申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Document Understandingの機能

セキュアでアクセス可能なドキュメントAI

セキュリティとプライバシーに特化した設計

OCI Document Understandingは、トレーニング、デバッグ、その他の目的のためにデータを保存しないモデルで、お客様のプライバシーを守ります。

導入のしやすさ

OCI Document Understandingは、REST API、複数のSDK(PythonとJavaを含む)、またはOCIコマンドラインを介して呼び出すことができる汎用性の高いサービスです。開発者は、データサイエンスや機械学習の専門知識がなくても、スケーラブルな言語サービスを簡単にデプロイできます。

アプリケーションに対応したAIモデル

スキャンしたドキュメント、モバイル・アップロード、PDFなどからテキストを検出するモデルをデプロイできます。

OCI Document Understandingは、回転、傾斜し、陰影の付いたドキュメントから単語レベルおよび行レベルのテキストを自動的に抽出するため、経費処理および顧客のオンボーディング・シナリオでよく見られる実際のドキュメント品質の問題に対応できます。

ドキュメントから表とキーフィールドを抽出

表内の行と列の関係を含む、表構造を文書から自動的に識別し、抽出します。OCI Document Understandingは、経費やアイデンティティ・ドキュメントに対して、業者名、合計、税金などのキーと値のペアを特定します。

ドキュメントの分類

ドキュメントを識別し、請求書、領収書、履歴書などの一般的なカテゴリに分類します。代表的なアプリケーションには、経費処理とドキュメントの拡張検索および取得などがあります。