該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracle Cloud Free Tier

新しい常時無償サービス

Oracle Cloudでのアプリケーションの構築、テスト、展開が無償でおこなえます。一度サインアップすれば、2つの無償サービスをご利用いただけます。

よくある質問

すべて開く すべて閉じる
  • Oracle Cloud無償ティアとは何ですか?

    Oracle Cloud無償ティアとは、Oracle Cloudアカウントにサインアップすることで、数多くの常時無償サービスと無償トライアルを利用できるというものです。無償トライアルには、対象となるすべてのOracle Cloud Infrastructureサービスで最大30日間使用可能な300米ドルの無償クレジットが付属しています。常時無償サービスは無期限に使用できます。無償トライアル・サービスは、300米ドルの無償クレジットを使い切るか、30日間の期限が切れるまで(どちらか早い方)使用可能です。

  • Oracle Cloud無償ティアを使用すべきなのはどのような人ですか?

    Oracle Cloud無償ティアはすべての人に向いています。Oracle Cloud無償ティアでは、アプリケーションを作成してテストする開発者や、後で拡張する前提で新規システムを構築するスタートアップ創設者、クラウド移行の前にテストしようとしている企業、学びたい学生、クラウド上でカリキュラムを策定する教員など、誰もが無償で学び、調べ、構築し、テストすることができます。

  • Oracle Cloud無償ティアは誰を対象としていますか?

    これまでOracle Cloud無償ティアまたは無償トライアルにサインアップしたことのないすべての人を対象としています。

  • Oracle Cloud無償ティアはすべての国で使用できますか?

    はい。Oracle Cloud無償ティアは現在、世界中で使用できます。サービスの可用性の詳細は、データ・リージョンのページを参照してください。必要な国または地域が見つからない場合は、メニュー・バーのチャット・リンクを使用して、Oracle SalesまたはCloud Supportに連絡してください。Oracle SalesチームがOracle Cloud無償ティアへのサインアップをお手伝いします。

  • Oracle Cloud無償ティアにサインアップするにはどうすればよいですか?

    Oracle Cloud無償ティアのサインアップ・ページでサインアップできます。

  • サインアップやサインインがうまくいかない場合、どうすればサポートを受けられますか?

    メニュー・バーのチャット・リンクを使用して、Oracle Cloudサポート・チームに連絡してください。

  • Oracle Cloud無償ティアにはサービス・レベル契約(SLA)とテクニカル・サポートが含まれていますか?

    Oracle Cloud無償ティアにはSLAは含まれていません。サポートはフォーラム経由のみです。

  • 常時無償サービスにはどのようなものがありますか?

    常時無償サービスはOracle Cloud無償ティアの一部です。常時無償サービスは無期限に使用できます。いくつかの制限事項が適用されます。

    現在、次のサービスが常時無償です。今後、常時無償サービスが追加された場合は、そのサービスも自動的に使用可能になります。

    • 自律型データ・ウェアハウス
    • 自律型トランザクション処理
    • コンピュート
    • ブロック・ボリューム
    • オブジェクト・ストレージ
    • アーカイブ・ストレージ
    • ロード・バランシング
    • 監視
    • 通知
    • アウトバウンド・データ転送
  • 常時無償のOracle Autonomous Databaseでは何ができますか?

    常時無償になったOracle Autonomous Databaseでは、開発者が完全なデータベース・エクスペリエンスと組込みの開発ツールに無償でアクセスできます。トライアル期間の終了時に作業内容が失われる心配はありません。Autonomous Databaseは、ほぼすべてのデータ・タイプ(リレーショナル、JSON、空間、グラフ、マルチメディア、XML、ファイルなど)、すべてのワークロード(トランザクション、データ・ウェアハウス、アナリティクス)、すべてのインタフェース(フルSQL、RESTデータ・アクセス、言語ドライバ)に対応しているマルチモデル・データベースです。このサービスには、SQL Developer IDE、ローコード・アプリケーション作成用のOracle Application Express(APEX)、Oracle REST Data Services、強力なコマンドライン・ユーティリティといった無償の開発ツールが含まれています。Oracle Cloudから切断しているときも構築を続けるには、常時無償のOracle Autonomous Databaseを、互換性がありラップトップで稼働する常時無償版のOracle Databaseと組み合わせることができます(Oracle Database XEを参照)。

  • 常時無償のOracle Cloud Infrastructureでは何ができますか?

    常時無償のOracle Cloud Infrastructureサービスでは、アプリケーションをクラウド上で構築してテストするために必要な基本要素を入手できます。これには、2つのコンピュート・インスタンス、NVMe SSD搭載のブロック・ストレージ、高帯域幅のオブジェクト・ストレージ、アーカイブ・ストレージ、ロード・バランシングが含まれており、すべてがエンタープライズグレードの仮想ネットワーク上で提供されます。これらのリソースを使用すると、たとえば2層の高可用性アプリケーションのプロトタイプを作成したり、サーバー・クローニングやその他の高度なストレージ機能をテストしたり、オブジェクト・ストレージを使用した基本的なデータ・パイプラインを構築したりすることができます。常時無償のAutonomous Databaseや無償ティアと組み合わせることで、選択肢がさらに広がります。クラウド・インフラストラクチャには、リッチなAPIや、Java、Python、Ruby、Go用のSDK、Jenkins、Packer、Grafana用の優れたプラグインが含まれています。さらに、そのすべてをTerraformで自動化できます。

  • 常時無償サービスのインスタンスを増やすか、規模を拡大する必要があります。どうすればよいでしょうか?

    クラウド・アカウントが無償トライアル期間内または有償ステータスである場合、常時無償のリソースを有償リソースに直接アップグレードして、処理能力、データ・ストレージ、ネットワーク帯域幅を増やすことができます。アカウントを有償ステータスにアップグレードせずに無償トライアルを終了した場合、常時無償のリソースを引き続き使用できますが、先にアカウントを有償ステータスにアップグレードしないと、常時無償のリソースを有償リソースにアップグレードすることはできません。

    有償ステータスへのアカウントのアップグレードは、Oracle Cloudコンソールの「アカウント管理」領域からいつでも実行できます。Pay As You Goプランと月次フレックス・プランから選択可能です。あるいは、Oracle Salesに連絡してサポートを受けることもできます。詳細はクラウドの費用の見積りを参照してください。

    また、無償トライアル期間中に無償クレジットを使用して、常時無償の場合の上限を超える数または規模のインスタンスを作成することができます。トライアル期間中に作成した有償のインスタンスは無償トライアルが終了すると回収されるのに対し、常時無償のリソースは無償トライアル期間の終了後も引き続き使用できることに注意してください。

  • 常時無償サービスを有償アカウントで使用できますか?

    はい。有償アカウントにはユニバーサル・クレジットの価格が適用されます。

  • 無償トライアルとは何ですか?

    無償トライアルはOracle Cloud無償ティアの一部です。対象となるすべてのOracle Cloud Infrastructureサービスで最大30日間使用可能な300米ドルの無償クレジットが付属しています。無償トライアル期間は、無償クレジットをすべて使い切るか、30日に達すると終了します。

  • 無償トライアルのクレジットを使用できるのはどれくらいの期間ですか?

    無償トライアルのクレジットは、Oracle Cloud無償ティアにサインアップしてから30日以内にすべて使用する必要があります。30日間の期間が終了したときに未使用のクレジットは自動的に失効します。常時無償サービスは、お客様が使用するかぎり、引き続き無期限に使用可能です。

  • 無償トライアルのクレジットを使い切るか、期限が切れるとどうなりますか?

    無償トライアルのクレジットを使い切るか、30日間の期間が終了すると(どちらか早い方)、その旨の通知が届き、失効日から数えて30日間の猶予期間中に有償にアップグレードすることができます。猶予期間が終了するまでに有償にアップグレードしないと、無償トライアルのサービス・インスタンスとデータは削除されます。ただし、常時無償サービスは引き続き稼働します。

  • 30日間無償トライアルの終了後にデータをリカバリするにはどうすればよいですか?

    手動で、またはオブジェクト・ストレージでサポートされているツールを使用して、すべてのデータをエクスポートしてからインポートする必要があります。

  • Oracle Cloudプロモーションとは何ですか?

    Oracle Cloudプロモーションというのは無償トライアルの別名です。

  • Oracle Cloud無償ティアのアカウントを有償アカウントに切り替えるにはどうすればよいですか?

    クラウド・アカウントはいつでも有償にアップグレードできます。Oracle Cloudコンソールの「アカウント管理」にアクセスして、アップグレード手順を完了するだけです。

  • Oracle Cloud無償ティアにサインアップするときにクレジット・カードまたはデビット・カードの情報を入力する必要があるのはなぜですか?

    オラクルの大切なお客様に無償のOracle Cloudアカウントを提供するためには、アカウント所有者が実在する人であることを確認する必要があります。アカウントの設定と本人確認には、お客様の電子メール、電話番号、クレジット/デビット・カードを使用します。米国のユーザーの場合、1ドルの一時的な請求が取引明細に表示されることがあります。他の国のユーザーの場合は、同様の請求が現地通貨で表示されます。これらは、通常3~5日以内に自動的に取り消される承認保留です。

    前もってお客様から明確な承認を得ずに、クレジット/デビット・カード情報を使用して常時無償または無償トライアルを自動的に有償にアップグレードすることはありません。

  • オラクルではどのような支払方法を受け付けていますか?

    クレジット・カードとデビット・カードのみです。バーチャル・カードやプリペイド・カードは受け付けていませんので注意してください。

  • 無償トライアル中、クレジットの使用料金は割り引かれるのですか?

    はい。30日間の無償トライアル期間中、使用料金は割り引かれます。これにより、幅広いOracle Cloudサービスを無償で実際に経験していただけます。

  • 割引料金とは何ですか?

    30日間の無償トライアル期間中は、すべてのプラットフォーム・サービスに対してOracle IaaSの料金のみをお支払いいただきます。通常はそれより高い料金が請求されるOracle Database Cloud、Java Cloud Service(WebLogic)、その他のサービスもこれに含まれます。

* 無償ティアは世界中で使用できます。サービスの可用性の詳細は、データ・リージョンのページを参照してください。300米ドルの無償クレジットは特定の国で使用可能であり、最大30日間有効です。プロモーション期間中は、すべての使用可能なサービスで最大8つのインスタンスと最大5TBのストレージを実行できます。Oracle Cloudクレジットは、30日間のプロモーション期間中、割引料金で消費されます。各サービスの下に記載された容量の上限は見積りにすぎず、プロモーション期間中にすべてのクレジットを1つのサービスで消費した場合に得られる最大容量を表しています。複数のサービスを使用する場合、サービスごとに得られる最大容量は少なくなる可能性があります。サービスと容量の見積りのリストは変更されることがあります。クレジットの残高はOracleマイ・サービス・ダッシュボードで確認できます。

Oracle Cloudをお試しください