Siebelサポート

世界トップクラスの組織は、Oracle Siebel CRMを使用してデジタル変革の目標を達成しています。Siebel CRMは、充実した製品ロードマップを有する、オラクルのCX製品スイートの主要コンポーネントです。

Siebelへのオラクルのコミットメントについて読む

Oracle Siebel Supportの主な機能

Siebelへの取り組みを継続

Oracleは、オンプレミス・アプリケーションが成功のために重要であることを理解しています。Oracle Applications Unlimitedでは、信頼性が高く、セキュアで包括的なサポートが提供されるため、サード・パーティによるSiebelへの投資に対するサポートの潜在的なリスクを回避できます。少なくとも2035年まで、オンプレミス・アプリケーションの継続的イノベーション・リリースでOracle Premier Supportを引き続き提供し、さらに1年間、Premier Supportサービスを拡張するかどうかについて毎年見直すことを約束します。

詳細
Siebelコミット

Siebelサポート・ドキュメントとハウツー

Oracle AdvisorのWebキャストでは、Zoom Web会議を通して、お客様とOracleのSiebelエキスパートを一斉にまとめることができます。サインアップして、サポート・サービス、製品、テクノロジー、ベスト・プラクティスなどの情報を1時間のセッションで取得します。

ウェブキャストを見る
Siebelサポート・ドキュメント

SiebelのOracle Support認定

マイペースで学習できるモジュールは、製品、パッチと認定、診断、パフォーマンス、アップグレード、増分リポジトリ・マージ、およびサービス・リクエストを管理するためのベスト・プラクティスに関する学習オプションを提供します。

詳細
Siebel認定

SiebelサポートとOracle Applications Unlimited

少なくとも2035年までOracle Premier Supportを実施

オラクルの継続的なInnovationへのコミットメント

アプリケーションとサポートという強力な組み合わせはOracle E-Business Suite、Hyperion、JD Edwards EnterpriseOne、PeopleSoft、およびSiebelからなるOracle Applicationsを含んでいます。

当社のコミットメントには、オンプレミスのサポートとOracle Cloud Infrastructureのサポートの両方が含まれています。オンプレミスを継続するか、同じアプリケーションと独自のカスタマイズでクラウドに移行するかは自分のスケジュールに合わせて自由に選択できます。

現在使用しているものと同じリソース、ツール、スタッフを継続的なセキュリティ・パッチとソフトウェア・アップデートで実現できます。あなたのスタッフはすでにアプリケーションを理解しています。

無理な移行はありません。当然です。継続的な新機能とトランスペアレントなロードマップを取得できます。

Premier Support for Siebel CRMのメリット

  • お客様へのコミットメント

    将来計画を立てるための時間を確保できる製品ロードマップとサポートにより、既存のSiebelへの投資を最大化し、拡張することができます。

  • 製品へのコミットメント

    オンプレミスのアプリケーションとサポートの専門知識を活用して、お客様のビジネスを効率的に運営することができます。

  • イノベーションへのコミットメント

    オラクルのContinuous Innovationリリースへの継続的な投資にご期待ください。

技術資料

Siebelリソース・サポート

My Oracle Supportのコミュニティ

My Oracle Support Communityは、SiebelとMy Oracle Supportを最大限に活用していただけるよう支援します。多くのオラクル・リソースにアクセスし、同業者およびオラクルのエキスパートによる活発なコミュニティで情報を交換することができます。

エンゲージメント

My Oracle Supportへのサインイン

専用のOracle Supportのツールとリソースをすぐに利用できます。


My Support Renewals

View past, pending, and future renewals. Save time. Renew online.


サポート営業へのお問い合わせ

システムの導入や提案を支援する日本オラクルのご相談窓口チーム・メンバーとお話しください。