該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

よくある質問

すべて開く すべて閉じる

    全般的な質問

  • Oracle Cloud Infrastructure Load Balancingとは何ですか。

    Oracle Cloud Infrastructure Load Balancingは、着信トラフィックを複数のOracle Cloud Infrastructureコンピュート・インスタンスに分散します。事前にプロビジョニング済みのロード・バランシング容量を提供することにより、アプリケーションのフォルト・トレランスを高め、利用可能な帯域幅をアプリケーション・トラフィックに最適化できます。

  • どのようなときにOracle Load Balancingを使用すればよいですか。

    仮想クラウド・ネットワーク(VCN)内の複数のサーバーに着信トラフィックを自動的に分散するためのエントリポイントとしてパブリックまたはプライベート・ロード・バランサが必要な場合に、Oracle Load Balancingを使用することができます。

  • どのようなときにパブリック・ロード・バランサを使用し、どのようなときにプライベート・ロード・バランサを使用すればよいですか。

    Oracle Cloud Infrastructure管理コンソールの「ネットワーキング」セクションでロード・バランサを作成できます。

  • Oracle Load Balancingの使用を開始するにはどうすればよいですか。

    Oracle Cloud Infrastructure管理コンソールの「ネットワーキング」セクションでロード・バランサを作成できます。「ロード・バランサ」をクリックしてから、「ロード・バランサを作成」をクリックします。または、CreateLoadBalancer APIを使用することができます。

    技術的な質問

  • ロード・バランサはどのように着信アプリケーション・トラフィックを複数のベアメタル・コンピュート・インスタンスに分散しますか。

    ロード・バランサは、IPアドレスに着信トラフィックがないか確認し、バックエンド・セットと呼ばれる論理エンティティで定義したロード・バランシングおよび正常性チェック・ポリシーに基づいて、リストされているバックエンド・サーバーにトラフィックを分散させます。バックエンド・セットにより、ロード・バランサがどのようにトラフィックをバックエンド・サーバーのコレクションに転送するかが決まります。

  • どのようなロード・バランシング・ポリシーを定義できますか。

    ポリシーを定義し、着信トラフィックをバックエンド・サーバーに分散させる方法をロード・バランサに指示することができます。現時点で、以下のロード・バランシング・ポリシーがサポートされています。

    • ラウンド・ロビン
    • 最小接続
    • IPハッシュ

    詳細については、ドキュメントのロード・バランシング・ポリシーの仕組みを参照してください。

    または、ロード・バランサ正常性APIを介して、プログラムでバックエンド・サーバーに関連するロード・バランサ・インスタンスの正常性を確認することもできます。

  • ロード・バランサ正常性APIとは何ですか。

    ロード・バランサ正常性APIは、バックエンド・サーバーに関連するロード・バランサ・インスタンスの正常性を確認するためのプログラム・メカニズムです。

  • どのようなときにロード・バランサ正常性APIを使用すればよいですか。

    独自の通知および監視システムを構築する場合や、現在使用しているシステムと統合する場合に、正常性APIを使用することができます。

  • 正常性APIを介してロード・バランサのどのコンポーネントの正常性ステータスを取得できますか。

    ロード・バランサ正常性APIをプログラムでポーリングすると、各バックエンド・サーバーまたはバックエンド・セット全体(バックエンド・セットのすべてのバックエンド・サーバーの合計)の正常性を示す、3段階(正常、警告、重大)の正常性ステータスを取得できます。

  • どの着信プロトコルがロード・バランサでサポートされていますか。

    ロード・バランサ・リスナは、ロード・バランサIPアドレスに着信トラフィックがないか確認る論理エンティティです。リスナのプロトコルおよびポート番号に加えて、オプションのSSL設定を構成することができます。

    現時点でサポートされているプロトコルには、次のものが含まれます。

    • TCP
    • HTTP/1.0
    • HTTP/1.1
    • HTTP/2

    詳細については、ドキュメントのロード・バランサ・リスナの管理を参照してください。

  • ロード・バランサはTCP、HTTP、およびHTTPSトラフィックを同時に処理できますか。

    はい。ロード・バランサは、TCP、HTTP、およびHTTPSトラフィックを同時に処理できます。そのためには、複数のリスナを構成する必要があります。

  • どのTCPポートの負荷を分散できますか。

    1~65535の任意のポートの負荷を分散できます。

  • 負荷を分散するTCPポートを範囲で指定できますか。

    いいえ。現時点では、負荷を分散する個々のTCPポートを指定する必要があります。

  • ロード・バランサはIPv6トラフィックをサポートしていますか。

    いいえ。現時点では、ロード・バランサは、IPv4トラフィックのみをサポートしています。

  • 事前にプロビジョニング済みのロード・バランシング容量(帯域幅)を提供できますか。

    はい。ロード・バランサ・シェイプを選択することで、事前にプロビジョニング済みのロード・バランシング容量(帯域幅)を提供できます。ロード・バランサ・シェイプは、ロード・バランサに事前にプロビジョニングされるイングレスおよびエグレス・トラフィック用の合計最大容量(帯域幅)を決定するテンプレートです。現時点で、利用可能なシェイプには、100 Mbps、400 Mbps、8000 Mbpsなどがあります。

    注意:事前にプロビジョニングされる最大容量は、接続の集合に対して適用されるもので、全帯域幅を使用する単一のクライアントに適用されるものではありません。

  • ロード・バランサのシェイプを変更できますか。

    現時点では、ロード・バランサを作成した後にロード・バランサのシェイプを変更することはできません。ロード・バランサのシェイプを変更する(たとえば、事前にプロビジョニングされたイングレスおよびエグレス・トラフィック用の帯域幅を増減する)には、コンソールまたはAPIを使用して別のロード・バランサを新しいシェイプで作成し、ロード・バランサのIPアドレスに関連付けられたDNS Aレコードを更新することができます。

  • ロード・バランサはSSL終了をサポートしていますか。

    はい。オプションで、ロード・バランサでSSLを終了できます。ロード・バランサでSSLを使用するには、1つ以上の証明書バンドルをシステムに追加する必要があります。アップロードする証明書バンドルには、パブリック証明書、それに対応する秘密鍵、および関連する認証局の証明書が含まれます。ロード・バランサでSSLを終了するには、443などのデフォルト・ポートでリスナを作成し、アップロードされた証明書バンドルをリスナに関連付ける必要があります。

  • ロード・バランサはSSLトンネリングをサポートしていますか。

    はい。オプションで、TCPロード・バランサにSSLトンネリングを実装し、アプリケーション・サーバーへの着信SSL接続をトンネリングできます。

  • ロード・バランサはどのトランスポート・レイヤー・セキュリティ・プロトコルおよび暗号をサポートしていますか。

    ロード・バランシング・サービスは、強力な暗号強度をデフォルトの設定とするTLS 1.2プロトコルをサポートしています。デフォルトでサポートされている暗号には、次のものが含まれます。

    • ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384
    • ECDHE-RSA-AES256-SHA384
    • ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
    • ECDHE-RSA-AES128-SHA256
    • DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384
    • DHE-RSA-AES256-SHA256
    • DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256
    • DHE-RSA-AES128-SHA256
  • ロード・バランサはセッション・パーシステンス(スティッキー・セッション)をサポートしていますか。

    はい。HTTPロード・バランサに対して、サーバー側のCookie駆動型のセッション・パーシステンスを有効にできます。

  • ロード・バランサはカスタムHTTPヘッダー操作をサポートしていますか。

    はい。リスナ・ルール・セット機能を使用して、HTTPヘッダーを追加、変更、または削除できます。ルール・セットとは、ロード・バランサに関連付けられている、そのロード・バランサの1つ以上のリスナに適用される名前付きのルールのセットのことです。ルールとは、ロード・バランサ・リスナでリクエストまたは応答に適用されるアクションを表すオブジェクトのことです。ルール・セットを使用してサイトのセキュリティを強化する方法の例には、次のようなものがあります。

    • strict-transport-securityヘッダーをレスポンスに追加し、適切な値を設定します。このヘッダーは、サイトへのアクセスを確実にHTTPSのみにするのに役立ちます。
    • x-xss-protectionヘッダーを追加し、適切な値を設定します。このヘッダーは、最新のブラウザに組み込まれているクロスサイト・スクリプティング(XSS)保護を強化するのに役立ちます。
    • x-content-typeヘッダーを追加し、適切な値を設定します。このヘッダーは、コンテンツタイプのシフトに基づく攻撃を防ぐのに役立ちます。
    • バックエンド・サーバーによって送信された、サーバーなどのデバッグ・ヘッダーを削除します。このアクションは、バックエンドの実装の詳細を隠すのに役立ちます。
  • IAMポリシーを介してロード・バランシング・サービスへのアクセスを制限できますか。

    はい。管理者が作成したポリシーを使用して、ロード・バランシング・サービスへのアクセスを制限できます。

  • パブリックおよびプライベート・ロード・バランサは、リージョン・ロード・バランシングをサポートしていますか。

    はい。パブリックおよびプライベートのどちらのロード・バランサについても、VCNリージョン・サブネット・オプションを使用して、リージョン・サービスとして展開できます。VCN内のリージョン・サブネットには、リージョン全体が含まれ、複数のADを含めることができます。リージョン・サブネットを使用することで、Oracle Cloud InfrastructureのマルチADリージョンでADが停止した場合にADフェイルオーバーを実行することができる、リージョン・プライベートまたはパブリック・ロード・バランサを作成することができます。リージョン・ロード・バランサは1つのリージョンVCNサブネットしか必要としないため、複数のADローカル・サブネットに付きものの構成および管理上のオーバーヘッドを軽減できます。