申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Infrastructure上のバックアップおよびリカバリ・ソリューション

幅広い柔軟なビジネス継続性ソリューションにより、オンプレミスおよびクラウドでデータやアプリケーションを保護します。これらのソリューションは、クラウド・リージョンのグローバルで安全なネットワーク全体にわたり提供される、実績あるクラウド・プラットフォームに基づいています。高帯域幅のファイル同期から、データ損失ゼロのデータベース保護、詳細なデータベース・フェイルオーバー・オプションまで、Oracle Cloud は拡張性、信頼性、安全性、および非常にコスト・パフォーマンスの高い回復力および Disaster Recovery(DR)ソリューションを提供します。

ディザスタ・リカバリ・プランの作成を支援 ディザスタ・リカバリ・プランの作成を支援します

お客様は、オラクルによって、迅速に低リスクでソリューション・アーキテクチャに成功できます。無料の高速クラウド・リフト・プログラムの詳細をご紹介します。

ビジネス継続性のベスト・プラクティスを検証 ビジネス継続性のベスト・プラクティスの検証

Oracle Cloudへのバックアップ/リストアおよびディザスタ・リカバリのベスト・プラクティスおよびアーキテクチャについて学習します。

OCIがお客様のデータに最適なクラウドである理由を見るOCIがお客様のデータに最適なクラウドである理由を見る

データとデータベースのOracle Cloudへの移行に関するウェビナーをご覧ください。

お客様はビジネス継続性を確保するためにOracle Cloudに依存している

  • Gonzaga University logo
    Gonzaga Universityはクラウドベースのディザスタ・リカバリを実装し、大学のERPを5分から10分でフェイルオーバーできるようになりました。

  • Bandai Namcoのロゴ
    BANDAI NAMCO Entertainment Europeは、15分間のリカバリ時間の目標を可能にするディザスタ・リカバリ機能を持つOracle Cloudリージョン間の自動レプリケーションをデプロイしました。

バックアップとディザスタリカバリのリファレンス・アーキテクチャ

リファレンス・アーキテクチャとユースケースを見ながら、技術要件を検証し、Oracle Cloud Infrastructureを使用したバックアップ/リストアおよびディザスタリカバリのベスト・プラクティスを学びましょう。

  • オンプレミスのデータをクラウドにバックアップ
    オンプレミスのデータをクラウドにバックアップ

    OCI Storage GatewayとOCI Object Storageを使って、オンプレミスのNFSベースのデータをOracle Cloudにバックアップしましょう。

  • オンプレミスのOracle ExadataにハイブリッドDRトポロジーを導入
    オンプレミスのOracle ExadataにハイブリッドDRトポロジーを導入

    OCIとOracle Data Guardを使用して、オンプレミスのExadata Database MachineのDR計画を作成し、高可用性、セキュリティ、および拡張性のあるインフラストラクチャを提供します。

  • RackWareを使用してディザスタ・リカバリ・ソリューションを導入しましょう
    RackWareを使用してディザスタ・リカバリ・ソリューションを導入しましょう

    異なるデータ・センターやクラウド間で、RackWare Management Module(RMM)を使用して、リカバリ・ポイント、リカバリ時間および予算目標を設定した、詳細なディザスタ・リカバリ・プランを設定することができます。

OCIでのディザスタ・リカバリによるハンズオンの実現

  • フルスタック・ディザスタ・リカバリのアイコン
    OCI Full Stack Disaster Recoveryでコストと複雑さを削減
    OCI Full Stack Disaster Recoveryを使えば、世界中のどこからでもOCIリージョン間のインフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーションの移行をワンクリックで管理できます。
  • OCIの障害時リカバリ: Pilot Light -アプリとDBのワークショップ
    OCIディザスタ・リカバリ: Pilot Light -アプリケーションとDBワークショップ
    Oracle Cloud Infrastructureでディザスタ・リカバリのベスト・プラクティスを活用する方法をご紹介します。
  • Oracle Database hybrid Active Data Guardのワークショップ
    Oracle Database hybrid Active Data Guardのワークショップ
    オンプレミスのプライマリ・データベースからOracle Cloudのスタンバイ・データベースへのハイブリッドなData Guardの設定方法を学びます。
  • クラウド・トポロジーを災害から守るために
    Pクラウド・トポロジーを災害から守るために
    アプリケーションのディザスタ・リカバリを計画するために、リージョン、可用性、フォルト・ドメイン、コンピュート、ストレージ、ネットワーキング、データベースなどのクラウドの構成要素をどのように使用するかを学びましょう。

バックアップ、リカバリおよびディザスタ・リカバリのサービスとツール

データやアプリケーションの保護に役立つ主要なクラウドサービス

データベースの可用性
とディザスタ・リカバリ

Exadata: Exadata Database Serviceを使用すると、Oracle Cloud Infrastructure内でExadataの機能とパフォーマンスを活用し、デプロイメント全体で包括的な互換性を実現した形で、ワークロードを簡単に移行することができます。Exadata Database Serviceは、その高い可用性と、オンライン・リソース・スケーリング、ゼロ・ダウンタイムのメンテナンス、組み込みのクラウド自動化によるOracle Real Application Clusters(RAC)とOracle Active Data Guardのワンクリックでのプロビジョニングにより、シンプルな運用管理を実現することができます。

Real Application Clusters: Oracle Cloud Infrastructureは、仮想マシンのコンピュート・インスタンス上に2ノードのRACデータベース・システムを提供します。これにより、お客様の可用性の要件に対応した、ビルトインの高可用性を実現する機能を提供します。より負荷の高いワークロードに対しては、Oracle Autonomous Database-Dedicated および Exadata Database Service により、パフォーマンスの大幅な向上と大規模なスケールアウトが可能となります。1つのサービスで3から32のRACノードまで拡張することができます。

Data Guard: Oracle Data GuardとActive Data Guardは、Oracle データベースのディザスタ・リカバリーを実現します。非常に効率的なスタンバイ・データベースであり、データ損失ほぼゼロの要件にも対応します。クラウドの可用性ドメインやリージョン、あるいはオンプレミスのディザスタ・リカバリ・ソリューションとして、物理的に離れた場所に本番データベースの同期されたレプリカを複数導入することができます。Active Data Guardのスタンバイをレポーティングやディザスタ・リカバリに使用することで、投資収益率を向上させることができます。

Full Stack Disaster Recovery: Oracle Cloud Infrastructure Full Stack Disaster Recovery Serviceは、世界中のどこからでもワンクリックでOCIリージョン間のインフラストラクチャ、プラットフォーム、およびアプリケーションの移行を管理することができます。お客様は、既存のインフラストラクチャやデータベース、およびアプリケーションを再設計または再デプロイすることなくDR環境を導入でき、専用の管理サーバーや変換サーバーも不要となります。

データベースのバックアップとリカバリ

Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Service: 継続的なデータ保護と、OCI上で稼働するOracleデータベースの高速かつ予測可能なリカバリーにより、データ損失やランサムウェア攻撃に対するビジネスの回復力を向上させます。リアルタイムでのデータベース・トランザクションの保護や、ポリシーベースのバックアップ・ライフサイクルの管理、データベースを考慮したリカバリ検証を伴う完全暗号化バックアップ、およびモニタリングにより、OCI上でOracleデータベースを実行する際に独自のリカバリ機能を提供します。

Oracle Recovery Manager: Oracle Recovery Managerは、Oracle Databaseを効率的にバックアップ、リカバリ、および移行するための包括的な基盤を提供します。タスクの共通インターフェイスを提供し、基本的なデータベースの手順に配慮しながらパフォーマンスとスペース消費を最適化し、リテンション・ポリシーやバックアップ履歴などの管理機能を提供し、さまざまなツールとの統合を実現します。

リージョン、フォルト・ドメインおよび可用性ドメイン

リージョン: Oracle Cloudは35以上のクラウド・リージョンからグローバルに利用可能であり、オラクルは新たなリージョンを急速に増設しています。私たちのゴールは、すべての国で、近接通信を実現し、データ主権の要件を満たし、国内でのディザスタ・リカバリ機能を提供することです。オラクル独自のデュアルリージョンのクラウド戦略により、お客様は機密データを国外に持ち出すことなく、アプリケーションの耐障害性を保ちながら、地理的に離れた複数の場所にデプロイすることができます。

フォルト・ドメイン: OCIの物理的・仮想ネットワークの設計により、パフォーマンスとセキュリティを最大限のものにします。オラクルのクラウド・リージョンには、少なくとも3つのフォールト・ドメインが含まれています。フォルト・ドメインとは、ハードウェアやネットワーク障害に対する高可用性と耐障害性を備えた論理的なデータ・センターを形成するハードウェアのグループです。

可用性ドメイン: リージョンは、低レイテンシの高帯域幅ネットワークによって相互に接続された1つ以上の可用性ドメインで構成されます。可用性ドメインは相互に分離されており、フォルト・トレラントであり、同時に障害が発生する可能性はほとんどありません。

ネットワークの接続性と冗長性

IPSec VPN: お客様のデータ・センターとクラウドのネットワークをIPSec VPNを介して接続することができます。クラウド・ネットワークには、複数のVPNエンドポイントを持つダイナミック・ルーティング・ゲートウェイ(DRG)があり、各IPSec VPN接続は、スタティック・ルートを使用してトラフィックをルーティングする複数の冗長なIPSecトンネルで構成されています。

FastConnect: お客様のデータ・センターは、プロバイダのPOP(points-of-presence)にあるOCIルーターに直接接続するか、オラクルの多くのパートナーを利用して、世界中のPOPからOCIネットワーキング・リソースに接続することができます。オラクルは、リージョンごとの複数のPOPや、POPごとの複数のFastConnectルーターなど、フォルト・トレラントな接続を構築するための機能を提供しています。

ロード・バランシング:ロード・バランサは、リソース使用率を高、スケーリングを容易にし、高可用性を確保するのに役立ちます。複数のロード・バランシング・ポリシーとアプリケーション固有のヘルス・チェックを設定することで、ロード・バランサーが正常なインスタンスにのみトラフィックを送信することができます。

高い可用性を実現するストレージ

Object Storage: OCI Object Storageでは、保存されたオブジェクトは、複数のフォルト・ドメインにわたって、または複数の利用可能なリージョンにわたって自動的に複製されます。お客様はレプリケーションをライフサイクル管理ポリシーと結びつけて、オブジェクトを自動的に入力、アーカイブ、および削除できます。

Block Storage: OCI Block Volumeのポリシーベースのバックアップを使用して、自動的にスケジュールされたバックアップを実行し、バックアップ・ポリシーに基づいて保持します。データを一貫してバックアップすることで、データ・コンプライアンスや規制要件を遵守することができます。

File Storage: OCI File Storageは、業界標準のNFS (Network File System) ファイル・アクセス・プロトコルを使用し、数千のコンピュート・インスタンスが同時にアクセスすることができます。File Storageは、アプリケーションに対してハイパフォーマンスで耐障害性の高いデータ保護を提供します。可用性ドメイン内では、File Storageは同期レプリケーションと高可用性フェイルオーバーを使用して、データのセキュリティと可用性を維持します。

関連するクラウド・サービス

Oracle GoldenGate

業務システムと分析システム間のリアルタイムなデータ統合

HeatWaveを使用したOCI MySQL Databaseサービス

統合されたインメモリ・クエリ・アクセラレータであるHeatWaveを搭載したMySQLデータベース・サービス

Oracle Cloud VMware Solution

VMware Site Recovery ManagerとOCIのその他のVMwareディザスタ・リカバリ・ソリューション

OCI Integration

オンプレミス・アプリケーションとOracle Cloudとの間の接続性をあらかじめ担保

OCI Data Integration

コード不要のETLおよびデータ・フローを、データレイクおよびデータ・マートに設計

Oracle Cloud Observability and Management Platform

OPSおよびDevOpsのモニタリングと管理のための統合された機能と自動化

その他のクラウドに関するリソース

グローバル・コンプライアンスをオラクルでどのように満たすことができるかを確認しましょう。
グローバル・コンプライアンスをオラクルでどのように満たすことができるかを確認しましょう。
オラクルはセキュリティをクラウド・インフラストラクチャの中心に置いています。
オラクルはセキュリティをクラウド・インフラストラクチャの中心に置いています。