Oracle Label Security

マルチレベルのデータアクセス制御



データの分類が簡単で、その分類に基づいてデータへのアクセスを制御できます。マルチレベル・セキュリティと強制アクセス制御に関する公共部門の要件に対応するよう設計されたOracle Label Securityは、柔軟なフレームワークを提供します。世界中の政府組織や企業はこのフレームワークを使用して、”need to know(情報は知る必要のある人のみ伝え、知る必要のない人には伝えない)“という原則にしたがってデータへのアクセスを制御できます。

  • Label Securityポリシーの作成画面

  • ポリシー認可の表示画面

  • ポリシー施行オプション

  • Oracle Enterprise Manager内でのデータベース・セキュリティ概要

  • リソース
 
パートナー

20,000社以上のパートナー(1,000社以上のSpecialization認定パートナーを含む)からなるオラクルのパートナー・コミュニティは、お客様固有のビジネスニーズに応えるソリューションやサービスを提供します。

始めよう