該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle Database Vault

Oracle Database Vault

Oracle Database Vaultは、Oracle Database 19c内に強力なセキュリティ制御を実装します。これらの一意のセキュリティ制御は、データベースの特権ユーザーによるアプリケーション・データへのアクセスを制限し、内部関係者および部外者による脅威のリスクを軽減し、一般的なコンプライアンス要件に対応します。

Oracle Database Vaultの新着情報

詳しく見る

Oracle Database Vaultの機能

概要

盗難にあった特権ユーザーの資格証明が、ハッカー、内部関係者、組織的犯罪者、およびAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)でもっともよく使用される攻撃手段の1つとなっています。Oracle Database Vaultは、アプリケーション・データを不正アクセスから保護し、プライバシーの要件や規制要件への準拠を改善するのに役立つ、強力なサイバー・セキュリティ制御機能を提供します。

機密データの保護

Oracle Database Vaultのセキュリティ制御は、EUの一般データ保護規則(GDPR)やクレジット・カード業界のデータ・セキュリティ基準、ならびに機密情報へのアクセス、開示、変更に対して強力な内部制御を必要とするその他の多数の規制など、データ・プライバシー法や規格への準拠に組織が対処できるよう支援しています。

データベースの不正変更の防止

特権ユーザー・アカウントを使用した、運用を中断させる悪意のある変更や偶発的な変更を防止します。コマンド制御により、メンテナンス期間外におけるDROP TABLE、ALTER SYSTEMなどの不正なコマンドを防止します。

複数の信頼できる要素を使用したアクセス認可

IPアドレス、ユーザー名、クライアント・プログラム名、およびその他の要素をOracle Database Vaultのセキュリティ制御の一部として使用し、セキュリティを強化できます。盗んだアカウントを使用するだけでは攻撃者は機密データにアクセスできないため、機密データへの不正アクセスをブロックし、疑わしいデータ・アクセス・アクティビティを管理者に通知する高レベルのアラートを生成して、データ盗難を未然に防ぎます。

職務の分離

職務の分離によって、組織に特権ユーザーのチェックアンドバランスを提供できます。Oracle Database Vaultによって職務分離を実装して適用すると、攻撃者が1つの特権アカウントの資格証明を利用してセキュリティ制御を無効にし、偽のユーザーを作成して機密データにアクセスするといったことが難しくなります。

迅速、セキュア、組込み

Oracle Database Vaultによって新規および既存のデータベース環境をセキュリティ保護することで、コストと時間のかかるアプリケーション変更が不要になります。Oracle Database VaultがOracle Database 18cと一体となり、追加のサーバーやエージェントをデプロイすることなく、エンタープライズ・アーキテクチャとの互換性が提供されます。

お客様の成功事例