申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

倉庫管理システム(WMS)とは

Warehouse Management System(WMS)とは、ビジネス全体の在庫を可視化し、配送センターから店舗の棚までのサプライ・チェーンのフルフィルメント業務を管理するソフトウェア・ソリューションのことです。

Warehouse Management(WMS)ソリューションでは、リソース使用率や資材フローを調整して最適化して、企業が人件費と領域の使用率、機器への投資を最大限に活用できるようになります。具体的には、WMSシステムは、流通、製造、資産集約型、サービス・ビジネスなど、グローバル・サプライ・チェーン全体のニーズをサポートするように設計されています。

最近のダイナミックにオムニチャネル化するフルフィルメント経済において、つながりのある消費者は、どこでも購入、補充、返品したいと考えていますこのニーズを満たすために、企業にはフルフィルメント機能を最適化する倉庫管理ソフトウェアによる迅速な対応力が求められています。業界をリードするオラクルのクラウドベースの倉庫管理システムを使用すると、未来のサプライ・チェーンに今すぐ備えることができます。WMS Cloudは、サプライ・チェーンを拡張して、在庫管理とフルフィルメント・サービスを最新の購買方法と連携させ、スマートフォンおよびブラウザから入手可能な在庫全体にリアルタイムの可視性を提供します。これは、インターネットへのアクセスに必要な唯一の要件です。

 

クラウドベースの最新倉庫管理システムを活用する利点

インターネットとデジタル技術が顧客の購入方法を一変させました。供給市場の混乱、顧客の購買パターンの変化、サプライ・チェーンの複雑化が生じている現在、フルフィルメント業務では独自のデジタル・コネクト・ソリューションで変化に対応する必要があります。

倉庫管理システムをクラウドに移行して、リアルタイムの可視性、スケーラビリティ、市場の反応性を提供する接続フルフィルメント・ソリューションを実現し、つながりのある消費者に対応できます。

フルフィルメント・プロセス - 迅速な実装

新しいフルフィルメント経済で競争力を維持するには、迅速に適応する必要があります。クラウドベースのシステムを使用すると、サプライ・チェーン・システムを迅速に構築することができます。強力なロジスティクス機能を数か月ではなく数週間で利用できます。Oracle Warehouse Management Cloudによって、複数のシステムと統合して、マルチチャネルの複雑なフルフィルメント・プロセスをサポートすることができます。

オンプレミスのシステムと同レベルの倉庫管理機能を実現しつつ、ITのオーバーヘッドもありません。クラウドテクノロジーを活用すると、ハードウェア、ソフトウェア、ITスペシャリストにお金を支払ってシステムを維持する必要がなくなります。より手頃なコストで、すぐに稼働できます。

クラウドベースのWMS - アップグレードは不要

クラウドベースのソリューションによって、常に最新のソフトウェア・バージョンを使用できます。Software as a service(SaaS)の価格には定期的に実行されるアップデートの費用が含まれています。ITインフラのコストはかかりません。すべてがクラウド上に存在します。アップデートは携帯電話のアプリと同様に機能します。つまり、顧客は常に稼働中の最新のコードベースを持つことができます。

ロジスティクスの連携 - 先行投資の低減

マルチテナント型のクラウドベースのソリューションによって、投資に対する利益がすぐに得られるため、総所有コストを削減することができます。クラウドがあれば、ハードウェア、ソフトウェア、ITスペシャリストは必要ありません。複数のシステムと統合して、すべてのロジスティクス・プロセスをエンドツーエンドで接続する準備が整っています。

対照的に、オンプレミスのWMSを導入している組織であれば、カスタマイズや変更のための費用を5年の間に数回支払っていたことでしょう。アップグレードの時期になると、その組織は再インストールと構成を総合的に検討する必要があります。

クラウドベースのWMSソリューションを導入すると、アップグレードやメンテナンスの費用は一切かかりません。ITインフラのコストや、ハードウェア、システム、データベース管理者にかかるコストは発生しません。オラクルデータセンターでのインストール、管理、メンテナンスはすべてオラクルのエキスパートが行います。これまで多額の支出が必要だったものが、今では予測可能で手頃な運用コストになるため、利益率を維持できるようになります。

サプライ・チェーン業務の拡張性と柔軟性

今日のグローバルな市場では、スピードが求められています。オラクルのクラウドベースのソリューションを導入すると、サプライ・チェーン業務を迅速に拡大するためのスケーラビリティが得られるため、変化する市場の状況に対応することができます。ピークシーズンに対応するために必要に応じてスケーリングし、その他の変更を管理できます。新しいチャンスが巡ってきたときには準備が整っています。このビジネスの俊敏性をオンプレミスの場合にかかる費用を支払うことなく手に入れることができるのです。社内のハードウェア、ソフトウェア、労働力への設備投資は必要なくなります。このため、ITではなくビジネスに多くのリソースを投資できます。

シームレスな統合 – 倉庫管理とERP

Oracle Warehouse Management Cloud Serviceは統合向けに構築されています。このソリューションでは、ホストのエンタープライズ・リソースプランニング(ERP)、マーチャンダイジング(MMS)、サプライ・チェーン・ソリューション(SCM)との統合に対応できます。

Oracle WMS Cloudは、分離ではなく統合のために構築されました。業界のベストプラクティスであるRESTful WebサービスとXMLを使用してデータを送受信できます。マテリアル・ハンドリング機器のベンダーは、自動化された倉庫の統合を構築する際にこのような統合ポイントを簡単に活用できます。

Warehouse Managementの展望

Oracle WMS CloudはSCMソフトウェアの新しいパラダイムを象徴するものであり、極めて高い価値をもたらす堅牢な次世代の倉庫管理ソリューションです。新しいサプライ・チェーン管理機能では、革新的な製品機能、モバイルソリューション、使いやすいインターフェイスを利用できます。

企業は倉庫管理ソフトウェアに投資して、在庫処理プロセスを合理化および自動化すると同時に、コストを管理しています。簡単に構成できる動的で堅牢なWMSシステムによって、クラウドを活用して、迅速かつ費用効果の高い導入を実現できます。システムの導入によって得られる利点は次のとおりです。

  • 業務効率の向上: クラウドでフルフィルメント業務を管理する倉庫管理ソフトウェアを使用して、サプライ・チェーンにおいて在庫と業務をリアルタイムで可視化できます。また、顧客が関連するテクノロジーを使用して購入に携わる方法に対応することもできます。
  • 総所有コスト(TCO)の削減: クラウドベースの倉庫管理システムを実装して、企業はコストのかかるメンテナンスやアップグレードの支払いを心配する必要がなくなり、コストを管理することができます。
  • カスタマー・エクスペリエンスの向上: フルフィルメントの時間の短縮は、カスタマー・エクスペリエンスとビジネスの向上の実現を意味します。顧客はいつでもどこからでも購入することができます。クラウドをベースとする倉庫管理システムによって、企業は市場の実情を反映した需要を満たすことができます。

Oracle Warehouse Management Cloud(WMS)

新しいフルフィルメント・エコノミーにおいて、面倒なシステムを使い、アップグレードに大金を費やし、非常に複雑な統合を行う余地はありません。そのためには、フルフィルメント・プラットフォームにさらなる効率性を導入することによってのみ達成できる、倉庫オペレーションを360°見渡せる単一のビューが必要です。これは、データのセキュリティ向上、マルチチャネル・コマースへの道のりを短縮し、よりスマートにビジネスを行うということも意味します。

OracleWarehouse Management Cloud(WMS)は、業界をリードするクラウドベースの倉庫管理システムです。革新的な製品機能、モバイルソリューション、使いやすいインターフェイスを備えたOracle WMS Cloudは、クラウドがもたらすスピードとコスト削減を実現するとともに、最高の倉庫管理とフルフィルメント機能を実現します。

Oracle Warehouse Management Cloudを使い始める