該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Database as a Service

Database as a Service

Enterprise Manager 13cは、企業内のユーザーにOracleベースのDatabase as a Serviceクラウドをロールアウトするための、もっとも包括的なソリューションを提供します。これにより、最も広範で完全な機能セットが提供され、クラウドのエンドツーエンドのライフサイクルをすべて1つのコンソールから構築、デプロイ、および管理できます。

製品の特長

すべて開く すべて閉じる

Cloud Management Pack for Oracle Database

Oracle Cloud Management Pack for Oracle Databaseは、データベースクラウドのライフサイクル全体にわたる機能を提供します。この機能を利用すると、クラウド管理者は、プールされたリソースを特定し、ロールベースのアクセスを構成し、サービスカタログや関連するチャージバック計画を定義できます。

種類が豊富なサービスカタログ

Enterprise Manager 13cにより、幅広いサービスカタログとセルフサービスによるプロビジョニングが実現し、高可用性や障害時リカバリが簡素化されます。ロールベースのサービスカタログには、標準化されたデータベースの構成とバージョンの公開サービステンプレートがリストされており、すぐに使えるセルフサービス・ポータルからアクセスしたり、RESTful APIを介して編成したりすることができます。

データベースの統合

Enterprise Managerは、データベース統合のための比類ないアーキテクチャ・オプションを提供します。このソリューションでは、共有サーバー上の仮想マシン、共有サーバー上の専用データベース、専用スキーマ(Schema as a Service)、およびOracle Database 18cのOracle Multitenantを使用したプラグ可能なデータベース(Pluggable as a Service)などのDBaaSサービスモデルを選択できます。

データベース・クローニングと継続的なデータ更新

Enterprise Managerは、スナップクローンや完全クローニングなどの包括的な自動クローニング機能を提供するため、パフォーマンステストから機能テストまで幅広い作業をサポートできます。すべてのクローニングサービスが、データマスキングと、構成およびソフトウェア・バージョンを変更する機能と統合されています。クラウド管理者は、オンデマンドによるデータのキャプチャ、データの更新、プロファイルの新規リビジョンの作成を含む、ソースデータの包括的なライフサイクルを管理できます。

Cloud Fleet Maintenance

Fleet Maintenanceを使用すると、管理者は最小限のダウンタイムでデータベース・ソフトウェアにパッチを適用してアップグレードできます。サブスクリプション・ベースのモデルにより、クラウド・インフラストラクチャ全体で大規模な更新を実行できるため、メンテナンス作業に必要な時間が大幅に短縮されます。面倒な設定不要のダッシュボードにより、管理者はクラウド環境のコンプライアンスをリアルタイムで追跡できます。