Oracle Manufacturing Cloud

最新の製造でより大きな成果を達成

製造業者は、製造管理ソフトウェアに依存して、全体的なサプライチェーン管理(SCM)システムの一部としてプロセスを管理し、生産サイクルを合理化します。

しかし21世紀には昨日までのSCMシステムを使用してこれに立ち向かうことはできません。デジタル時代においては、製造システムでより多くのことを行う必要があります。進化する消費者需要に遅れをとらないようにするには、継続的な革新が必要です。分断された製造プロセスと情報に出費する余裕はありません。リーダーとなり、競争力を高める必要があります。

デジタル時代の製造エクセレンス

オラクルは、企業規模、業界、地域を問わずビジネスの成功を支援する製造管理ソフトウェアを提供します。オラクルの製造ソフトウェアにより、オペレーショナル・エクセレンスを推進し、スケジュールどおりに予算内で高品質の製品を提供できます。R&Dからコストや作業現場の実行まで、生産サイクル全体を合理化します。承認済のサプライヤや契約製造業者と効果的にコラボレーションできます。リアルタイムの実用的な作業現場情報により、生産性を高める新たな方法が見つかります。

製造をクラウドへ移行

製造システムをクラウドに移行すると、まったく新しいレベルの俊敏性が製造、計画およびフルフィルメント・プロセスにもたらされます。Oracle Manufacturing Cloudでは、デジタル時代のビジネスを変革できます。高い間接費は必要ありません。ITインフラストラクチャに投資するかわりに、Oracle Manufacturing Cloudはビジネスの成長に応じて拡大するための進化するニーズを満たします。

所有コストを大幅に低下させるには、サプライチェーン全体にわたる可視性を確保します。ビジネス分析、モバイルおよびソーシャルの新機能を利用して、企業の従業員、顧客およびビジネス・パートナー全体に広がる効率的なサプライ・ネットワークを構築できます。/p>

クラウドでの製造の主な利点

Oracle Manufacturing Cloudはエンド・ツー・エンドの統合ソリューションであり、より迅速な革新、生産性の向上、コストの削減を可能にします。

  • プラント業務の完全な可視化
  • 生産性を最適化し、利益幅を最大化するためのリアルタイム・パフォーマンス・データの収集および分析
  • 生産サイクル全体の合理化と業務管理効率の向上
  • 製造とバリューチェーンの調整と、統合された生産計画およびスケジュールの作成
  • 現場の従業員への生産ライン全体のリアルタイムの可視性の付与
  • 高度な分析と役割に応じたダッシュボードによるバリューチェーンの通知
  • 品質コンプライアンス・プロセスによるグローバル製造ネットワークの標準化

始めよう