該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
ミドルウェア管理

ミドルウェア管理

オラクルのミドルウェア管理機能には、構成とコンプライアンスの管理、パッチの適用、プロビジョニング、パフォーマンス管理、管理と監査を含む完全なライフサイクル・ソリューションが組み込まれており、管理者の作業負荷を軽減します。

ソリューションの概要

Oracle Enterprise Managerは、Oracle WebLogic Server、Oracle Fusion Middleware、およびオラクル以外のミドルウェア・テクノロジーの包括的な管理ソリューションを提供します。この製品には、以下のミドルウェア・ソフトウェアの管理機能が含まれています。

  • Oracle WebLogic Server
  • Oracle Coherence
  • Oracle Web Tier(Oracle HTTP ServerやOracle Traffic Directorなど)
  • Oracle SOA Suite
  • Oracle WebCenter Suite
  • Oracle Identity Management
  • Oracle Business Intelligence Enterprise Edition
  • オラクル以外のミドルウェア(Apache Tomcat、JBoss Application Server、IBM WebSphere Application Serverなど)

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlは、オンプレミスで実行されているミドルウェア・ソフトウェアの管理に加えて、Oracle Cloud at CustomerまたはOracle Cloudで実行されているすべてのサービスを管理することもできます。それらのサービスがミドルウェアサービス、データベースサービス、インフラストラクチャ・サービス、ハードウェアベース・サービスのいずれであるかは問いません。このオラクル独自の管理ソリューションにより、Oracle Cloud at Customerをご利用のお客様は、Oracle Cloudを自社のデータセンターに導入できます。また、Oracle MiddlewareとDatabase Servicesに管理機能や構成機能を提供でき、Oracle Cloud at Customer、Oracle Cloud、オンプレミス環境の間でワークロードを管理することもできます。Oracle Enterprise Managerがあれば、管理者が単一の管理コンソールからすべての資産を管理できるため、クラウドへの移行が簡単になります。