AIビジョンの特徴

エンタープライズ・シナリオ向けに構築された画像分析

顔やその特徴などのオブジェクトを検出し画像を分類

OCI Visionは、画像を何千ものカテゴリに分類して、一般的なデジタル・アセット管理のシナリオを簡素化したり、送電線に近い場所での植物の繁茂など、注意が必要なアイテムを識別したりすることができます。また、開発者は、画像内のオブジェクトを識別してローカライズし、パッケージや車両など一般的なアイテム数のカウントを自動化できます。さらに、Facial Detectionを使用すると、画像の中の顔や、顔の特徴を認識できます。

ビジネス・ドメインに合わせてカスタマイズされたモデル

モデルを簡単にトレーニングおよび管理

開発者は事前トレーニング済モデルにアクセスし、カスタム・モデル・インフラストラクチャを管理することなく、カスタム・モデルを作成できます。OCI Visionユーザー・インタフェースを使うと、開発者はデータのアップロード、画像分類または物体検出モデルのトレーニング、カスタム・モデル指標の確認を行い、モデルをプロジェクトに編成することができます。これにより、すべてのユーザーがアクセスできる、非常に正確でカスタム・トレーニングされたコンピューター・ビジョン・モデルを構築できます。

効率的でシンプルなアーキテクチャ

統合と導入が簡単

OCI Visionは、REST API、2つの異なるSDK、またはOCIコマンド・ラインを介してコールできる汎用性の高いサービスです。開発者は、データ・サイエンスやMLの専門知識がなくても、スケーラブルなビジョン・サービスを簡単にデプロイできます。