該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

自動化のメリットをすべての従業員に

Oracle Integration Cloudのプロセス自動化は、ビジネスのアジリティを促進し、デジタル変革を実現します。ロボティック・プロセス・オートメーション、適応型ケース管理、および最適な次のアクションの推奨機能を使用して、数か月ではなく数分でアイデアをアプリにします。デジタル・イノベーションをSaaSアプリケーションに直接埋め込むことで、必要なトレーニングが限定されます。また、リアルタイムで得られるインサイトに基づいてエンドツーエンドの運用を最適化し、ビジネスの成果に結び付けることができます。

迅速化

迅速化

わずかのコードでビジネスに適した自動化を行い、迅速な作業を実現します。

簡素化

簡素化

SaaSを拡張して、オンプレミス・アプリケーションやIoTに接続できます。

エンゲージメント

エンゲージメント

デジタル・アプリにより、いつでも、どこでも、さまざまなデバイスで作業できます。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

迅速化

    ビジネス主導の迅速なプロセス自動化

  • コードを扱わない100% Webベースのデザイナーを使用して、アプリケーション(プロセス、フォーム、ルール、ドキュメント、サービス、データ)を共同で構築できます。
  • 応答性に優れたマルチチャネル・フォーム

  • 動的なユーザー・インターフェイスを作成できます。一度の開発で、Webプラットフォームやモバイル・プラットフォームに展開できます。
  • オラクルおよびオラクル以外のアプリケーションとの統合

  • SOAPインターフェイスやRESTインターフェイスに確実に接続できます。複雑な統合の場合は、Oracle Integration Cloudを使用します。
  • 実行、テスト、検証

  • 多彩なワーク・ストリーム分析とインタラクティブなダッシュボードにより、ボトルネックを解消できます。

エンゲージメント

    生産性が高く直感的なタスク管理

  • タスクを表示、完了、再割り当て、および委任することができます。フィルタで整理できます。タスクに関する通知をメールで受け取ることができます。
  • さまざまなデバイスで外出先から作業

  • シンプルなモバイル・アプリを使用してタスクにアクセスし、完了することができます。接続モードまたは切断モードで作業できます。ファイルをアップロードし、電話帳に登録された連絡先にタスクを再割り当てできます。
  • タスクの共同作業

  • コメント、写真やドキュメントの共有、他のユーザーとの共同作業により、生産性が向上します。
  • 作業の適切な割り当て

  • 高度な作業割り当て機能とルールベースでの動的割り当てを使用することで、効率が高まります。適応型でルールベースの作業割り当てにより、ケース・バックログが迅速に削減されます。

簡素化

    リアルタイムで表示され、操作が容易なダッシュボード

  • さまざまな視覚化と分析機能により、リアルタイムでワーク・ストリームを監視および管理できます。
  • オペレーショナル・インテリジェンス

  • アラートの承認、ボトルネックの解消、傾向の検出、アクションの実行が可能です。
  • エンド・ツー・エンドの可視性とセルフサービス

  • ワークフローの容易な追跡、詳細な監査証跡の表示、トラブルシューティング、および主要プロセスの最適化を行うことができます。
  • プロセスのアジリティ

  • 実行中のプロセスを変更(プロセス・フローやデータを変更)して、変化するビジネス条件に適応できます。ビジネスに適したコントロールを使用して、ワークフローの迅速な変更、データの更新、ビジネスのアジリティ構築を行うことができます。

包括性

    エンタープライズグレードのセキュリティ

  • プロセス・アプリケーション・デプロイメント環境は、可用性と拡張性に優れ、オラクルによって保護および管理されています。
  • 使いやすいプロセス・アプリ

  • QuickStartプロセス・アプリを使用することにより、日々のタスクを簡素化し、ビジネスの変化に適応できます。
  • 包括的なライフサイクル管理

  • 開発/テスト環境から本番環境に移行するためのルールベースの自動制御により、プロセス・アプリケーションのライフサイクルを包括的に制御できます。
  • 移植性

  • リリース管理のためにプロセス・アプリケーションのメタデータとコンテンツをクラウドからオンプレミスに移動できる柔軟性があります。