該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Data Masking and Subsetting Pack

Oracle Data Masking and Subsetting Pack

Oracle Data Masking and Subsettingを使用すると、テストや開発などの目的で使用する本番データのコピーのサニタイジングができ、不要なデータを簡単に破棄できるため、データベースのセキュリティ向上、コンプライアンスの加速、ITコストの削減に効果的です。

Data Masking and Subsettingに関する新着情報

詳しく見る

Oracle Data Masking and Subsetting Packの機能

概要

Oracle Data Masking and Subsettingを使用すると、アプリケーション・データ全体のコピーまたは部分的コピーをデータベースから取り出して暗号化したうえで、社内外のパートナーと共有することができます。データベースの整合性が維持され、アプリケーションの継続性が確保されます。

機密データおよび関係の自動検出

Application Data Modelingを使用することで、機密情報(国民識別番号、クレジット・カード番号など、個人を特定できる情報)を含んだ列を、あらかじめ組み込まれた検出パターンに基づいてOracle Databaseの表から自動的に検出できます。また、データベース内に定義された親子関係も自動的に検出されます。

さまざまなマスキング・フォーマット・ライブラリとアプリケーション・テンプレート

一元管理され、拡張性が高く、カスタマイズ可能なマスキング・フォーマット・ライブラリには、国民識別番号やクレジット・カード番号、個人を特定できる情報などの事前定義のマスキング・フォーマットが含まれているため、マスキング・フォーマットをすぐに利用することができます。選択したバージョンのOracle E-Business SuiteおよびOracle Fusion Applicationsに対応するマスキング・テンプレートをダウンロードすると、マスキング・ルールを定義する作業がさらに簡単になります。

包括的マスキング変換

条件に基づいてマスキングを行う、特定の入力に対して常に同じマスキングを施した出力を生成するなど、さまざまなマスキング・ユースケースに対応するのが包括的マスキング変換です。

マルチ・ファクタ・サブセッティング

目標(データベース・サイズの割合や表に含まれる行の割合など)や条件(地域、時間、部署など)に基づくデータのサブセット生成を容易にする高度なサブセット化技法です。

迅速、セキュア、異機種対応

マスクとサブセット化は元データのクローン・コピーで実行できるため、本番システムでのオーバーヘッドを防ぐことができます。また、データベースのエクスポート中にマスクとサブセット化を実行すれば、ステージング・サーバーが不要になります。Oracle以外のデータベース内のデータに対してマスキングやサブセット化を行うこともできます。その場合は、関連するOracle Database Gatewayを使用してOracle Database内にデータをステージングします。

お客様の成功事例