、競争力の維持において、メーカーやサプライヤーは、特定の製品のプロモーションや、流通チャネルを通じた収益拡大に向けて、顧客にリベート価格を提供することがあります。こうしたリベート制度は卸売流通業者によって管理され、往々にして複雑なものとなっています。もし販売業者がサプライヤー・プログラムの管理やリベート請求を効率的に対応できなければ、未請求のリベート収入や販売機会の喪失により、収益性が損なわれる可能性があります。

Supply Chain ManagementSupply Chain ManagementOrder Managementのコンポーネントの1つです。これにより、卸売流通業者は販促プログラムやリベートの定義、サプライヤーの出荷および口座引き落とし契約に対する請求処理と会計処理を効率的に管理できるようになります。Channel Revenue Managementは、サプライヤーのリベート・プログラムの管理プロセスを合理化することができるため、卸売流通業者はより高い利益率を確保しつつ、プログラムの管理に費やす時間を短縮することができます。また、Channel Revenue Managementを導入している流通業者は、取引プログラムにおける確実な実行とリベート請求に関するクレームの減少により、サプライチェーン・パートナーから、より高いレベルの信頼を獲得することができるようになります。おそらく同様に価値があるとされることとして、自動化による時間短縮です。これまで手作業で行っていた取引プログラムの管理の負担を軽減し、管理者はより価値の高い業務に取り組むことができるようになります。

成長に向けて、はじめてみましょう。

1. 顧客中心型の業務設計顧客の購買チャネルを統一し、最適なカスタマー・エクスペリエンスを実現しましょう。自社のエンド・ツー・エンドのロジスティクスのために、統合的なた注文管理に投資しましょう。

2. オーケストレーションとフルフィルメントにおけるボトルネックと手作業のプロセスの特定デジタル・テクノロジーとツールを導入し、従業員を支援しましょう。

3. 既存のシステムとアプリケーションの状況把握の実施技術要件は、ビジネス・ゴールに対応したものにしましょう。すべてのシステムを一度に切り替えるのではなく、必要に応じて1つずつ交換できるようなソリューションを検討しましょう。