該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle API Management

Oracle Cloudは、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)のライフサイクルを管理するサービスをすべて用意しています。Oracle Apiaryを使用すると、APIの設計でAPIのプロトタイプを容易に作成して検証できるので、アプリケーション間で優れた通信を実現できます。Oracle Cloud Infrastructure API Gatewayは、商用目的や規制対応の目的でアプリケーションのAPIを安全に公開する機能を提供します。Oracle API Platform Cloud Serviceを使用すると、APIオペレーターは、オンプレミス、Oracle Cloud、サードパーティのクラウド環境にわたってAPIを監視し、APIによる収益を確保できます。

API Management

Oracle API Managementは、Oracle Apiary、Oracle API Gateway、およびOracle API Platformで構成されます。

APIの設計と開発

APIのプロトタイプ作成の容易化

Oracle Apiaryを使用すると、単一のダッシュボードですべてのAPI仕様を管理して、API設計プロセスを短縮できます。

OpenAPIのサポート

広く受け入れられているOpenAPI標準のサポートにより、各組織のAPIをサードパーティが容易に採用できます。

設計プロセスの効率向上

モックAPIおよびGitHubとの自動同期を使用すると、チームの共同作業者と顧客が何を必要としているかを把握するまで、API開発でコードを記述する必要がありません。Apiaryでは、APIのライフサイクルの早期段階でフィードバックを取り入れ、その実装を合理化します。

APIドキュメントの迅速な作成

自動生成したドキュメントにより、APIの詳細を組織の開発者ポータルに容易に公開できます。


APIの導入

Oracleが管理するAPIフロントエンド

Oracle API Gatewayは高可用性の仮想ネットワーク・アプライアンスであり、API呼び出しを大規模に受信し、ロード・バランサー、コンピューティング、Kubernetes、サーバーレス関数などのOracle Cloud Infrastructureバックエンド・サービスにルーティングできます。

APIのプライベートな導入またはパブリックな導入

アプリケーションの要件に基づいて、APIへのアクセスをプライベート・ネットワーク(リージョン・サブネット)の範囲に制限できるほか、インターネットからAPIにアクセス可能にすることもできます。

サーバーレスAPI

API GatewayとOracle Functionsを使用するサーバーレスAPIは、需要に基づいてリソースのスケールを自動的に調整できるので、インフラストラクチャの運用が不要になります。

APIのセキュリティ

Oracle Identity Cloud ServiceやOkta、Auth0などのサードパーティIDプロバイダが提供するJSON Web Tokenを使用してAPIをセキュリティで保護します。Webページの相互運用性を確保するために、CORS(Cross Origin Resource Sharing)をサポートするAPIを作成します。

レート制限ポリシー

APIに対するレート制限によって、バックエンド・サービスへのトラフィックを抑制し、これによってインターネットへの露出を制御してサービス拒否攻撃から保護します。


APIの公開と使用

アジャイルなAPIの開発向けにカスタマイズしたポータル

API Platform Cloud Serviceは、開発者がAPIを発見、学習、テストできるようにする開発者ポータルを提供します。

ハイブリッド・クラウド統合

APIプロダクト・マネージャはOracle Identity Cloud Serviceと統合し、Oracle Cloud、オンプレミス、サードパーティのクラウド環境向けのAPIを提供します。

ロールベースのアクセス制御(RBAC)

APIの開発者とオペレーターは、APIへのアクセスを制御し、許可した登録者のみをAPIにアクセス可能にすることができます。

収益性、アクセス制御、およびサービス・レベルを考慮した使用計画

APIプロダクト・マネージャは、使用計画を通じて、さまざまな水準のコスト、アクセス、およびサービス品質を実現できます。


すべてのお客様成功事例を表示

API Managementのお客様成功事例

幅広い業界のお客様がAPIの管理にOracle Cloudを使用しています。

Regional Transit District社のロゴ
Skanska社のロゴ
Trunk Club社のロゴ
Rabobank社のロゴ

Rabobank社は、APIによって優れた顧客体験を提供

API Managementのユース・ケース

  • クラウド・ネイティブでSaaSアプリケーションを拡張

    Oracle Visual Builder、Oracle Functions、Oracle API Gatewayを使用して、Oracle Fusion ApplicationsのSaaS拡張機能を設計および導入します。

    アーキテクチャの詳細を見る

  • APIの構築

    アプリケーション・ドメインのセマンティクスを定義し、APIのアーキテクチャ・スタイルを決定することにより、APIを準備、設計し、そのプロトタイプを作成します。

    技術概要を読む(PDF)

  • ファサードとしての安全なRESTful API Gateway

    IDプロバイダーで認証するプロキシを作成し、クラウドとオンプレミスの両方で複数のRESTfulサービスへのアクセスを提供します。

    アーキテクチャを見る

API Managementの料金

API Management

サービス
従量制料金
課金単位
Apiary–Standard

1か月あたりのユーザー数
Apiary–Professional

1か月あたりのユーザー数
API Gateway

1か月あたり100万回のAPI呼び出し
API Platform Cloud Service

1時間あたりのゲートウェイ

年間フレックス料金 = 従量課金制料金

請求に関するお問い合わせ

2019年12月20日

SaaSアプリケーションを拡張するためのクラウド・ネイティブなアプローチ

Oracle、アーキテクト、Angelo Santagata

企業がSaaSを採用する程度が高くなると、変化するビジネス要件に対応して拡張できる機能がより重要になります。クラウドネイティブに移行する前、ITチームは、ベンダーが提供する一連の統合ソリューションを選択してきわめて簡潔なユースケースを目指すか、インフラストラクチャの大規模なスタックを設定して複雑なユースケースを目指すかという選択を迫られていました。

全文を読む

リソース

ドキュメント

ドキュメント

ApiaryAPI Gateway(PDF)、およびAPI Platformの最新リリースが提供する新機能をご覧ください。

ApiaryAPI Gateway(PDF)、およびAPI Platformを使用してみます。

よくある質問:ApiaryAPI Gateway(PDF)、およびAPI Platform

アーキテクチャ・センターにアクセスする

リファレンス・アーキテクチャ

関連製品

Functions

コードをすばやく導入して実行

Integration Cloud

SaaSとオンプレミス・アプリケーションを接続

Cloud Nativeサービス

コンテナ、サーバーレス、API、Kafka

DevOpsサービス

CI/CD、Terraform、Monitoring、Logging

ここから始めよう


無料トライアルを試す

Oracle Cloudへの30日間のアクセス。


API Gatewayのクイック・スタート

最初のAPIを素早く作成、導入、呼び出すための手順


Apiaryを無料で試す

開発者向けに構築された高機能なAPI設計スタック。


お問い合わせ

販売、サポート、その他の質問については、アソシエイトにご連絡ください。